津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「私たちの目と耳を開いてくださる方」
ルカ6:17-26、2013・02・03、顕現節第5主日(典礼色―緑―)、エレミヤ書17:5-8、コリントの信徒への手紙一12:27-13:13

ルカによる福音書6:17-26
 イエスは彼らと一緒に山から下りて、平らな所にお立ちになった。大勢の弟子とおびただしい民衆が、ユダヤ全土とエルサレムから、また、ティルスやシドンの海岸地方から、イエスの教えを聞くため、また、病気をいやしていただくために来ていた。汚れた霊に悩まされていた人々もいやしていただいた。群衆は皆、何とかしてイエスに触れようとした。イエスから力が出て、すべての人の病気をいやしていたからである。

 さて、イエスは目を上げ弟子たちを見て言われた。
 「貧しい人々は、幸いである、
  神の国はあなたがたのものである。
  今飢えている人々は、幸いである、
  あなたがたは満たされる。
  今泣いている人々は、幸いである、
  あなたがたは笑うようになる。
  人々に憎まれるとき、また、人の子のために追い出され、ののしられ、汚名を着せられるとき、あなたがたは幸いである。その日には、喜び踊りなさい。天には大きな報いがある。この人々の先祖も、預言者たちに同じことをしたのである。
 しかし、富んでいるあなたがたは、不幸である、
 あなたがたはもう慰めを受けている。
 今満腹している人々、あなたがたは、不幸である、
 あなたがたは飢えるようになる。
 今笑っている人々は、不幸である、
 あなたがたは悲しみ泣くようになる。
 すべての人にほめられるとき、あなたがたは不幸である。この人々の先祖も、偽預言者たちに同じことをしたのである。」




説教「私たちの目と耳を開いてくださるお方」(ルカ6:17-26)

本日の説教題を「私たちの目と耳を開いてくださる方」と、本日の主日の祈りから決めさせていただきました。私たちが見えなくなっている目と聞えなくなっている耳を開いてくださる、それが、本日の主イエスの御言葉、四つの幸い、祝福と、四つの不幸、呪い、あるいは裁きの言葉であるからです。
主イエスは、山から12使徒たちと下りて来て平地にお立ちになりました。それは、私たち多くの民衆がいる場所です。病気に脅かされ、汚れた霊につかれている者たちがおり、また、彼らは、主イエスに聞くことを、求める群衆でもあります。彼は、多くの人々をいやしておられ、それは、彼から力が出て行っていたからであると、聖書は記しています。 
主イエスは、12使徒を、山の上で徹夜で祈って選びましたが、その中には、反逆者も、疑い深い者も、拒絶し否認する者も含まれていました。十字架の死に赴くために、主は、これらの使徒たちを選んだのであります。
私たちも、主イエスによって選ばれ、見出された弟子ですが、功績があって、優れているので選ばれたのではなく、主の十字架の死において選ばれているのに過ぎないのであります。
津田沼教会で、英語で聖書を読む会をやっています。エレミヤ書を少しずつ進んでいますが、そこに熱心に通って来られるお爺さんは、フレンド学園で長く教鞭をとられた社会科の先生でありますが、88歳になられており、御国に召されるのは、信仰が与えられたお蔭で、別に怖くないとおっしゃいます。私などには到底そういう境地にはなれない者ですが、主イエスの本日の出来事、そして、御言葉は、私たちに、本当の幸いを示してくれているように思われます。
この平地に住む私たち、悩み苦しみに覆われている者の所に、主自ら、旧約の預言、イザヤ書61章の1-2節に示されているとおりに「貧しい人に良い知らせを伝え」「捕われ人には自由を」、「嘆いている人々を慰める」ために、十字架につく主イエスがお出でになられたのです。
私たちは、主イエスの言葉によって、慰められ、力づけられます。貧しい人は、幸いだ、なぜなら、神の国、神の支配はあなた方のものだから、と言われ、今飢えている人たち、あなた方は、幸いだ、なぜなら、あなた方は満腹にされるだろうからと言われ、あなた方、今泣いている者たちは、幸いだ、あなた方は笑うようになるであろうからと言われ、人々があなた方をひどく嫌い、追い出す時、そして、人の子のために、汚名を着せるときあなた方は幸いだ、あなた方は喜び小躍りせよ、天におけるあなた方の報いは大きいからである。あなた方の預言者たちにも、彼らの先祖たちは同じようにしたからであると言われます。
しかし、災いなのは、富んでいる者たちだよ、なぜなら、あなた方は慰めを受け取ってしまっているからだと。続けて、今満腹しているあなた方は災いだよ、あなた方は飢えるようになるから。今笑っているあなた方は災いだよ、あなた方は、泣き悲しむことになろうからと、言われ、人々があなた方をほめるとき、あなた方は災いだよ、なぜなら、偽預言者たちにも、彼らの先祖たちは同じようにしたからと言われます。
私たちは、人の子イエスの名のために、苦しむことをも賜っています。
果たして、私たちは、富んでいる者でしょうか、貧しい者でしょうか。私たちは実は、貧しい者、神の前に窮状をさらけ出すしかない者ではないでしょうか。しかし、私たちは御子の十字架の死によって贖われている者であります。本日のみ言葉を糧に、新しい1週間へと出て行きましょう。

人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなた方の心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るように。
スポンサーサイト
2013/02/03(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。