FC2ブログ
津田沼教会 牧師のメッセージ
「心を一つにして」(マタイ18:15~20)
マタイ18:15-20、聖霊降臨後第19主日(緑)、2005・09・25
エゼキエル33:7-9、ローマ12:19-13:10

マタイによる福音書18:15~20
 「兄弟があなたに対して罪を犯したなら、行って二人だけのところで忠告しなさい。言うことを聞き入れたら、兄弟を得たことになる。聞き入れなければ、ほかに一人か二人、一緒に連れて行きなさい。すべてのことが、二人または三人の証人の口によって確定されるようになるためである。それでも聞き入れなければ、教会に申し出なさい。教会の言うことも聞き入れないなら、その人を異邦人か徴税人と同様に見なしなさい。
 はっきり言っておく。あなたがたが地上でつなぐことは、天上でも解かれる。また、はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなたがたのうち地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる。二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」


2005年9月25日(日)聖霊降臨後第19主日、主日礼拝午前10時30分より
説教題「心を一つにして」(マタイ18:15~20)渡辺賢次牧師
同日、教会学校9時30分より、説教渡辺賢次牧師「2、3人の祈り」

2005年9月25日(日)午後2時~4時、総武地区合同聖餐礼拝、津田沼教会にて
テーマ「神に向かって立とう」松田繁雄牧師(小岩教会牧師)説教
    礼拝後、西村陽平先生の作品展示・証し(津田沼教会員)
どなたでもご自由に出席下さい!
スポンサーサイト
2005/09/25(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)