津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「私の羊を飼いなさい」(ヨハネ21:15-19)
ヨハネ21:15-19、2012・04・29、復活節第3主日(典礼色―白―)、使徒言行録4:23-33、ヨハネの手紙一3:1-2

ヨハネによる福音書21:15~19
 食事が終わると、イエスはシモン・ペトロに、「ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか」と言われた。ペトロが、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「わたしの小羊を飼いなさい」と言われた。二度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。」ペトロが、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「わたしの羊の世話をしなさい」と言われた。三度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、私を愛しているか。」ペトロは、イエスが三度目も、「わたしを愛しているか」と言われたので、悲しくなった。そして言った。「主よ、あなたは何もかもご存じです。わたしがあなたを愛していることを、あなたはよく知っておられます。」イエスは言われた。「わたしの羊を飼いなさい。はっきり言っておく。あなたは、若いときは、自分で帯を締めて、行きたいところへ行っていた。しかし、年をとると、両手を伸ばして、他の人に帯を締められ、行きたくないところへ連れて行かれる。」ペトロがどのような死に方で、神の栄光を現すようになるかを示そうとして、イエスはこう言われたのである。このように話してから、ペトロに、「わたしに従いなさい」と言われた。



説教「私の羊を養いなさい」(ヨハネ21:15-19)

本日の福音は、先週の福音に続くヨハネ福音書21:15-19であります。弟子たちがティベリアス湖のほとりで、復活の主によって、食事のもてなしを受けるという部分に続きますが、局面は変わっています。
彼らが食事を取った後、主イエスは、ペトロに問うのであります。ヨハネの子シモン、あなたは、彼ら以上に、私を愛するか。これは、アガパオーという動詞が使ってあります。ペトロは、はい、主よ、私があなたを愛するのはあなたがご存知ですと。これは、フィレオーという動詞が使ってあります。心持ち、慕うといったニュアンスでしょうか。
すると、主は、私の小羊どもを飼いなさいと命じられます。そして、また、ヨハネの子シモンよ、私を愛するかと言われますと、また、ペトロは、はい、私があなたを愛していることはあなたがよくご存知ですといいます。主は、私の羊どもを世話しなさいといいます。
そして、3度目も、ヨハネの子シモンよ、あなたは、私を愛するか、今度は、フィレオーという、ペトロが用いていた言葉で問われます。ペトロは、三度までも、同じことを問われますので、悲しくなって、言います。
はい、主よ、あなたを私が愛していることは、あなたが良くご存知ですと。すると、主は、あなたの羊を飼いなさい、と、原文を見ると、音楽のように、言葉を微妙に変化させながらやり取りを記しているのです。ペトロは、三度、主を否定したことを思い出して悲しくなったのでしょう。
しかし、主は、そのことをじかに、問責することなく、弟子たちの筆頭格としてのペトロの復権を、生前に約束したとおりに、宣言するのであります。そして、よくよくあなたに言っておくが、あなたは、若いときには自分で帯を締めて好きなところへと歩き回っていたが、年老いたときには、両手を差し伸べて、他の人があなたを縛り、あなたの欲しないところへと連れて行くであろうといわれました。
これは、ペトロが神の栄光を表わすその死について預言されたのであると、この聖書の記者、愛された弟子は記しているのであります。伝説によると、ペトロは、ローマで逆し十字架刑によって、殉教したと言われています。
今日の主日の祈りにありますように、わたしたちもまた、ペトロに続いて、自分たちに任せられている羊たちを養い、飼うように、失われた者、傷ついた者を世話し、牧会的に配慮するように復活の主により、ゆだねられています。
牧師も、教会によって養われ、成長させられます。信徒も、牧師によってみ言葉のとき証しを受け、養われます。夏見母子ホームの今は結婚でやめて行かれたた職員の人が、数年前のことでありますが、年賀状に、教会に行くと自分は独りではないことが分かりますと書いてくれていました。そうです。私たちは、しばしば困難から逃げ出したり、へこたれたりしますが、復活の主が、その度ごとに、私たちを立たせてくださり、私の羊を飼いなさいと言われて、今も、励ましてくれているのです。それを、信じて教会につながり続けましょう。アーメン。

スポンサーサイト
2012/04/29(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。