津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『神の福音を宣べ伝え始める』(マルコ1:14~20)
マルコ1:14-20、2006・01・22、顕現節第3主日
エレミヤ16:14-21、コリントの信徒への手紙一7:29-31

マルコによる福音書1:14~20

 ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。

 イエスは、ガリラヤ湖のほとりを歩いておられたとき、シモンとシモンの兄弟アンデレが湖で網を打っているのを御覧になった。彼らは漁師だった。イエスは、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」と言われた。二人はすぐに網を捨てて従った。マタ、少し進んで、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネが、舟の中で網の手入れをしているのを御覧になると、すぐに彼らをお呼びになった。この二人も父ゼベダイを雇い人たちと一緒に舟に残して、イエスの後について行った。


説教「神の福音を宣べ伝え始める」(マルコ1:14~20)

顕現節とは、神の本質的なものが、主イエスを通して、わたしたちの前に顕れた出来事を思い起こすときではないかと思います。
本日は、マルコによる福音書1:14~20が、福音として与えられています。内容は1:14、15節と、1:16~20節に分けられる記事であります。
まず、前段は、主イエスが、洗礼者ヨハネの渡された後に、ガリラヤへと帰られ、神の福音、すなわち神からの福音(良い知らせ)を宣言し、もたらしてくださったのであります。旧約聖書の時代は、内容としてはこの洗礼者ヨハネが捕らえられことまでで、終わるのであります。そして、1000年以上にもわたって待たれていた、すなわち旧約聖書でそのことについて預言されていたメシアがついに世に現れたのであります。ここで主イエスは次のように、福音=よき知らせ、を語られるのであります。「時は満たされた、神の国は近づいた、あなたがたは、悔い改めよ、そして、福音、よき知らせを信じなさい」。
これは、この言葉を語っておられる主イエスのご到来とともに、神の国、神の支配、主権が、もうそこまで来ている、否、既に一部隠された形ではあれ、実現していることを宣言しておられるのであります。
その時から2000近くを隔てた現在も、多くの宗教、神々が、特に日本では私たちの周りを取り囲み、多くの人々がそれらに引き付けられています。しかし主イエスこそがメシア、聖書によって待たれていたお方であることを、わたしたちは、本日の主のガリラヤ宣教の第一声の中にしっかりとつかむことが求められているのであります。
旧約によって約束されていた救い主は、今もここに、お出でになられ、わたしたちに、悔い改め、メタノイア、心の転換、神への立ち返り、新しい生活を求められています。そして、主イエスのこのガリラヤでの顕現、現在とともに、既に神の支配は始まっているのであります。神の国は、この主イエスの宣言とともに始まっているのであります。
私たちは「ここにこそ救いがある」と多くの声が錯綜する中で、いや、他にではなく主イエスのご到来において既に始まっている救いの宣言を、しっかりと保っていくことが求められるのであります。
さて、それに続く後半の記事は、主イエスが最初の4人の弟子たちをお呼びになり、彼らが、すぐにそれに従ったという出来事であります。そして主イエスが私の後に従ってきなさいと招いておられるのは、私たちに向かっても、依然として、同じことなのであります。
本日の個所で、最初に呼ばれた4人、シモン、アンデレ、ゼベダイの子、ヤコブとヨハネ、彼らは12使徒のなかでも、この後、より重要な役割を担っていきますが、それは彼らがよりすぐれていたからでは呼ばれたのではありません。彼らは失敗もしますし、最後の主イエスが捕らえられたときには、主イエスを見捨てて逃げるということをも、犯してしまいます。最初の弟子たちは、ただただ主イエスの側から一方的に呼びかけられ、それに対して、すぐに従ったことが、重要なのであります。
わたしたちも、色々な経過を経て、主イエスのほうから呼びかけられ、招かれ、従った弟子たちなのであります。
具体的にいつ、どこで、どのような環境の下で、どのような思いで、主イエスに従ったかは、呼ばれて従ったということ自体に比べれば、重要ではないのです。そういうわけですから、一生、主に従い、主のように、今度は自分たちの十字架を負いながら、生涯を、人を神の国へと導く漁師、すなわち弟子であり続けることが大切であります。主ご自身が、4人の漁師を神の救いへと捕らえた最初の「人間を取る漁師」でありました。
私たちも、周りの人を、ささやかな出会いの中でも、あるいは最も困難かもしれません家庭において、たとえ一人でも、主イエスの救いへと招く、救い上げる漁師の務めを与えられています。そして、私たち自身も主イエスの声にどこまでも、直ちに方向転換して、神に立ち返り、従って行くことが、私たちの進むべき道であります。
今もなお、主イエスは、本日の聖書記事の出来事を通してご自分のあとに従ってくるように呼んでおられます。主イエスが、この日、弟子たちに現れてくださったこと、そして今もそうであることを確かめながら、生涯の終わりまで従って生きたい。そして、救いを必要としているすべての人々に向かって、主イエスによる救い、福音、良き知らせを伝えたいものであります。アーメン。


スポンサーサイト
2006/01/22(日) 10:30:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。