津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「ぶどう園の主人」(ルカ20:9-19)柴田安子神学生
ルカ福音書第20章9節-19節、2016年3月13日、四旬節第5主日礼拝、(典礼色―紫―)、イザヤ書第43章16節-28節、フィリピの信徒への手紙第3章5節-11節、讃美唱28(詩編第28編1節-9節)

ルカによる福音書第20章9節-19節

 イエスは民衆にこのたとえを話し始められた。「ある人がぶどう園を作り、これを農夫たちに貸して長い旅に出た。収穫の時になったので、ぶどう園の収穫を納めさせるために、僕を農夫たちのところへ送った。ところが、農夫たちはこの僕を袋だたきにして、何も持たせないで追い返した。そこでまた、ほかの僕を送ったが、農夫たちはこの僕をも袋だたきにし、侮辱して何も持たせないで追い返した。更に三人目の僕を送ったが、これにも傷を負わせてほうり出した。そこで、ぶどう園の主人は言った。『どうしようか。わたしの愛する息子を送ってみよう。この子ならたぶん敬ってくれるだろう。』農夫たちは息子を見て、互いに論じ合った。『これは跡取りだ。殺してしまおう。そうすれば、相続財産は我々のものになる。』そして、息子をぶどう園の外にほうり出して、殺してしまった。さて、ぶどう園の主人は農夫たちをどうするだろうか。戻って来て、この農夫たちを殺し、ぶどう園をほかの人たちに与えるにちがいない。」彼らはこれを聞いて、「そんなことがあってはなりません」と言った。イエスは彼らを見つめて言われた。
「それでは、こう書いてあるのは、何の意味か。
 『家を建てる者の捨てた石、
 これが隅の親石となった。』
 その石の上に落ちる者はだれでも打ち砕かれ、その石がだれかの上に落ちれば、その人は押しつぶされてしまう。」そのとき、律法学者たちや祭司長たちは、イエスが自分たちに当てつけてこのたとえを話されたと気づいたので、イエスに手を下そうとしたが、民衆を恐れた。




説教「ぶどう園の主人」(ルカ20:9-19)柴田安子神学生

 本日は、この受難節にふさわしい聖書個所をご一緒に学びたいと思います。新約聖書の中には、ぶどう園やぶどうの木を譬えにした話が幾つか登場します。その中でもこの物語は、イスラエルの歴史を表していると言われています。
 ぶどう園の主人は、私たちを想像された神様のことを指します。神はかつてイスラエルの民を創造され、彼らを選ばれて深く愛されたことは、旧約聖書に記されています。
 しかし彼らがエジプトの地に移り住むようになって久しい頃、神は彼らの悲鳴のような叫びを聞かれたのです。そこで、奴隷としてエジプトで重い労働を強いられたイスラエルの民に、神は、モーセという名の預言者を遣わして、彼らを苦境の中から導き出されました。「葦の海の奇跡」です。それからエジプトを出ると、彼らは四十年間荒れ野をさまよい歩きながらも、神はマナやうずらの肉を彼らに与えて養われ、慈しまれました。
 やがて神は、ご自身が先に約束されていた乳と蜜の流れるカナンの地を約束どおりに彼らに与えられました。そして、なおも彼らを守るため、神は彼らと契約を交わされました。
 彼らを愛し続けられたからです。しかし、神と彼らのこうした良い関係は長続きしませんでした。イスラエルの民は神との契約をやがて忘れ、自分たちのやりたい放題に暮らして、神を裏切っていったのです。
 イスラエルの人々は、何よりも神の命じられた一番大切なこと、つまり神への礼拝を正しく守ることを怠ったのです。私たちがこうして守る礼拝です。主なる神のみを礼拝するという最も重要な約束を彼らは忘れ、異なる神を信じる者たちと交わりました。また、金の雄牛やバアル等の偶像礼拝をし、他の神々を拝みました。旧約聖書には、イスラエルの民が神に背を向け、神を裏切ってしまった話がたくさん登場します。
 それでも、神はご自身から背いてしまったこの民を愛されていたので、預言者を何人も送っては神のご意志を伝え、あるいは敢えて彼らの苦難の中に置いて試練を加えることを通して、神の方へ立ち帰るようにと願われたのです。それが、紀元前587年頃のバビロン捕囚という歴史の中の出来事でした。イスラエルの民は、バビロン捕囚によって彼ら自身のアイデンティティの中心であったエルサレムの神殿を、またユダの国をも、バビロニア王国という敵の大国に奪われてしまいました。
 イスラエル人たちは、土地・家・財産や家族を奪われ、望まない異国に地に連れて行かれて、礼拝を捧げることすら出来ず、バビロニア人に仕えなければなりませんでした。
 しかしやがて時が来ると、ペルシャのキュロス王を通して、奇跡的にこうした苦難もイスラエルの民から消えうせ、エルサレムの都は彼ら自身の手に返されます。ペルシャ国王によって神殿の再建が許されたのです。
 こうして見ると、イスラエルの歴史は、神の慈しみ、イスラエルの民の神への離反、神の厳しい試練、そして神の赦しの繰り返しです。しかし、彼らの罪は遂に終わることがなかったのです。
 ところが、新約聖書の時代に入ると、髪は旧約聖書を通して語り続けられたメシア、救世主、つまり神ご自身の御子、主イエス・キリストを私たちの下に送られるのです。
 それは、先ほどお読みした聖書個所にあったぶどう園の最愛の息子のことなのです。
 さて、本日のぶどう園の譬えをご一緒に考えたいと思います。先ずぶどうの木について話します。ぶどうは蔓性の落葉低木果樹です。その栽培の歴史は紀元前3000年頃まで遡るとと言われています。ぶどうは温帯の植物で、水はけがよく、日当たりのよい土地を好み、イスラエルで育つヨーロッパの品種は、乾燥地を好みます。主イエスの伝道されたガリラヤ地方は、今日もぶどうの産地として知られています。高度な地形と低い気温が良い葡萄を作り出します。ぶどうを原料としたワインは、ローマ帝国時代には帝国中に広まったと言われています。
 ぶどう園の仕事は結構大変なのです。ぶどうをご家庭で栽培される方も居られるかもしれません。苗から植えて、肥料をやり、剪定、そして房の形や味を整えるために花の段階で切り落としたり、間引いたり、病害虫を駆除しなければなりません。ぶどうの生産量はとても多いのです。日本では生食用として利用されることが多いですが、世界全体では、その殆どがワインの原料として利用され、特にワインは、飲料水の少ない地域では水代わりでした。
 さて、ルカ福音書20章のぶどう園の主人は、農夫たちに畑を任すと、暫くの間長旅に出てしまいました。主人は農夫たちを信用し、彼らにぶどう園を委ねたのです。今日の譬えに登場する農夫たちは、主人の留守中であっても、8月から10月の間の収穫期に向けてきつい労働をたくさん強いられたのは事実でしょう。ぶどう園を任されて、主人の留守を預かる、とはそういうことです。しかし、農夫たちは主人にどのような思いを抱いていたのでしょうか。彼らは自分たちが信用されている喜びを感じ取っていたでしょうか。それともただ過酷な労働に対して、不満を抱きながら、留守を続ける主人を恨めしく思っていたのでしょうか。
 やがて、ぶどう園いっぱいのぶどうの枝に、実はたわわに成り、収穫の秋が訪れます。10節にある「収穫の時」の「時」という語は、カイロスという原語に当たります。カイロスとは、「チャンス」とか「大切な時、決定的な瞬間」を表します。収穫の時は、まさにチャンスの時、決定的な時で、二度と訪れることのない、一回限りの時なのです。
 それは質的な時間であるとも言えます。このカイロスに対して、クロノスという時間もあり、これは量的な時間です。ぶどう園の主人が長旅で留守をしたのは、クロノスの時間でした。
 主人はまだ旅の途中であったので、収穫の絶好のチャンスに、主人は僕を農夫たちのもとへ送りました。収穫を終えたら、実ったぶどうの一部を僕は持ち帰って来るだろう、と主人は期待しました。しかし、結果は無残でした。10節には「農夫たちは僕を袋叩きにして、何も持たせないで追い返した」と書かれています。ただ追い返したのではありません。複数の農夫たちが僕に手を掛け、袋叩きにしたのです。
 主人はこれに懲りずに、11節で「ほかの僕」をまた送ります。でも、農夫たちはやはり二人目の僕をも「袋叩きにし、侮辱して何も持たせずに追い返した」のです。袋叩きでは終わらず、「侮辱し」、「何も持たせず追い返した」のです。さらに主人は「三人目の僕」を送ります。僕を送る事、三度。主人の農夫たちへの諦め切れない思いや、とても前向きな姿勢が現れています。しかし残念ながら、農夫たちは三人目の僕をも「傷を負わせ」た上に「ほうり出した」のでした。僕たちの受けた損害は、後に続くほど段々酷くなっています。この僕たちは、イスラエルの歴史の預言者たちを表している、と考えられています。
 しかし、ぶどう園の主人は諦めません。よせば良いのに、今度は最愛の息子を農夫たちのもとに送ります。「この子ならたぶん敬ってくれるだろう」と、彼らを信じたのです。それは人間的には賢明な選択とは言えないかもしれません。しかし、そんなことは主人でなければ分かりません。主人の胸中にはどんな思いがあるのか、我々普通の人間には分からないのです。ぶどう園の主人は、彼の愛する息子に信頼の全てを懸けて、息子を農夫たちに差し出したのではないでしょうか。痛みを伴う行為でありながら、最後まで農夫たちを信じ続けようとされたのです。
 果たして農夫たちはどう対応したのでしょう。ぶどう園の主人の息子を見ると、彼らは「これは跡取りだ。殺してしまおう。そうすれば、相続財産は我々のものになる。」と言って、「息子をぶどう園の外にほうり出し、さらに殺してしまった」のです
 ぶどう園で雇われた農夫たちは、跡取りになる主人の息子を、まるでぶどう園には属さないかの如く、ぶどう園の外に放りだしてしまったのです。何が偉くて農夫たちは、雇い主の息子をぶどう園の外にほうり出せたのでしょうか。ぶどう園の主人の留守の間に雇われていた彼らは、ただ一時的に魔が指しただけで、雇い主の土地や財産を貪ろうとしたのでしょうか。これを悪と呼ばなければ、何と呼べば良いのでしょう。
 モーセを通して、神はイスラエルに約束して『十戒』を渡しました。その第十戒には「汝、貪るなかれ」という戒めがあります。彼らはこれ明らかに侵しています。我々はすべて貪る心を持っています。わたしにも、あなたにも。それは罪です。だから主は十戒に示されたのです。農夫たちは主人のものを貪る者たちです。主人の意志を知りつつそれに逆らい、貪りながら、主人の愛する独り子に手を掛け、殺してしまうのです。何と恐ろしい、むごい態度でしょう。
 9節にあるように、主イエスはこのぶどう園の譬えを民衆を前に話されました。彼らのこの譬えへの反応は、16節「そんなことがあってはなりません」という返答に示されているとおり、とんでもないことだ、有ってはならないことだ、という意味が含まれています。
 しかし、この譬えを聞いていた者たちの中に、当時の「祭司長たちや律法学者、長老たちも居た」と、今日の箇所の少し前、20章の冒頭から書かれています。主イエスは民衆に話しかけながら、同時に律法学者や祭司長たちにもこの譬えを話され、それは彼らユダヤ教の指導者たちへの「当てつけ」であったと説明されています。彼らはまず地位や権力に貪欲であったため、自らの正しさのみを主張し続け、ぶどう園の農夫たちと同様に、ぶどう園の主人である神に立ち帰り、過ちを告白することが出来なかったのです。しかし、過ちや罪の先にあるのは滅びです。
 息子の死を知ったぶどう園の主人は、もう旅を続けるわけには行きません。16節では、ぶどう園に「戻って来て、この農夫たちを殺し、ぶどう園をほかの人たちに与えるにちがいない」と書かれています。この「ぶどう園をほかの人たちに与える」とは、何を意味するのでしょうか。それは、ユダヤ人たちから、異邦人である私たちへも、恵みが与えられたことを意味するのでしょう。救い主イエスの福音は、異邦人である私たちにも届けられているのです。
 最初にお伝えしたイスラエルの歴史に、話を戻しましょう。創造主であられる神は、神ご自身が、神に逆らい続けてきたイスラエルの民と、和解を望まれておられるのです。私たちは、神の御子である、主イエスの御降誕をクリスマスに祝います。しかし、その御降誕の意味は、私たちが誕生日を祝うのとはかなり違います。何故なら、主イエスがこの世に来られたのは、私たちを救うためだったからです。私たちのためのその救いは、主イエスご自身が命を投げ出すことを通してのみ叶ったのです。
 今私たちは、受難節という時を過ごしています。主が十字架に向かわれるそのご受難を覚える時です。主イエスは私たちの罪の贖いのためにこの世に来て下さったからです。
 主イエスが、17節で引用された言葉、「家を建てる者の捨てた石、隅の親石」は、詩編の言葉ですが、イザヤ書にも示されています。それは、主イエスの決定的であったお働きを表しています。主イエスを喩えた「隅の親石」は、そこらにある石ころではありません。主イエスは尊い、貴重な石です。しかし、その石の上に落ちれば、誰でも打ち砕かれます。またその石が誰かの上に落ちれば、その人は押しつぶされる怖さをも持っています。裁かれる石でもあるのです。さらに、その石は神さまの建物を完成させることのできる石でもあるのです。
 このぶどう園の主人と農夫の譬えは、主イエスがエルサレムに入られてから語られたものです。主イエスは、まさに十字架につけられるその道を歩まれています。受難節のこの主日にこの箇所をご一緒に読めたことは、まことに意義深いことです。何故なら、主は私たちを救って下さるため、農夫たちの貪りのような罪に、権力や地位への貪欲に命を落として滅びることのないように、この世に来て下さり、ご自身を捧げて下さったのです。私たちが神に立ち帰ることが出来るために。そして、滅びではなく永遠の命へと歩んでいくために。

ご一緒に祈りましょう。

 主なる、父なる神様。あなたの御名を賛美します。イスラエルの歴史を通して、あなたがイスラエルの民に如何に多くの慈しみを注がれたかを、改めて知らされました。
 しかし、私たちはあまりにも弱く、あなたに背く毎日を繰り返しています。主よ、私たちを憐れんでください。そして御子の御贖いによって、私たちをお赦しください。
 間もなく受難週が訪れます。私たちの救いのためにご自身を捧げ、十字架に向かわれた主イエスの御苦しみを忘れることがありませんように。
 また、一昨日は東日本大震災の五周年を迎えました。三重苦となってしまったこの災害を忘れることがありませんように。苦境のうちにまだ嘆き悲しんでおられる方々を一日も早く癒してくださいますように。私たちに怠りや心の鈍さがあれば、どうぞお示しください。家族や友人、住まいを失われた悲しみや苦しみを少しでも共に分かち、希望へと繋ぐために、仕えることができますように。
 主イエスの御名により、祈ります。アーメン。



スポンサーサイト
2016/03/13(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。