津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「人間のための安息日」(マルコ2:23-28)
マルコ2:23-28、2012・06・24、聖霊降臨後第4主日(典礼色―緑―)、申命記5:12-15、コリントの信徒への手紙二4:7-18

マルコによる福音書2:23-28
 ある安息日に、イエスが麦畑を通って行かれると、弟子たちは歩きながら麦の穂を摘み始めた。ファリサイ派の人々がイエスに、「御覧なさい。なぜ、彼らは安息日にしてはならないことをするのか」と言った。イエスは言われた。「ダビデが、自分も供の者たちも、食べ物がなくて空腹だったときに何をしたか、一度も読んだことがないのか。アビアタルが大祭司であったとき、ダビデは神の家に入り、祭司のほかにはだれも食べてはならない供えのパンを食べ、一緒にいた者たちにも与えたではないか。」そして更に言われた。「安息日は、人のために定められた。人が安息日のためにあるのではない。だから、人の子は安息日の主でもある。」



説教「人間のための安息日」(マルコ2:23-28)

 本日の福音の部分は、論争物語とよばれる物語の一節であります。安息日に、主イエスと弟子たちが麦畑を通り過ぎて行く出来事が起こりました。主イエスは先頭を行かれ、その12弟子たちは後に続きながら、麦畑のその麦の穂をつまみ取っては食べながら進んでいました。実は、これは、ユダヤの律法では許されることでありました。隣人の者たちは、その畑で、好きなだけ、取って食べてもよい、ただし、鎌を入れてはならないという美しい法律が、旧約聖書の中に見られるのであります。
 ただ、ここで、それをどこからか見ていたファリサイ派どもは、それが、安息日であったことを指摘して、麦の穂を摘み取ることも、彼らの解釈によれば、安息日にしてはならない労働に当たるとしていたのであります。
 法律を守ること自体が、人間よりも、先走って、重大なことになってしまっていました。ご存じのように、安息日とは、7日目に、主なる神が天地創造のわざを終えて、それをすべて見て、その目に適い、良かったとして、休まれたことから、生まれたものであります。
 神の業を想い起こし、あるいは、出エジプトを導かれた主なる神の業を、思い起こすために、神にならって、7日目を人間も休むことになったのであります。
 昔、法学生のころに、人間のための法律か、法律のための人間かといった法哲学を学んだ記憶があります。「権利のための闘争」といった本を買って読んだ記憶もあります。
 当時のファリサイ派は、むしろ「安息日のための人間」を重視し、安息日そのもののほうが、より大切であると考えるようになってしまっていました。
 主イエスは、人間のための安息日であり、さらに、ご自分は、安息日の主でもあると言い切りました。神のもと、父のもとから、神のご意志に従って、この世界にお出でになり、人間を罪から解き放つために、十字架で死に、罪に死んで、三日目に復活させられるためにお出でになられたことを、敵対者たち、当時の宗教的エリートに向かって宣言されたのであります。
 現在では、安息日は、キリスト者にとって、土曜日ではなく、主が復活された日曜日に合わせて世界中で、日曜日に守るのが大勢となりました。
 私たち、キリスト者にとっては、日曜日から始まる1週間は、神のみ言葉を聞いて始まり、1週間の新たな生活へと、リセットする大切な時であります。
 しかし、なかなか、「人間のための安息日」を守ることは、難しいものがあります。特に牧師にとっては、日曜日には説教の働きが与えられています。一番大切な日曜日の、神の言葉を語るべき日に、説教準備で疲れ果てて、主日を迎えるという悪循環に染まっているのが、私にとっては現実であり、牧師になって18年を過ぎましたが、未だに克服されていない大きな課題であります。
 けれども、いずれにしても、主日は、特に福音書との葛藤を経ての安息日であります。非常に大変なのですけれども、主イエスのみ言葉とみ業に向かい合うことが許されているその幸いをも、実感させられるのであります。皆さんに、この弱き器のために祈ってもらいたいと、心から念ずる者であります。

 人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、キリスト・イエスにあって、あなた方と共にあるように。
スポンサーサイト
2012/06/24(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。