津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「新しい権威をもったお方」(マルコ1:21~28)
マルコ1:21-28、2006・01・29、顕現節第4主日
申命記18:15-20、コリントの信徒への手紙一8:1-13

マルコによる福音書1章21節~28節

 一行はカファルナウムに着いた。イエスは、安息日に会堂に入って教え始められた。人々はその教えに非常に驚いた。律法学者のようにではなく、権威ある者としてお教えになったからである。そのとき、この会堂に汚れた霊に取りつかれた男がいて叫んだ。
「ナザレのイエス、かまわないでくれ。我々を滅ぼしに来たのか。正体は分かっている。神の聖者だ。」イエスが、「黙れ。この人から出て行け」とお叱りになると、汚れた霊はその人にけいれんを起こさせ、大声をあげて出て行った。人々は皆驚いて、論じ合った。「これはいったいどういうことなのだ。権威ある新しい教えだ。この人が汚れた霊に命じると、その言うことを聴く。」イエスの評判は、たちまちガリラヤ地方の隅々にまで広まった。


説教「新しい権威をもったお方」(マルコ1:21~28)
 
本日、顕現節の第4主日に与えられている福音は、マルコ1:21~28であります。神がみ子のかたちをとって、世に顕れたのを、わたしたちは、このところマルコのごく始まりの記事の中に見ようとしているのであります。

さて、本日は、津田沼教会においては総会礼拝でもあります。今日の個所は、先週の4人の弟子たちの召命に続く記事でありますが、マルコが、受け継いだ伝承をここにまとめているのかもしれません。といいますのも、先週の福音の記事は、安息日ではないことが、彼らが労働していたときのことであることからも窺えますし、本日の出だしの「彼らはカファルナウムへとやって来る」と言う文も、必ずしも、先週の4人の弟子たちと主イエスであるとは、明記されていないからです。

しかし、主イエスが、弟子たちを与えられて、最初に人々の前に現れ、おこなったことが何であったかを、本日の記事は明らかにしているのであります。
 さて、本日の記事の内容はこういうものであります。すなわち、一行は、カファルナウムにやってきます。そして、主イエスは安息日にシナゴーグに入って、教え始められたのであります。マルコの書くイエスは、教えられるイエスを頻繁に記しています。ここでは、何を教えておられたのかは書かれていません。しかし、イザヤ書にあるように、囚われていた人に解放を告げるといった言葉が、今やここに実現している、すなわち神の支配の時きたことを告げる、力溢れるものであったでしょう。
そして人々は彼の教えに驚いていた。権威ある者として教えておられたからであると記されているのであります。さて、するとすぐに、そこに、汚れた霊における人がいて、こう言って叫び声をあげるのであります。「ナザレのイエス、あなたと私たちとは何なのか。すなわち、私たち汚れた霊どもにかまわないでくれ。あなたが誰だかは私は知っている。神の聖者だ」と。

私たちと、悪霊がいっているのは、悪霊たちが、みんなで階級をなしていることを指しているのでありましょうか。とにかく、悪霊どもは、自分たちとは違った神の聖なるお方をすぐに見抜くのであります。一般の人々は主イエスがどういうお方であるかを、その生前十分に分からなかったのに、それと敵対する悪霊どもは、自分たちを滅ぼしに来たメシアであることを、その最初からキャッチしていたのであります。

しかし、主イエスは、それに対して叱っていわれます。「黙れ、そして彼から出て行け」と。すると、汚れた霊は、その人をひきつけさせて、大声を上げて出て行ったのであります。人々は、驚き、論じ合ってこういいます。「これは何なのだ。権威ある新しい教えだ。汚れた霊どもに命じると、彼らも彼に従うのだ」と。そして、この聞こえ、知らせは、ガリラヤのあらゆるところへと、出て行ったというのであります。

 現在、日本の社会も、また、世界中が、今から何を信頼していったらいいのか、混沌としています。どのように生きていけばいいのか迷っています。私たちの周りにも、お金ですべてが解決するといった風潮や、幼い子の命を奪うようなむごたらしい事件も起こっています。それは、いまだに、悪霊の支配と神の支配とが、戦いあっている。今も続けられていることを示しています。また、人々は何が救いなのか、誰が救い主なのか、迷いに迷っています。

しかし、わたしたちは、本日の記事を通して、聖所を通して約束されていたメシアが、主イエスであることを知り、また、信じています。申命記18:15以下でモーセのような預言者が現れると約束されていた方が確かに、主イエス以外の誰でもないことを私たちは知っています。

罪との戦いは私たちの生涯にわたって続くでしょう。しかし、主は、汚れた霊の支配を既にこのとき、打ち破られました。そして神の支配は、既に到来しているのであります。私たちは、日々、聖書に親しみながら、既に罪と死と闇に打ち克たれた主イエスの勝利を、家族やまわりの人々にも告げ広め、雄雄しく生きようではありませんか。アーメン。



スポンサーサイト
2006/01/29(日) 10:30:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。