津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「この世の苦難と勝利」(ヨハネ16:25-33)
ヨハネによる福音書16:25-33
 「わたしはこれらのことを、たとえを用いて話してきた。もはやたとえによらず、はっきり父について知らせる時が来る。その日には、あなたがたはわたしの名によって願うことになる。わたしがあなたがたのために父に願ってあげる、とは言わない。父御自身が、あなたがたを愛しておられるのである。あなたがたが、わたしを愛し、わたしが神のもとから出て来たことを信じたからである。わたしは父のもとから出て、世に来たが、今、世を去って、父のもとに行く。」弟子たちは言った。「今は、はっきりとお話しになり、少しもたとえを用いられません。あなたが何でもご存じで、だれもお尋ねする必要のないことが、今、分かりました。これによって、あなたが神のもとから来られたと、わたしたちは信じます。」イエスはお答えになった。「今ようやく、信じるようになったのか。だが、あなたがたが散らされて自分の家に帰ってしまい、わたしをひとりきりにする時が来る。いや、既に来ている。しかし、わたしはひとりではない。父が、共にいてくださるからだ。これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによって平和を得るためである。あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。」








説教「この世の苦難と勝利」(ヨハネ16:25-33)

本日は、全聖徒主日であります。聖徒とは、聖人君子といった意味ではなく、自分の力や功績によってはとても生きられないと痛感し、神によりすがって生き、あるいは生きてきたすべての者たちを指しています。
本日の聖壇の布は、白で、神ご自身を表しているのです。そして本日の福音は、ヨハネ16:25-33が与えられています。主が弟子たちと別れる間際にした最終講話・説教の1節であります。
主は、初めから、父なる神と臨在しておられましたが、父は、御神は、独り子イエスをこの世界に送り、そして、肉をまとい、当時の極刑でもあり、恥辱でもあった十字架におつきになり、復活して、天の父の右にお戻りになることを、本日の主は語っておられます。これまでは、なぞめいた象徴的な言論を主はなさっていましたが、本日の個所では、率直に、あけすけに、今から起こることを、語られています。主は、父のもとからこられ、この世界の悪しき者をご存知であります。主は、しかし、十字架と復活を通してこの世に打ち勝たれるのであります。まもなく、弟子たちは、主の受難のとき、ちりぢりにされ、おのおのその家へと、ガリラヤへと、イエスを独り残して、帰っていくときが来る、否既に来ていると、明白に言われるのです。
弟子たちは、主がすべてを知っておられ、誰も質問しなくても、人間のうちに何があるか、すなわち、その幼いときから、人間の心に悪が、罪があることをご存知でした。
主は、しかし、一人ではなく、父と共にいると言われます。受難のときも、十字架のときも父なる神と一緒におられるのであります。そして、主は、あなた方が、平和を持つために、このことを言っておくと言われました。
この世ではあなた方には苦悩、苦痛があるが、しかし、元気を出せ。私は世に既に打ち勝っていると言われるのであります。
本日は、津田沼教会につながる先に天に召された方々と共に、礼拝をし、聖餐に与ります。私たちは、聖餐式のとき、先に天国に行かれた方々と共に、聖餐に与っているのであります。先になくなられた方の涙を、主はみ国で拭い取ってくださいます。
色々な、最期の時を、この方々は迎えたでありましょう。人は生きてきたように死んでいくといわれます。十分なお別れもできずに亡くなられた方も少なくないでしょう。しかし、主は、すべてをご存知で、その方々を慰め、休ませてくださっています。私たちは、み言葉によって元気を出し、残された人生を精一杯歩んで生きたいものであります。アーメン。
スポンサーサイト
2012/11/04(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。