津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「へりくだりなさい」(ルカ14:7-14)
ルカ福音書14:7-14、2013・09・01、聖霊降臨後第15主日(典礼色―緑―聖餐式)、エレミヤ書9:22-23、ヘブライ人への手紙13:1-8

ルカによる福音書14:7-14
 イエスは、招待を受けた客が上席を選ぶ様子に気づいて、彼らにたとえを話された。「婚宴に招待されたら、上席に着いてはならない。あなたよりも身分の高い人が招かれており、あなたやその人を招いた人が来て、『この方に席を譲ってください』と言うかもしれない。そのとき、あなたは恥をかいて末席に着くことになる。招待を受けたら、むしろ末席に行って座りなさい。そうすると、あなたを招いた人が来て、『さあ、もっと上席に進んでください』と言うだろう。そのときは、同席の人みんなの前で面目を施すことになる。だれでも高ぶる人は低くされ、へりくだる者は高められる。また、イエスは招いてくれた人にも言われた。「昼食や夕食の会を催すときには、友人も、兄弟も、親類も、近所の金持ちも呼んではならない。その人たちも、あなたを招いてお返しするかも知れないからである。宴会を催すときには、むしろ、貧しい人、体の不自由な人、足の不自由な人、目の見えない人を招きなさい。そうすれば、その人たちはお返しができないから、あなたは幸いだ。正しい者たちが復活するとき、あなたは報われる。」


 説教「へりくだりなさい」(ルカ14:7-14)

今日の福音書(ルカ14:7-14)も、エルサレムへの旅の途上の出来事として記されています。主イエスは、安息日に、ファリサイ派の議員によって食事へと招かれ、人々が栄誉ある場所を競って、求めているのに気付かれ、譬えを語って、彼ら客たちに向かって、言われていたのであります。
もしあなたが、婚宴へと招かれたなら、栄誉ある場所に横にならないように、そうでないと、あなたより地位のある人も呼ばれていて、家の主人役の人がやって来て、この人に場所を与えてくださいというかもしれない。そのとき、あなたは、恥と共に、終わりの場所へとさがるであろうというのであります。なぜなら、その栄誉ある場所と、終わりの場所の間は既に他の客によって占められているからであります。
主は言われます。あなたは、婚宴へと招かれたなら、終わりの場所に行って横になりなさい。そうすれば、家の主人がやって来て、友よ、もっと高い場所へとお進みくださいと言うであろう。その時あなたに、あなたと一緒に食事の席についていたすべての人の前に、栄光があるであろう、と主は言われます。そして、なぜなら、すべて、己を持ちあげる人は、神のよって低くされ、己を低くする人は、持ち上げられるであろうから、と言われます。これらは、譬えと言われていますように、単なる人生の処世訓を教えたものではなく、神の国に招かれている私たちへの生き方、神の前でのへりくだりを示したものであります。
私たちは、この主イエスの言葉があるために、教会の礼拝でもなかなか、会堂の前の方に座らないといった傾向もあるのかもしれません。しかし、礼拝で、信徒の方が、前の方の席に座って、牧師の説教を熱心に聞いてくださることは、牧師にとっては、この上ない励みになるのであり、力づけられることであります。
私が、20年前、按手を受けて、牧師となりましたときに、牧師として熊本市にあります神水教会に赴任していく前に、母教会の京都教会から招かれまして、説教をさせていただきました。
拙い説教でありましたけれども、私が、その6年前、神学生となって上京する時にも、門出の祝いをして送り出して下さったあるご夫婦が、説教壇の一番前の席に座って、私の説教を傾聴して下さったことに、私は非常な励ましを受けたことを思い出すのであります。
 この末席につくようにとの主イエスの譬えは、そうすれば、あなたを招いてくれた人が来て、友よ、もっと上へとお進みくださいと言われ、共に食事の席に呼ばれた人々すべての前で、その時、あなたは、面目を施すことになる、すなわち、あなたに栄光があるであろうと主は言われているのであります。神の前で、へりくだるということが、大事なのであります。主イエスは、自分の栄光を求めるのではなく、十字架と復活を遂げるために、エルサレムへの道を歩み出しておられる、その途上で語られている。しかし、その時の弟子たちには、十分理解することができなかったお言葉であったのであります。
さて、主は、自分を招いてくれた人にも言います。あなたが、昼食や夕食に、客を招くときには、あなたの友人たち、あなたの兄弟たち、あなたの身うちの者たち、そして金持ちの隣人たちを呼び集めないように。そのときには、彼らがあなたに返礼として呼び返すであろうからである。むしろ、貧しい人、物乞いたちや、体の不自由な者たちや、足の不自由な者たち、目の不自由な者たちを、呼びなさいと。なぜなら、彼らはお返しする資力を持たないし、あるいは、体力や能力を持たないからであります。主は、言われました。そして、そのとき、あなたは、祝福されている、なぜなら、彼らはあなたに返すべきものをもたないからであり、義人たちの復活において、あなたにそれは返されるであろうからだと主は教えられたのであります。これは、私たちの信仰生活に当てはまることであります。本日は聖餐式がありますが、私たちは神に返礼するものはなく、私たちの礼拝によって、自らを低くし、ただ一方的な恵みにより頼むしかないのであります。
私たちが、宴会をし、人々を呼び寄せるとき、私たちは、友人や、兄弟や、身内や、金持ちの隣人を招くのが普通であります。その場合には、返礼を期待するところがあるし、金持ちの隣人を呼ぶ場合には、それ自体、栄誉なことであったのであります。
しかし、この後段の食事に招いてくれた人に語った主イエスの言葉も、エルサレムに向かう主イエスの言葉として受け止めなければならない言葉であります。
主は、そのときには、あなたは祝福されている、なぜなら、正しい者たちの復活の時に、あなたはお返しされ、神によって報われるであろうからと、言われています。
この貧しい人、体の不自由な人、足の不自由な人、目の不自由な人とはだれでしょうか。それは、神の前にあっては、私たち自身ではないでしょうか。自分の功績や力によって、神の食事の席にふさわしい者では、私たちは決してありません。主イエスの恵みによってのみ、私たちは、主イエスの食事を共に味わう者とされるのです。主イエスは、私たちを、ご自分の手を開いて、私たちを食事の席に招いてくださる。そして、その両方の手のひらには、十字架の跡が印されているのであります。
旧約聖書のサムエル記下には、足の不自由な者や、目の見えない者が、神殿の食事の席に与ることができないとされたことが記されています。
しかし、主イエスは、そのような神の食事の席から、排除されていた人々こそ、正しい人たちの復活の時に、すなわち、終末の時に、逆転されて、食事の席に招かれるようになると言われる。
また、現代で想い起こすならば、この主イエスが言われる、宴会の席に呼び寄せるべき人々とは、失業者の人たちや、さまざまな障害を負って苦しんでいる人たち、孤独に孤立して生きている人たち等々が考えられるのではないでしょうか。
そういう人たちこそ、礼拝に、聖餐式に与ることを必要としている。そういう人たちに私たちは、礼拝に招くことをしてみてはどうでしょうか。主イエスの無償の愛、一方的な恵みに値するのは、そのような人々ではないでしょうか。あるいは、私たち自身がそうではないでしょうか。
友人、兄弟、身内、金持ちの隣人を宴会に招くときには、お返しされる、あるいは、栄誉を見返りとして持つという下心が私たちにはあります。
しかし、神さまとの関係では、貧しい人、体の不自由な人、足の不自由な人、目の不自由な人、そういうお返しのできない人たちこそ、宴会に招くにふさわしい人たちである。
お返しを求めないで、ただ、終末の時の正しい人の復活の時に、神によって報われる、そのような生き方をしなさいと、主イエスは、この難しい二つの話しを通して、弟子たちに、そして、今を生きる私たちにも求めておられるのではないでしょうか。
食事会に招かれたら、末席に着く。宴会に客を呼ぶときには、そのお返しのできない人々を招く。それは、神の前に絶えず「へりくだる人」としてあり続け、また、見返りを期待しないで、終わりの日に神から与えられる報いに価する「へりくだる生き方」を求めて生きなさいという、エルサレムに向かう途上の主イエスの厳しい教えであります。
弟子たちは、その時、主イエスの教えが分からなかった。現代の私たちにも、なかなか、意味不明瞭な譬えであり、教えであります。
主イエスのエルサレムへの旅に、日ごとに、自分の十字架を背負いながら、また、自分自身をさえ、憎んで、すなわち、より少なく愛して、主イエスのみ言葉を学びつつ、私たちもまた、このエルサレムへの旅に、主イエスのあとに従っていく者でありたいものです。

人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るように。
スポンサーサイト
2013/09/01(日) 10:30:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。