津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「第二の受難と復活の予告」(マルコ9:30-37)
マルコ9:30-37、2012・09・30、聖霊降臨後第18主日(典礼色―緑―)、エレミヤ書11:18-20、ヤコブの手紙4:1-10

マルコによる福音書9:30-37
 一行はそこを去って、ガリラヤを通って行った。しかし、イエスは人に気づかれるのを好まれなかった。それは弟子たちに、「人の子は、人々の手に引き渡され、殺される。殺されて三日の後に復活する」と言っておられたからである。弟子たちはこの言葉が分からなかったが、怖くて尋ねられなかった。

 一行はカファルナウムに来た。家に着いてから、イエスは弟子たちに、「途中で何を議論していたのか」とお尋ねになった。彼らは黙っていた。途中でだれがいちばん偉いかと議論し合っていたからである。イエスが座り、十二人を呼び寄せて言われた。「いちばん先になりたい者は、すべての人の後になり、すべての人に仕える者になりなさい。」そして、一人の子供の手を取って彼らの真ん中に立たせ、抱き上げて言われた。「わたしの名のためにこのような子供の一人を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。わたしを受け入れる者は、わたしではなくて、わたしをお遣わしになった方を受け入れるのである。」




説教「第2の受難と復活の予告」(マルコ9:30-37)

本日は、聖霊降臨後第18主日であります。マルコ福音書とともに歩んで来ましたB年の教会暦も残すところ、本日を含めてあと9回の主日になりました。本日の個所、マルコ福音書9:30-37は、第2の受難と復活の予告、9:30-32と9:33-37の部分に分けることができます。
主イエスの一行は、先週のフィリポ・カイザリア地方での第1回目の受難、復活予告の後、恐らくヘルモン山における主の変貌の出来事、そして、下山してからの汚れた霊にとりつかれた子の癒しのあと、そこから、出て行き、ガリラヤを通って進んでいましたが、主は、誰かに知られることを望んでおられませんでした。
元の文を見ると、なぜなら、彼は彼の弟子たちに教えておられ、彼らにこう語っておられたからであるとなっています。
すなわち、人の子は、人々の手に渡され、彼らは彼を殺し、彼は殺された後、三日後に起き上がる、復活するというのであります。これは、裏切り者ユダによって人々の手に渡されるというよりも、神のご計画に従って引き渡されるというのであります。
イエス・キリストは世界の4大聖人と歴史では紹介されますが、私たちのために、神のご計画に従って殺されることになっている点が他の聖人たちと異なるのであります。弟子たちは、この時も、主の言葉が分かりませんでした。そして、主に尋ねることを恐れていたと記されています。
特にマルコの弟子像は、無理解の弟子たちなのであります。そして、彼らはカファルナウムにやって来て、主イエスは、家に入ると弟子たちに質問されるのであります。道において何をあなたたちは、論じ合っていたのか。彼らは黙然たりと聖書は記しています。なぜなら、彼らは、道々、誰が一番偉いかと討議していたからであるというのです。
いよいよガリラヤ宣教が終わって、エルサレムへの道を進んでいるときになっても、弟子たちはその弟子としての序列、優劣を論じ合っていたのであります。その時から、2000年経った今も、私たちの教会の現実も大同小異ではないでしょうか。
主は座って、彼らを呼び寄せ、言い聞かせるのであります。あなたたちのうちで、1番でありたい者は、すべての者の最後にならなければならない、そして、その者は、すべての者に仕える者、ディアコノスになるであろうと言われるのであります。私たちは名誉を求め、いい評判を得たいと願います。
しかし、主イエスは、ご自分の死と復活を通して、すべての人の贖いとして、身代金として、ご自分の命を投じるために、来られた方なのであります。弟子たちは、その点がよく分からないままで、エルサレムの道を主に同行しているのであります。
主は、一人の子供を受け取られ、みんなの真ん中に立たせ、抱いて言われます。私の名の上に、このような子供の一人を受け入れる者は、私を受け入れるのであり、私を受け入れる者は、私ではなく、私を遣わされた方、すなわち、父なる神を受け入れるのであると権威に満ちた言葉を残されています。
子供は、親に信頼して育っていきます。教会の中において、小さい者たち、弱い者たちを主イエスの名のゆえに、受け入れる者こそ、自分ではなく自分を死と復活に与らせるために遣わされた父なる神を受け入れる者であり、そういう者こそが、教会、あるいは、神の国、神の支配の中で一番偉い、一番大きな存在であると謙遜に、そして、父なる神に従順に言われるのであります。私達は、神様から与えられた命をそのように生かしていきたいものです。

 人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るように。






スポンサーサイト
2012/09/30(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。