津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「愛の掟」(ヨハネ13:31-35)
ヨハネ13:31-35、2013・04・28、復活後第4主日(典礼色―白―)、使徒言行録13:44-52、ヨハネの黙示録21:1-5

ヨハネによる福音書13:31-35
 さて、ユダが出て行くと、イエスは言われた。「今や、人の子は栄光を受けた。神も人の子によって栄光をお受けになった。神が人の子によって栄光をお受けになったのであれば、神も御自身によって人の子に栄光をお与えになる。しかも、すぐにお与えになる。子たちよ、いましばらく、わたしはあなたがたと共にいる。あなたがたはわたしを捜すだろう。『わたしが行く所にあなたたちは来ることができない』とユダヤ人たちに言ったように、今、あなたがたにも同じことを言っておく。あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる。」



説教「愛の掟」(ヨハネ13:31-35)
復活節では、先週の主日から、第一朗読に使徒言行録が、また、第2朗読では、ヨハネの黙示録が、そして、福音書は、ヨハネ福音書から、日課が与えられています。主イエスの十字架の死から、復活、そして、主の昇天の出来事が、日曜日の記事として与えられている訳であります。
 本日のこの記事は、主イエスが弟子たちの足を洗った後、最後の晩餐をする中で起こった出来事であり、主のみ言葉であります。時は夜であり、最後の晩餐で、イスカリオテのユダは、主からパンをいただくと、悪魔もユダの中に入ったと、記された後の主イエスの言葉であります。主は、今、人の子(私)は、栄光を与えられた。そして、私の父なる神も、これによって、栄光を与えられたというのであります。
 ところで、浄土真宗の中興の祖、蓮如上人の「御文章」を読みましたが、分かりやすい浄土真宗の教えが、蓮如によって残されています。迫力のある文章であります。ルターより一世代ほど前の人でありますけれども、現代の日本人が読んでも、伝わってくる内容の文章であります。ルターと親鸞の教えの類似性がよく比較研究されたりしていますけれども、違いはと言えば、本日の第二朗読のヨハネの黙示録のような天上での礼拝や約束にあるのではないかと思います。仏教では、この世は無常である、その中で、例えば、法然や親鸞さんは、南無阿弥陀仏、すなわち、阿弥陀仏に南無すなわち、帰依することを、無学の人も、庶民も貴族も関係なく、称名すれば救われると唱えているのであります。
 キリスト教も、イエス・キリストに信仰のみによって信頼して行けば救われるのでありますが、この世界と、来るべき世界は、始めがあって終わりがあり、地上の生命を終えた者たちは、最後の審判の時に、羊と山羊のように、分けられ、新天新地において、もはや、嘆きも、苦労もなく、神の民として、小羊なる主イエスと父なる神のもとで、礼拝にあずかるのであります。
 ヨハネ福音書13章31節から35節では、12使徒の一人であったイスカリオテのユダの裏切りを通して、神の御計画が実現するのであります。主イエスがまもなく受ける十字架の死と昇天を通して、人類の救いが完成するのであります。それが、父なる神のみ心なので、この一見、闇と思われるユダの背信によって、主イエスも、主イエスを世界に送り込んだ父なる神も栄光を与えられるのであります。
 そして、弟子たちが、主イエスの死後、再び結束して、救いの成就を世界に宣べ伝えることを可能にするべく、主イエスは、最後の遺言のように、告別説教(ヨハネ福音書14章~16章)の前に、弟子たちに必要な「愛の掟」をお命じになるのであります。
 それは、まもなく、主イエスが、死へと出発し、父のもとへと出発するに際して、お命じになったみ言葉であります。すなわち、私がいくところへ、あなた方は今は行くことができない。ユダヤ人たちに言ったのと同じことを、あなた方に言っておく。そして、新しい掟を、いましめ、命令、教訓・格言をあなた方に与える。すなわち、私があなた方を愛したように、あなた方も互いに愛し合いなさいと言われるのです。愛するというのは、アガパオーという言葉であり、キリストの愛、神の愛であるアガペーから来ている動詞であります。
 私たち人間は本来、自己中心に生きている者であり、アガパオーの愛を生まれながらにしては持っていないのであります。しかし、十字架の死を通して示される愛を通して、私たちもまた、神の愛に生きる者となるのであります。
 信者同士のまことの愛を通して、この世の人は皆、私たちが、キリストの弟子であることを知るようになると主は言われるのであります。
 主のみ言葉につながって生きて行くとき、もはや、私たちは、自己中心ではなく、他者を重んじ、お互いに、主イエスが私たちを愛して下さったように、生きることができる者とされるのであります。復活節の喜びの時、主イエスの本日のみ言葉に改めて、耳を傾け生きていく者とされましょう。アーメン。










スポンサーサイト
2013/04/28(日) 10:30:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。