津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「父、み子、み霊の励まし」(ヨハネ14:15-21)
ヨハネ14:15-21、2014年5月25日、復活後第5主日(典礼色―白―)、使徒言行録17:22-34、ペトロの手紙一3:8-17
 
ヨハネによる福音書14:15-21
 「あなたがたは、わたしを愛しているならば、わたしの掟を守る。わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。この方は、真理の霊である。世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることができない。しかし、あなたがたはこの霊を知っている。この霊があなたがたと共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである。わたしは、あなたがたをみなしごにはしておかない。あなたがたのところに戻って来る。しばらくすると、世はもうわたしを見なくなるが、あなたがたはわたしを見る。わたしが生きているので、あなたがたも生きることになる。かの日には、わたしが父の内におり、あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいることが、あなたがたに分かる。わたしの掟を受け入れ、それを守る人は、わたしを愛する者である。わたしを愛する人は、わたしの父に愛される。わたしもその人を愛して、その人にわたし自身を現わす。」


説教「父、み子、み霊に励まされて」(ヨハネ14:15-21)

いよいよ、復活後の主日としては、復活節最後の主日を迎えました。来週の昇天主日の出来事も、復活につながる結論ですので、復活節と言えなくもありませんが、今朝はヨハネ福音書からのテキストによる復活節の最後の日曜日です。今日も、使徒言行録、ペトロの手紙一のいずれの聖書日課も、復活節を祝うのに、ふさわしい記事が読まれました。
第1の朗読使徒言行録17:22-34は、アテネでパウロが復活の救い主イエスを説教している部分です。昨日はT兄のお母さまが亡くなって、浄土真宗大谷派のお通夜に、美咲駅すぐ近くの、ある斎苑に行ってきましたが、和尚さんの説法では、やはり、すべての人が死ぬことを中心に語られ、仏様になられた故人を偲びつつも、人生の短さを説き、この葬儀の時や法事の時などの機会を通して、より良く生きることを説く、仏教としてはかなり長い説教でした。
パウロも、今日の使徒言行録の個所でアテネの町で、苦労して、十字架から死んでよみがえった主イエスの復活の証人としての伝道をしていますが、それは今もなお、同じように、人々に証しするには困難を極めていることに変わりはありません。
 さて、今朝は、先週の続きのヨハネ福音書の福音です。主イエスは、今日の部分の始めと終わりに、私の掟、命令、戒めを守る。私の掟を持ち、守る人は私を愛する者であると繰り返しています。
 主イエスの掟とは、複数形ですけれども、互いに愛し合いなさいということと、主イエスの言葉を守り、せっかく見出した、主の救いの教えから離れないということです。このヨハネ福音書が書かれた当時、ヨハネ共同体は、ファリサイ派からの迫害の中で、主イエスの言葉にとどまろうとして、必死で戦っていました。
 そういう中での聖霊、弁護者、パラクレートスを送るとの告別講話での主イエスの約束であります。
信者たちは、この紀元後90年代、もちろん生前の主イエスは遠い過去の人物となりつつあり、頼りを失い、さびしい状態で頑張っていました。しかし、その中で、今日の主イエスの告別説教を通して、弁護者によって励まされ、復活の主と、父を証しする、この聖霊に励まされて、信仰を守り、復活の証人とされていったのです。
 私たちも、今は、主イエスも天の父も直接には見ることが出来ませんが、今も、2000年来、派遣されてきます聖霊の働きにおって、慰められ、励まされて、主イエスを離れず、兄弟同士として愛し合う主イエスの戒めに従うことができるのです。アーメン。




スポンサーサイト
2014/05/25(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。