津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「戸口から見える世界」(マルコ13:24-31)栗原茂牧師
マルコ13:24-31、2012・11・25、聖霊降臨後最終主日(典礼色―緑―)、ダニエル書7:9-10、ヘブライ人への手紙13:20-21

マルコによる福音書13:24-31
 「それらの日には、このような苦難の後、
  太陽は暗くなり、
  月は光を放たず、
  星は空から落ち、
  天体は揺り動かされる。
  そのとき、人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗って来るのを、人々は見る。そのとき、人の子は天使たちを遣わし、地の果てから天の果てまで、彼によって選ばれた人たちを四方から呼び集める。」

 「いちじくの木から教えを学びなさい。枝が柔らかくなり、葉が伸びると、夏の近づいたことが分かる。それと同じように、あなたがたは、これらのことが起こるのを見たら、人の子が戸口に近づいていると悟りなさい。はっきり言っておく。これらのことがみな起こるまでは、この時代は決して滅びない。天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない。」



説教「戸口から見える世界」(マルコ13:24~31)栗原茂牧師
 
~覚悟から始めよう~
「人間の覚悟」五木寛之著(新潮新書)
~これからの時代、自分でできる覚悟の一つとして言えば、できることは一つ一つ自分でやる、ということではないでしょうか。
「覚悟」橋田幸子著(中央公論社)~戦場ジャーナリストの夫と生きた日々~
悲しみとか嘆きとか怒りと、そういう感情の高ぶりは、不思議なことにまったく湧き上がってこなかった。やっぱり「戦場ジャーナリストの妻」としての“覚悟”が、どこかで出来上っていたのでしょうか。~もう一つはっきりさせておきたいのは、真相に迫れたのは、私たち遺族と、デイヤさんをはじめとする民間の協力者の奮闘があったからだ、ということ。繰り返しになりますが、日本政府はほとんど何もしてくれなかったのです。~日本は本当に「イラクの人のために」行動しているでしょうか?私たちが「選んだ」政治家たちの決定は、果たして本当に正しい道なのでしょうか?他の誰でもなく、日本人一人ひとりがそのことを真剣に考える“時”来ているのではないかと、私は思います。
「覚悟」栗山英樹著~理論派新人監督は、なぜ理論を捨てたのか~

語句の説明 ギリシャ語は4つの言葉を使い分けて、時をどのように把握するか教えている。
1) アイオーン 生物に関して生存期間、一生、時代、この世、永遠
2) クロノス  測ることのできる短い、長い、時間
3) ホウラ   厳密に日の出から日没までの時間
4) カイロス  本質的な瞬間、決定的時点、神に与えられた“瞬間”
      (恵みの時)カイロスだけは、カウントできない“時”
絵本「風の中を変え今日も行く」 そして、 マイラ・タウンゼンドさんのこと
 使用済みの核燃料(核のゴミ)は、ガラスと混ぜ合わせたステンレス容器に詰められて“核分裂”を続けています。その危険な高レベル放射性廃棄物の容器1310本はフランスから返還され六ヶ所村の地下に保管されています。しかし英国に保管されている850本のうち、返還されたのは104本にすぎません。仮置場の六ヶ所村は、すでに満杯です。これから先どうするのでしょうか?
 下北半島迄はるばる英国から「あさこはうす」の小笠原厚子さんを訪ねて来たマイラさんの心配は尽きません。核のゴミは未来永劫どこも引き受け手はありません。そして被ばく労働者なしに稼働も制御もできないしろものなのに、その危険度を福島原発事故で十分経験したはずなのに、それでもなお、大間ではフルMOX燃料(プルトニウム)を燃やす原発工事を再開するなんて信じられないというのです。一冊の絵本という戸口から日本の現状を憂い、すぐさま行動を起こした彼女の来日は、私にとって福島事故後も原発輸出そして再稼働する日本人の反省の無さと驕り、さらには命を守る“覚悟”の欠如を問うものでした。人々の命と社会を守るという責任感の欠如があったとは、すでにこの7月「国会事故調査委員会」の報告書で厳しく批判されたことです。

斧は既に、木の根元に置かれている。(マタイ3:10)

 今回の「下北半島スタデイツアー」の感想を一言で表現すると私の場合、表記の聖句に集約される。それは幼い頃、最初に日本地図を目にした時から、下北半島は、ずっとその斧にしか見えなかったから。
 しかしツアー二日目に、この下北半島が別の呼び方をされているということを野辺地教会の牧師白土清さんに教えられた。なんと、“ついに<死も来た>半島”と自嘲気味に言うヒトがいるというのである。捨て場のない“放射性ごみ”を未来永劫引き受ける半島になってしまうとしたら、まさしくそう言わざるを得まい。同じ発音で語義を重ねる“ことば遊び”は、通常笑いの種だが、この<死も来た>半島になることだけは何としても食い止めなければならない。
   斧は既に、木の根元に置かれている。(マタイ3:10)
 ツアー三日目、一行が訪ねた小笠原厚子さんの暮らす「あさこはうす」は、鉄条網に囲まれた大間原発のすぐそばにあった。大型バスの車体を鉄条網が傷つけそうな狭い道を、運転手は何度も何度も慎重にハンドルを切りなおし奥まった「あさこはうす」に我々を運んでくれた。到着した時、我々は一斉に拍手をして運転手のプロの腕をたたえ感謝をした。それほど際どくギリギリの道だったのである。
 既に人伝には耳にしていた「あさこはうす」が目の前にあった。7年前に亡くなられた母親の熊谷あさ子さんと娘の小笠原厚子さんの二人が建てた家である。156人の地権者がいて、そのうちの155人が土地を売り払っても、最後に残った熊谷あさ子さんが守り抜いた土地に建つ家である。戦いはすでに30年余の歳月が経っている。聞くと、「あさこはうす」は、一度は請け負ってくれた大工さんが翌日に現れて、これを引き受けると、これから自分の仕事が無くなってしまうと言って断ってきたために、素人の親子が苦労に苦労を重ねて建てたものだという。やはり現地に来なければ知ることの出来ないツアーの重い意義をここでしたたかに噛みしめる。「あさこはうす」は、最後の一人になっても、へこたれてはおられない母と娘が、そうはさせじと“美しい海と大地の自然の力”を味方にして建てた“居城”だった。
 私は絵本「風の中を変え今日も行く」を買い求めて、植樹祭で汚れた手のまま厚子さんと握手をした。握り返す厚子さんの柔らかい手の感触と厚子さんの笑顔がこのツアーから持ち帰る最高の土産である。
 一行は「あさこはうす」の敷地内に三本の桜の苗木の記念植樹をした。河津桜。久々にスコップを手にする私に、スイスから参加しているWCCの核問題担当責任者であるジョナサン・フレリクスが語りかける。あの宗教改革者マルチン・ルターは“明日世界が終るとしても私は木を植える”と言ったと。
 それは私がルター派の牧師であることを知っての会話である。私は大きくうなずきながら、その時、実はもう一つの言葉を連想していた。“木には希望がある”(14:7)というヨブ記にある言葉である。酪農大学で林業を専攻するY君と昨夜話題にしたばかりであった。
 木は切られてもまた新芽を吹き、若枝の絶えることはない。(14:7)
 「我ここに立つ」これはルターが口にした言葉であるが、あの中世の時代に、圧倒的に支配するこの世の権力を向こうに回してたったひとりで立ち向かったルターの戦いが、この日、私の中で、国策を背にする電源開発と正面に向き合い一歩も引かず戦う「あさこはうす」の厚子さんの戦いと完全に重なり合って一つになった。最終日、大間原発訴訟裁判の原告団で弁護団代表の河合さんの報告を聞くと、これはまぎれもなくルターが免罪符に異議を唱えたあの“ウオルムスの国会での戦い”そっくり!である。記念植樹に込められた“希望”をつなぎたい。




スポンサーサイト
2012/11/25(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。