津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「あなたは神の国から遠くない」(マルコ12:28-34)
マルコ12:28-34、2012・11・11、聖霊降臨後第24主日(典礼色―緑―)、申命記6:1-9、ヘブライ人への手紙7:24-28

マルコによる福音書12-28-34
 彼らの議論を聞いていた一人の律法学者が進み出、イエスが立派にお答えになったのを見て、尋ねた。「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか。」イエスはお答えになった。「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』第二の掟は、これである。『隣人を自分のように愛しなさい。』この二つにまさる掟はほかにない。」律法学者はイエスに言った。「先生、おっしゃるとおりです。『神は唯一である。ほかに神はない』とおっしゃったのは、本当です。そして、『心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして神を愛し、また隣人を自分のように愛する』ということは、どんな焼き尽くす献げ物やいけにえよりも優れています。」イエスは律法学者が適切な答えをしたのを見て、「あなたは、神の国から遠くない」と言われた。もはや、あえて質問する者はなかった。



説教「あなたは、神の国から遠くない」(マルコ12:28-34)

今年マルコ福音書と共に歩んできた教会暦も気が付きましたら、もうあと、主日が3回ほどになりました。そして、本日の記事も、既にエルサレムにおいて、マルコによれば、主が十字架におつきになるために、お入りになったところでのある律法学者との対話のやり取りであります。宣言物語という範疇に属するとも言えましょう。サドカイ派が復活はないとして主イエスに議論を吹きかけ、7人の兄弟が次々と死に、レビラート婚に従って、一人の女を次々と妻として受け継いだとき、復活があるものなら、天の国では彼女はだれの妻になるのかと論争したのでありますが、天の国では、死者たちは天使のようになって、地上の夫婦がそのまま夫婦になるということなどはないと主は論破されたのでありますが、それに続いて、一人の律法学者がそばによって来て、主イエスが立派にお答えになったのを見て、質問するのであります。
神の掟、旧約聖書において特に律法学者たちによっても、重視されていたモーセ五書においては、第一に大切な掟は、どの掟、命令でしょうかと尋ねるのであります。この律法学者は、他の一般的に主イエスに対抗し、悪意、敵対心を持っていた律法学者やファリサイ派どもとは違って、主イエスを尊敬していたようであります。ひょっとしたら、もっと早く、ガリラヤ宣教のころのエピソード、出来事であったのを、最後のエルサレムにおける出来事として、マルコがここにあえて、先延ばしにして編集しているのかもしれない。
さて、主イエスはそれはこうだと答えられます。聞け、イスラエルよ、私たちの主なる神は一なる主であり、他に、この主ヤハウェしかおられない。あなたは主なる神、ヤハウェをあなたの心の全体から、あなたの魂の全体から、あなたの思いの全体から、また、あなたの力の全体から愛するであろう。
そのように、先ず答えられるのであります。それは、4つの側面から分析的に主ヤハウェを愛せよというのではなく、先ず神が私たちを一方的に愛して下さっていることから、私たちの人格のすべてを投入して神の愛に応答するようにと言われるのであります。旧約聖書のうち、どの掟が最も大切かについては、主イエスの時代にも議論されることが多かったのであります。
当時のラビ、ユダヤ教の教師として有名なヒレルによると、あなたがされて嫌なことを他人にもしないように、それが、第一の掟であり、残りの全旧約聖書は、その注解、その掟の解釈にすぎないと教えたのでありました。
ここで、主イエスは、さらに、加えて、第2の命令は、これであると言われます。すなわち、あなたの隣人をあなた自身のように、あなたは愛するであろう、愛さなければならないと、言われます。申命記6章4-5節とレビ記19章の18節を主は、これら以上に大きな命令はないと答えられたのであります。いずれも、神がまず人を、出エジプトの体験を通して、憐れみ、私たちを愛の契約によって選ばれた民、イスラエルとして愛してくださったことから起こる愛であります。
私たちが神を愛するのは、歴史上中近東で栄えては滅びて行った大帝国や近隣の国々の神々のような偶像の神々ではなく、一なる主が一方的に私たちを顧み、愛してくださったからである。私たちは、その神の愛にただ応答するしかない者であります。
質問したその律法学者は、お見事です、先生、本当です。すなわち彼(ヤハウェ)を心の全体から、理解力の全体から、力の全体から愛すること、そして、隣人を自分自身のように愛することは、焼き尽くす献げ物や犠牲よりもはるかに勝っていますと答えますと、主は、あなたは、神の国から遠くないと答えられ、もはや、彼にあえて質問しようとする者はいないのであったと、本日の記事は結ばれているのであります。
初めから、神が私たちを愛してくださったように、私たちも神を同じように愛する(アガパオー)ことは必ずしもできることではありません。だからこそ、旧約の民たちは、日毎に、あるいは日中にも何回も、シェマー、イスラエルとこの申命記の掟を繰り返して口にし、忘れないように励んだのであります。
神を人間の側から愛する(アガパオー)という表現は、新約聖書に7回ほどしか出てきません。これは、本来神の側から、人間に対して抱く無償の愛だからであります。 
また、それと共に、隣人を自分を愛するように愛することも、私たちには容易な業ではありません。私たちが隣人を愛する(アガパオー)ことは、実際には自己献身・自己犠牲の愛へと少しずつ成長していくしかないものだと思います。そして、それはイエスがなさったあの良きサマリア人の譬えにあるような献身的な憐れみの愛であります。
さて、この律法学者は思慮深く答えたので、あなたは神の国から遠くない、神の主権に近いところにいると主イエスによって認められ、励まされるのであります。これは、終末論的な、死とか天国と地獄とか最後の審判における神の国においてその領域にあるもの、そこに近いものと認められたというよりも、現在、イエスのご来臨において、神の支配の切迫している只中で、あなたはその近くにいる、救いに近い所にいると主イエスは保証なさったのであります。
 一なる私たちの神なる主への愛と、隣人、すべての国籍や身分を超えた仲間への愛が、切迫している神の国、神の統治・主権において求められているのであります。本日登場した律法学者は、その神の国から遠くない、離れていないと主によって約束を与えられました。
 私たちは、どうでありましょうか。特に日本では、八百万の神が今でも崇拝されていると言っても過言ではありません。出エジプト、バビロン捕囚からの解放をなさしめた聖書の一なる神を信じることは決して容易なことではありません。確かに仏教や神道にも、長く日本人を支えて来た尊い教えがあり、伝統があり、私たちは、それに尊敬と畏敬の念をもって、対話し、協力すべきところでは協力し合い、理解し合うということを忘れてはなりません。
 しかし、私たちは、聖書に語り伝えられてきた一なる神、主、ヤハウェの神を信じ、そして、その神が送りたもうた唯一の御子イエス・キリストの謙遜と十字架の愛と復活を信じる強い信仰がなければなりません。
 私たちが、教会に週ごとに集まり、礼拝し、聖餐を受け、また、週の半ばにも、数名の者がみ言葉の学びと祈りのために集められるのは、この一なる神への愛のためであり、また、仲間である隣人への愛のためであります。世の中には慌ただしい変遷の現実がありますが、その中で、常に一なる神を覚えることによって、私たちもまた、主イエスから「あなたは、神の国から遠くない」と約束されるのであります。多忙な中にあっても、静寂な生活の中にあっても、この一なる神と隣人への愛をもって、聖書を離さず信仰生活を全うしましょう。アーメン。



説教のご案内
 
○11月25日(日)午前10時半からの聖霊降臨後最終主日の説教奉仕に、日本福音ルーテル教会引退教職、栗原茂牧師がお出でになられます。こぞって、ご参集ください。
 
説教者、栗原茂牧師
説教題「戸口から見える世界」(マルコによる福音書13:24-31)
スポンサーサイト
2012/11/11(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。