津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「暗闇で分けた命」(ヨハネ21:1-14)立野泰博牧師
ヨハネ21:1-14、2012・04・22、復活後第2主日(典礼色―白―)使徒言行録4:5-12、ヨハネの手紙一1:1-2:2

ヨハネによる福音書21:1-14
 その後、イエスはティベリアス湖畔で、また弟子たちに御自身を現された。その次第はこうである。シモン・ペトロ、ディディモと呼ばれるトマス、ガリラヤのカナ出身のナタナエル、ゼベダイの子たち、それに、ほかの二人の弟子が一緒にいた。シモン・ペトロが、「わたしは漁に行く」と言うと、彼らは、「わたしたちも一緒に行こう」と言った。彼らは出て行って、舟に乗り込んだ。しかし、その夜は何もとれなかった。既に夜が明けたころ、イエスが岸に立っておられた。だが、弟子たちは、それがイエスだとは分からなかった。イエスが、「子たちよ、何か食べる物があるか」と言われると、彼らは、「ありません」と答えた。イエスは言われた。「舟の右側に網を打ちなさい。そうすればとれるはずだ。」そこで、網を打ってみると、魚があまり多くて、もはや網を引き上げることができなかった。イエスの愛しておられたあの弟子がペトロに、「主だ」と言った。シモン・ペトロは「主だ」と聞くと、裸同然だったので、上着をまとって湖に飛び込んだ。ほかの弟子たちは魚のかかった網を引いて、舟で戻って来た。陸から二百ペキスばかりしか離れていなかったのである。さて、陸に上がってみると、炭火がおこしてあった。その上に魚がのせてあり、パンもあった。イエスが、「今とった魚を何匹か持って来なさい」と言われた。シモン・ペトロが舟に乗り込んで網を陸に引き上げると、百五十三匹もの大きな魚でいっぱいであった。それほど多くとれたのに、網は破れていなかった。イエスは、「さあ、来て、朝の食事をしなさい」と言われた。弟子たちはだれも、「あなたはどなたですか」と問いただそうとはしなかった。主であることを知っていたからである。イエスは来て、パンを取って弟子たちに与えられた。魚も同じようにされた。イエスが死者の中から復活した後、弟子たちに現れたのは、これでもう三度目である。


説教「暗闇で分けた命」(ヨハネ21:1-14)立野泰博牧師

ある雑誌にラオスでドングリを食べた話が書いてありました。その話は次のようなものでした。ある時、山奥の村にでかけていったとき、夕食に単に茹でたドングリがでたそうです。特に美味しい訳でもなかったけれど、いつのまにかなくなっていたというものです。その作家は出来事を振り返り「もともと人間の食とは、そこにあるものを食べるということ」と思ったそうです。
「そこにあるものを食べる」。それを料理して美味しく食べるのが文化ですが。しかし、そこにないものを高いお金を出して食べるということは、本来の「食」の在り方だろうかというような「食」について問いかけている内容でした。
たしかに、食について考えることがたくさんあります。美味しいと思う部分のみを食べ、それ以外は捨ててしまう。賞味期限などというものに惑わされる。本来の食べるということからかなり間違った方向を歩んでいるのかもしれません。子供たちの「食育」ということも言われています。
そこにある物とは、神様がその人に与えた物ということでしょう。その人にあった物を神様は与えられる。与えられたものを、そのままいただくことの難しさを感じます。神様の愛を素直に受けることで、私が生かされるはずなのに素直に受けられないでいるのと同じです。本当には何が大切かを考えなければなりません。
ラオスのドングリの話を読みながら、そこにしかないものだけれど、そこにあってはじめて輝くものもあると思います。本来、神様から与えられている「食」というテーマの中で、いったい私たちはどこに一番の大切なものをおいているでしょうか。「食」は「命」であると私たちは知っています。今日もそこにある命を感謝していただけただろうか。食は命であるということ。その命を復活のイエス様は弟子たちに用意してくださっていたのです。
本日の聖書をみてみましょう。復活されたイエス様が、エルサレムで数度にわたって弟子たちに現れてくださった出来事がかかれています。今日の福音書では、その後ティベリア湖(ガリラヤ湖)での出来事です。
イエス様は復活して弟子たちに姿をみせられたのは、エルサレムでのことでした。その後、弟子たちは故郷のガリラヤに帰っていきました。マルコ福音書では「ガリラヤへ行け」とあります。ヨハネ福音書にはそれがありません。復活のイエス様に出会ったにもかかわらず、すぐに宣教をはじめたわけでなく彼らは元の職業に戻ってしまったのです。神様の計画によってもう一度原点に戻らされたのです。
さて、ペトロをはじめ7人の弟子たちは漁にでていきました。しかしその夜は一匹も魚はとれませんでした。私たちはこの話から、イエス様と弟子たちがはじめて出会った出来事を思い出します。あの「人間をとる漁師にしよう」として召された出来事です。やがて夜明けがやってきます。何もとれず疲労困憊している弟子たちを、イエス様が岸でまっておられました。しかし、不思議なことにそれがイエス様であるとわからなかったと記してあります。イエス様は「子たちよ、何か食べるものがあるか」と聞かれました。「何か食べるものはあるか」とは不思議なことばです。その声からも弟子たちはそれが誰かわかりませんでした。普段の生活に戻ってしまった弟子たちは、復活のイエス様に出会っているにもかかわらずそれがわからない。自分の生活の中にのめりこんでしまい、イエス様との出会いに気がつかなくなっていたのです。私たちの生活も同じようです。毎日、復活のイエス様を感じているわけではありません。生活にまぎれて心が鈍くなっているのかもしれません。
そんな弟子たちにイエス様は舟の右側に網を打つように指示されました。ここが一番大切なところです。具体的な指示を出されたということです。「そこに網をおろせ」ではなく、「左に」でも、「前に」でもなく、「右側におろせ」といわれたのです。弟子たちはその言葉の通りにした。すると大漁の魚が取れたのです。イエス様の言葉を信じ、そのみ言葉に従う。弟子たちが思い出したのは、み言葉でした。その瞬間、岸に立っているお方が「主」だとわかりました。何気ない生活の中で、イエス様の御言葉にふれる瞬間がある。その瞬間が命としての御言葉をいただく時であり、そこにイエス様の存在を感じる時なのです。
イエス様は弟子たちのために岸辺にパンと魚を準備し、炭火を起こしておられました。今とった魚をもってこさせ「さあ、朝の食事をしなさい」といわれました。そして共に食事の席につかれました。弟子たちは何も言いませんでした。言えませんでした。イエス様の御言葉なしには魚はとれなかったし、食事もできなかったのです。復活のイエス様は本当に神様の子であり、そのイエス様が共にいてくださるのです。しかも食事の用意をして待っていてくださった。
十字架の出来事の時、弟子たちはイエス様を裏切り逃げてしまいました。イエス様を見捨てて自分たちを守ったのです。しかし、弟子たちの心は失望、悲しみ、痛み、苦しみにずっと心を切り裂かれていたと思います。だからすぐに宣教にでていく力がなかったのです。失望、苦しみを乗り越えなければならない。自分たちを受け止めなければならない。出来事があまりにも大きかったのです。
イエス様は、そんな弟子たちの苦しみを知りながら責めることはありませんでした。むしろ、食事を用意され、元気を取り戻させ、そして再び弟子として召されたのです。共にいると約束してくださったのです。暗闇にいた弟子たちはイエス様の命、パンを分け合うことで再び立ち上がる希望をえたのです。イエス様が最後に弟子たちに示された食事は、愛によってなされた聖餐式だったのです。イエス様の命を分けた出来事だったのです。
東日本大震災救援活動では多くの被災者の方々との出会いがありました。支援物資を届けたり、泥だしの清掃をしているとよく話しかけてくださいました。その中には津波の時の辛い体験、痛み苦しみを話してくださることもありました。その時にはいっしょに涙を流すことしかできませんでした。「うんうん」と聞きながら、何もできず言葉もなく、牧師である自分の無力さばかり突きつけられていました。そのたびに「いっしょにいてくれてありがとね」という被災者の言葉に慰められていました。そのような活動のなかで出会った「おにぎり」の話を2つさせていただきたいと思います。
津波から2週間頃のことでした。被災者のみなさんは公民館、学校などの避難所におられました。避難所といっても寒い中でブルーシートを敷いての集団ごろ寝状態でした。食べるものもいつ届くかわからない。しかしみなさん黙って耐えておられました。その日は自衛隊の人たちが食料を届けにこられました。わずかなおにぎりでした。一人1個でしょうか。それをわけあって食べます。小さな子供を抱えたお母さんにもおにぎりが配られました。その方は1個とられました。自衛隊の方は2個目を渡そうとされましたがうけとられません。「まだたくさんの人がおられますから」と。そして続けて言われたのです。「私はこの子が残したものを食べます」と。母親の愛は深いと教えられました。残るわけはない。それでもいいといわれたのです。まず子供に。そして共に生きる人々のことを思うことができる。共に苦しんでいるからこそ、愛が生まれるのだと思います。
もう一つの話です。その女性は地震がおこったとき石巻港の魚肉加工工場にいたそうです。大きな津波がくることはすぐにわかったといいます。そこですぐに車にのって家にいる年とったお母さんを助けにいきました。2階で震えておられたお母さんをつれ高台の公民館ににげることができました。しかし、夜の寒さを考え家に毛布、コートなどありったけの暖房できるものをとりに帰ったのです。そこに津波がやってきた。途中まで車で逃げたがあとは車を乗り捨て高台をかけのぼり間一髪で助かったとのことでした。それから地獄だったといいます。流されていく人、叫び声、泣き声、それが耳からはなれないと。助けられなかったことに心を痛めておられます。見捨てたといわれるのです。その苦しみは深いのです。
高台の公民館でも厳しい避難生活だったそうです。なにも食べるものがない。津波がひいた夜中に2階がのこっている家の人は自宅に帰り、食べるものが残っていたらそれをもちよったそうです。水は古い井戸を探し出し、やっと見つけ出して生き延びた。自衛隊がやってくるまでの1週間を毎日コップ1杯の水とお煎餅1枚で過ごしたというのです。その時、リーダーになる男の人の励ましと「俺たちはみんな生き残る。俺が何とかする。だから分け合って食べよう」の一言がどれだけ生きる力を与えてくれたかわからないというのです。
2週間後、やっと親戚の家に身をよせることができたといいます。そのとき、家の人がごはんをたいて「おにぎり」をくださったそうです。ここに命がある。次から次へと涙がながれた。泣きながらおにぎりを食べたのは初めてだったと。あの夜、暗闇で分けたのは命だった。共に分けて食べることは命を頂くことだった。炭火で炊いたごはんの暖かさに、命をいただいたと。
イエス様は私たちと共におられます。私たちに一番必要なものをご存知です。たった1個のおにぎりで、必要なすべてを満たしてくださるのです。そのおにぎりとは、イエス様が与えてくださるいのちの糧です。パンと葡萄酒であり、イエス様のからだと血です。私たちは礼拝のなかでこの命をいただきます。
私たちは暗闇の中にあっても、このパンによって力づけられます。それはイエス様そのものであり、それを共に分ける交わりをもっているからです。この交わりにひとりでも多くの人を招くために弟子たちは派遣されるのです。暗闇の中で分ける命。それはイエス様そのものです。アーメン。





スポンサーサイト
2012/04/22(日) 10:30:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。