津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「まことの主、キュリオス」(ルカ2:1-20)
ルカ2:1--20、12・24、降誕祭(前夜)(典礼色―白―)、イザヤ書9:1-6、テトスへの手紙2:11-14


ルカ2:1-20
 そのころ、皇帝アウグストゥスから全領土の住民に、登録をせよとの勅令が出た。これは、キリニウスがシリア州の総督であったときに行われた最初の住民登録である。人々は皆、登録するためにおのおの自分の町へ旅立った。ヨセフもダビデの家に属し、その血筋であったので、ガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。身ごもっていた、いいなずけのマリアと一緒に登録するためである。ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝させた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。

その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」すると、突然、この天使に天への大軍が加わり、神を賛美して言った。
「いと高きところには栄光、神にあれ、
 地には平和、御心に適う人にあれ。」
天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて思い巡らしていた。羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。




説教「まことの主、キュリオス」(ルカ2:1-20)

皆さん、クリスマス、おめでとうございます。私たちは、毎年、地域の方々をもお招きして、クリスマスイブの礼拝を共にします。そして、イザヤ書9章とテトスへお手紙2章の御言葉、そして、ルカ福音書2:1-0を毎年、聞くのであります。
ルカ20:1-20を中心として、本日のみ言葉を聞きましょう。主イエスはルカ2章に入るまで、前面にでて来ません。そして、2章に入って初めて、生まれた赤子として登場するのであります。それは、奇跡による誕生ではなく、当時のローマ帝国の力による平和、パックス・ロマーナと呼ばれる力による平和のもとに翻弄されながら、皇帝アウグスツフスの治世のとき、そして、クリニウスがシリアの総督であったときに成った人口調査を契機として、起こるのであります。
アウグスツゥスは、紀元前31年くらいから紀元後11年くらいまでの間、ローマ帝国の皇帝であり、本名はオクタビアヌスという名で、アウグスツゥスというのは、称号でありました。それから、現代まで2000年も経ち、世界は軍事力による支配と経済力による支配を、大きな国家が興っては、栄華盛衰を繰り返してきたのであります。
日本も現在、経済力では世界3位ですが、2050年には、今の人口の三分の二になると予想されています。
さて、その人口調査のため、ガリラヤのナザレから、ユダのベツレヘム、「パンの家」という意味のダビデが王となる前に少年として羊飼いをしていた町に、ダビデの家と家族の出であったので出身地の町、ベツレヘムへと進んでいたのであります。
ところが、一緒に連れて来ていたいいなずけのマリアが、月が満ちて最初の赤子を産み、布切れでおおって、飼い葉桶の中に寝かせたのであります。
彼らには客室において場所がなかったからだと聖書は記しています。どちらかと言えば、貧しい地位にあって生まれ、後に、主イエスも言われるように、「人の子には、枕するところがない」のであります。
そのころ、その地域では、ベツレヘムから死海に少し下ったところに、「羊飼いの野」と言われている羊を飼う者たちの場があり、そこで、羊飼いたちは寝ずの番をして、その群れを守っていました。
するとそばに、天使が立ち、彼らを天から光がスポットライトのように照らしたのであります。彼らは大きな恐れを恐れさせられたと、原文では書いてあります。私たちは今は、この津田沼という大都会に住んでおりまして真っ暗な闇夜を知らず、古代の人々のように神さまを身近に感じることが少なくなっているかも知れません。
さて、天使は、「恐れるな、なぜなら、今日、ダビデの町で救い主があなた方のために生まれた。この方こそ主、キュリオス、メシア、キリストである」と告げます。そして、「これが、しるしであり、あなた方は飼い葉桶に寝かされた赤子を見出すであろう」と語るのです。そして、突然、天使の大きな軍勢が起こり、「いと高きところでは神に栄光が、地には平和が、み心に適う人間たちのうちにある」と賛美の歌声を奏でるのであります。「み心に適う人間たちにおいて」というのは、弱く、自分の罪深いことをよく知っている、神さまのご好意なくしてはまともに生きていけない者たちにということであります。それは、突き詰めていけば、私たち人類のすべての者であるとも言うことができるでしょう。津田沼教会は、千葉ベタニアホームという4つの母子ホームと2つの保育園を営んでいますが、津田沼教会が深いかかわりを持つその傘下の夏見母子ホームという30家族くらいの母子ホームがあります。その職員の女子青年の方が、今は結婚してやめられ、遠くへ転居しましたが、「私は教会に来ると、自分が独りではないのだなあと感じます」と言っておられました。
そうです。神のご好意によって、御子イエスが与えられ、私たちはもはや、いかなる窮乏や試練の中にあっても一人ぼっちではないのです。
さて、天使たちが去っていったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムの町に行って、主が語られたことを見てこようではないか」と急いで出かけるのであります。そして、マリアとヨセフと、飼い葉桶に寝かされた赤子を見出し、羊飼いたちは、天使が語ってくれたことと、言われたとおりだったことを、人々に知らせます。人々は、驚き怪しんだのでありますが、マリアは、ずっと、これらの言葉、出来事について思い巡らしていたのであります。それを聞いた当時の人々は、そんなこともあるものだろうかと、信じることはできないままで、ただ聞き流したのでありますが、マリアだけは、一連の出来事を知らされて、その意味をあれこれと考え、心に納めていたのであります。
そして、羊飼いたちは主から言われたとおりに見聞きしたことで、神をほめたたえ、賛美しながら、帰っていったのであります。主イエスは、当時考えられていたローマ皇帝アウグスツゥスが主、キュリオス、なのではなく、この人間となって生まれた神の子こそ、私たちの「まことの主、キュリオス」であり、真の平和、平安をもたらす方であります。
神と疎遠な関係になっていた私たち人間をいやす救い主としてお生まれになり、しかも、その知らせは、当時の人々の中にあって、局外者であった羊飼いたちに知らされ、彼らは、信じ、それを確かめ、人々にも証ししながら、日常の生活へと戻っていったのであります。
私たちも、羊飼いたちに倣い、このまことの平安の主、キュリオスを宣べ伝える証し人となって、クリスマスを過ごし、また新らしい年2013年を迎えたいものであります。

人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、キリスト・イエスにあって、あなた方を守るように。


スポンサーサイト
2012/12/24(月) 19:00:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。