津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「四十日の誘惑」(マルコ1:12-13)
マルコ1:12-13、2012・02・26、四旬節第1主日(典礼色―紫―)、創世記9:8-17、ペトロの手紙一3:18-22

マルコによる福音書1:12-13
 それから、“霊”はイエスを荒れ野に送り出した。イエスは四十日間そこにとどまり、サタンから誘惑を受けられた。その間、野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた。



説教「四十日の誘惑」(マルコ1:12-13)
 先週の水曜日、2月22日に、聖灰水曜日の礼拝が守られ、今年はその日から4月8日(日)の復活祭まで四旬節に入り、日曜日を除く40日間が始まっています。
 そして、四旬節の第1主日は、毎年、共観福音書から、荒れ野の誘惑の記事が与えられています。
 今日は、マルコ1:12-13節が与えられています。これは、主イエスが洗礼をお受けになり、主に向かって聖霊がくだってきた出来事に続く記事であります。後に、主はもう一度洗礼を受けねばならないと言われます。
 再度の洗礼とは、十字架の死と復活の出来事を示しているのです。
 昔、出エジプトの民は、葦の海を渡り、40年間の荒れ野の旅の果てに、もう一度ヨシュアがヨルダン川を渡るときに、主なる神によって、川底を通過することができたのであります。
 さて、私たち津田沼教会の礼拝に参加している多くの者たちは、洗礼を受けていますが、本日の主イエスの遭われた誘惑、あるいは試練を、私たちも人生の荒れ野の旅において、体験していくのであります。私たちは、しばしば、誘惑に負け、倒れ伏すでありましょうが、今日の主イエスの荒れ野での出来事を思い起こしながら、人生を歩んで行くのであります。
 そして、今日の記事は、このように始まっています。「そして、直ちに、“霊”は彼を荒れ野へと投げ出す、追いやる。そして、彼はサタンによって、四十日間、罪へと誘われておられた。そして、彼は野獣と一緒であった。そして、天使たちが来て、奉仕をしていた。」
この奉仕というのは、ディアコニオーという動詞で、仕える、特に給仕していたことを表わす言葉であります。熾烈なサタンとの戦いを耐え忍ばれていたのであります。
 サタンとは、もとは、天使で、天の法廷で人間を告発する検察官のような存在でしたが、バビロン捕囚期の頃から、神に敵対する悪魔を表現する者となっていました。
 荒れ野は、さそりや毒蛇がおり、獅子や熊や野山羊、ジャッカルのような狂暴な野生の獣が辛うじて生息できる場所でありました。その野獣どもが、主イエスと共にいたということであります。アダムの失楽園以前の状態が主イエスの到来によって回復されたことをも暗示しています。蝮の穴に童が手を入れても害されないというイザヤの預言が、ここに実現しているとも言えるでしょう。荒れ野は孤独な、生命がほとんど存在しない場所でありますが、それがかえって、神との交わりに適した場所ともなるのであります。
 顧みるに、私たちも、今もなお、人生の荒れ野に遭遇し、そこを旅しているキリスト者の群れであります。
 主イエスは、熾烈な、サタンとの誘惑、あるいは、試練、試みに遭いながら、イスラエルの民とは違って、それに屈することはなかったのであります。そして、天使たちが、共にいて、給仕をしてくれていたのであります。
 私たちは、新しいイスラエルの民とされているものです。なかなか思い通りに信仰生活、日常生活が送れない者でありますが、主イエスの洗礼と、十字架と復活に至る二度目の洗礼の間を、私たちも、歩んで行くのであります。
 このレントの時期を、心を静かにしながら、平安のうちに進んで行きましょう。そして、洗礼を希望される方がおられましたら、その準備にふさわしい時ですから、是非、申し出てください。そして、信者の方々も、かつてのおのおのの洗礼を思い起こしながら、主イエスとの交わりに再び生かされてまいりましょう。

 人知では到底測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るように。







スポンサーサイト
2012/02/26(日) 10:30:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。