津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「エマオにおける復活の主の顕現」(ルカ24:13-35)
ルカ24:13-35、2013・04・07、復活後第1主日(典礼色―白―聖餐式)、使徒言行録5:12-32、黙示録1:4-18

ルカによる福音書24:13-35
 ちょうどこの日、二人の弟子が、エルサレムから六十スタディオン離れたエマオという村へ向かって歩きながら、この一切の出来事について話し合っていた。話し合い論じ合っていると、イエス御自身が近づいて来て、一緒に歩き始められた。しかし、二人の目は遮られていて、イエスだとは分からなかった。イエスは、「歩きながら、やり取りしているその話は何のことですか」と言われた。二人は暗い顔をして立ち止まった。その一人のクレオパという人が答えた。「エルサレムに滞在していながら、この数日そこで起こったことを、あなただけはご存じなかったのですか。」イエスが、「どんなことですか」と言われると、二人は言った。「ナザレのイエスのことです。この方は、神と民全体の前で、行いにも言葉にも力のある預言者でした。それなのに、わたしたちの祭司長たちや議員たちは、死刑にするため引き渡して、十字架につけてしまったのです。わたしたちは、あの方こそイスラエルを解放してくださると望みをかけていました。しかも、そのことがあってから、もう今日で三日目になります。ところが、仲間の婦人たちがわたしたちを驚かせました。婦人たちは朝早く墓へ行きましたが、遺体を見つけずに戻って来ました。そして、天使たちが現れ、『イエスは生きておられる』と告げたと言うのです。仲間の者が何人か墓へ行ってみたのですが、婦人たちが言ったとおりで、あの方は見当たりませんでした。」そこで、イエスは言われた。「ああ、物分かりが悪く、心が鈍く預言者たちの言ったことすべてを信じられない者たち、メシアはこういう苦しみを受けて、栄光に入るはずだったのではないか。」そして、モーセとすべての預言者から始めて、聖書全体にわたり、御自分について書かれていることを説明された。
 一行は目指す村に近づいたが、イエスはなおも先へ行こうとされる様子だった。二人が、「お泊まりください。そろそろ夕方になりますし、もう日も傾いていますから」と言って、無理に引き止めたので、イエスは共に泊まるため家に入られた。一緒に食事の席に着いた時、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。二人は、「道で話しておられるとき、わたしたちの心は燃えていたではないか」と語り合った。そして、時を移さず出発して、エルサレムに戻ってみると、十一人とその仲間が集まって、本当に主は復活して、シモンに現れたと言っていた。二人も、道で起こったことや、パンを裂いてくださったときにイエスだと分かった次第を話した。


説教「エマオにおける復活の主の顕現」(ルカ24:13-35)
今から、25年前になりますが、聖地旅行に行きました。エジプトから、シナイ山を登り、死海のほとりから、ゴラン高原を通り、ガリラヤから、最後は、エルサレムという旅程でした。最後のエルサレムに入る前に、バス旅行でしたが、この辺りが、エマオと言われていますと、添乗員の方が言われたのを覚えています。かすかなエマオ付近のバスから垣間見た記憶があります。
本日の福音書ルカによる福音書24章の13節から35節を読みますと、エルサレムからエマオまでは、60スタディオンと書かれていますから、11キロメートル強にあたります。二人の主イエスの弟子たちが、エルサレムで起こった出来事を、対話しながら、エマオに向かっていました。そこに自分たちの家があったのでしょうか。過越しの祭りで、仮の宿があったのでしょうか、聖書はそのような背景については何ら記していません。
 さて、その二人を、復活の主イエスが追いついて来て、一緒に並んで歩きだすのであります。イエスは、彼らに、あなた方が話しているのは、何のことかと聞くのです。二人は、急に顔を曇らせ、あなただけが、ついこのところ、エルサレムで起こった出来事を見知らぬ人であったのですかとそのうちのクレオパという名の弟子が問いかけます。
 主は、どんなことをか、と問うので、ナザレのイエスのことです。私たちは、彼こそ、イスラエルを贖い、救い出す方だと期待していました。彼は、神の前にも、すべての民の前にも、言葉にも、業にも、力ある預言者となられました。ところが、祭司長たちや、議員たちが、彼を十字架につけて殺してしまったのですと、答えます。クレオパとは、聖書でここでしか出て来ませんが、ある伝説では、主イエスの叔父にあたる人物ではなかったかとも言われています。
 人々は、主イエスを、力ある預言者の一人としてしか見ていなかったのであり、弟子たちもまた、そうでありました。自分たちの偉大な先生を十字架の死で失って、絶望の底にあったことでしょう。それに対して、復活の主は、聖書、すなわち、旧約聖書を持ち出して、道々、語り出すのであります。ああ、心が鈍くて愚かな者たちよ、メシアは、苦しみを受けて、彼の栄光に入るはずだったではないか、とモーセから始めて、また、預言者たちからも始めて、聖書を彼らに解釈してくれていたのであります。あとで、エマオの家で復活の主に気付いたとき、彼らは振り返って、主が聖書を説き明かししてくれたとき、私たちの心は燃えていたではないかと気付きますが、この時にはまだ、彼らの目は妨げられていて、その見知らぬ人が、復活の主だとは気付かなかったのであります。これはまだ、サタン、悪魔によって、目を遮られていたのでありましょう。
 やがて、エマオの村に近づきますが、主イエスは、なおも、先に行こうという素振りを見せていたので、二人は、だいぶ時間も遅くなり、日も傾いたので、どうぞ自分たちの家に、一緒にお泊まりくださいとしきりに勧めたので、主イエスは、中にはいられました。
 アブラハムや、ロトが、知らずして、天使たちを自分のところでもてなしたように、主イエスの二人の弟子も、主を強く泊まるように勧めて、復活の主に出会うことになるのであります。
 ユダヤでは、遅い食事に、一番重きを置いていたとのことであります。復活の主が、横になって、食事の席につき、パンを裂き、感謝を唱えたとき、弟子たちは、あの5つのパンと2匹の魚で、5000人の男たちを養い、満腹させた自分たちの先生であることに気付き、復活の主と認識できたのであります。彼らの目は、今度こそ、開かれたのでありますが、復活の主は、消え去ってしまわれました。二人は、道々、彼が、聖書を説き明かしてくれたとき、私たちの心は燃えていたではないかと語り合い、そのまますぐに、急いで、エルサレムへと引き返したのであります。
 すると、11人とほかの弟子たちも集められていて、主がシモンに現れたと言っており、二人も又、パン裂きのとき、主と分かった次第や、道々、聖書を説き明かして下さって、自分たちに現れたことを伝えていたというのであります。
 このイースターの出来事を、ルカは詳細に、このエマオ途上の復活の主の顕現を頂点として書き残しているのであります。マグダラのマリアたちが、墓に行き、二人の天使たちに出会い、あの方は生きていると言われ、弟子たちのところに帰って伝えましたが、弟子たちには、愚かなことに思えて、信じられなかったことを、クレオパたちは、エルサレムから追いついてきた復活の主に告げたのでしたが、彼らは、まさか、それが、復活の主だとは分からなかったのであります。
 復活の主が、旧約聖書、モーセと預言者たちから始めて、メシアは、必ず多くの苦しみを受け、彼の栄光にはいることになっていると聖書を自ら解釈してみせられ、そして、エマオの家で、食事の交わり、パン裂き、あの5000人の人々を満腹させた時と同じしぐさを見せたときに、初めて、二人は、それが復活の主だと分かったのであります。
 私たちの持っている通常の理性では、復活の主は分かるものではありません。旧約聖書の証言とそれを解釈して下さる復活の主、そして、晩餐の主人としてふるまわれる復活の主の側からの働き掛けがあって初めて、主イエスの復活は弟子たちの眼を開き、理解させることができるのであります。十字架の死は敗北ではなく、復活へと通じる勝利へとつながるのであります。
 生前の主も、御自分の受難、十字架の死と復活を弟子たちに何度も予告しておられましたが、弟子たちは、恐ろしくて、質問することができませんでした。しかし、今、エマオへの途上で、復活させられた主御自身が、旧約聖書の真髄を説いてみせ、また、生前と同じように、食卓の主人としてふるまって、弟子たちに、御自分が、旧約聖書に約束されているメシアであることを、示されるのであります。
 その時から、2000年隔てた現在も、主イエスは、これらのみ言葉と、復活後のみ業を通して、悪魔を退け、死に勝利したことを、明白に示しておられるのであります。私たちは聖書とそこに約束され、またそれを成就された復活の主に、クレオパや、シモン・ペトロ、使徒たちやマグダラのマリアらと共に、み言葉を通して、信仰の目を開かれて、相まみゆることができるのであります。復活の主によって、全く新しい存在として歩むことができるのであります。この日の出来事を人類の新しい出発の日として、祝い、それぞれの与えられた生涯を、感謝をもって、歩んで行きたいものであります。アーメン。






スポンサーサイト
2013/04/07(日) 10:30:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。