津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「やはり、別の道を」(マタイ2:1~12)
マタイ2:1~12、2006・01・08、顕現主日
イザヤ書60:1-6、エフェソの信徒への手紙3:1-12

マタイによる福音書2:1~12

イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、
占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。
『ユダの地、ベツレヘムよ、
 お前はユダの指導者たちの中で
 決していちばん小さいものではない。
 お前から指導者が現れ、
 わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」
そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。」



説教「やはり、別の道を」栗原茂牧師説教(ルーテル日吉教会牧師)骨子

「顕現節」とは、耳慣れない言葉である。顕微鏡がそうであるように、見えないものが顕かに見えるようにされるときに使われる言葉である。三人の博士たちがアラビア辺りから、救い主誕生として顕れた星を頼りに旅をしてやってくる。私にとっては、教会学校以来おなじみの聖書の個所でもある。

さて、救い主をどこに見出すのか。エルサレムの、それも暴虐な王であったヘロデ大王のもとになぜ彼らは「ユダヤの王」としてお生まれになった方を尋ねに行ったのか。彼らは、再び現われた星に導かれて、ベツレヘムの家にまでたどり着く。人口もその当時そう多くない町、あるいは、村であった。彼らは、それを見て喜び、黄金、乳香、没薬をひれ伏して、嬰児イエスにささげる。

ところが、彼らは、その夜、夢を見て、ヘロデのもとに帰るなとの天使のお告げを受けて「別の道を」通って帰っていく。ヘロデのその後での激怒は容易に想像される。そのために、何人かの、あるいは10人、20人ほどであったであろうか、3歳以下の男の子がヘロデによって虐殺される。ところで、考えてみるに、彼らが同じ夢を同じ夜に見たとは信じがたい。しかし、要するに彼らは、彼らにとって多く選択肢のある道のなかで、神によって導かれる道を選択して、それぞれの国に帰っていくのである。そのように帰られたのである。私たちも、現代、多くの道があり、世界は混沌としている。その中で、神によって示される道に是非従っていきたいものである。



スポンサーサイト
2006/01/08(日) 10:30:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。