津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「罪をゆるすお方」(マルコ2:1-12)
マルコ2:1-12、2012・02・12、顕現節第6主日(典礼色―緑―)、ミカ書7:14-20、コ
リントの信徒への手紙一9:24-27、JELC宣教の日

マルコによる福音書2:1-12
 数日後、イエスが再びカファルナウムに来られると、家におられることが知れ渡り、大勢の人が集まったので、戸口の辺りまですきまもないほどになった。イエスが御言葉を語っておられると、四人の男が中風の人を運んで来た。しかし、群衆に阻まれて、イエスのもとに連れて行くことができなかったので、イエスがおられる辺りの屋根をはがして穴をあけ、病人の寝ている床をつり降ろした。イエスはその人たちの信仰を見て、中風の人に、「子よ、あなたの罪は赦される」と言われた。ところが、そこに律法学者が数人座っていて、心の中であれこれと考えた。「この人は、なぜこういうことを口にするのか。神を冒涜している。神おひとりのほかに、いったいだれが、罪を赦すことができるだろうか。」イエスは、彼らが心の中で考えていることを、御自分の霊の力ですぐに知って言われた。「なぜ、そんな考えを心に抱くのか。中風の人に『あなたの罪は赦される』と言うのと、『起きて、床を担いで歩け』と言うのと、どちらが易しいか。人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせよう。」そして、中風の人に言われた。「わたしはあなたに言う。起き上がり、床を担いで家に帰りなさい。」その人は起き上がり、すぐに床を担いで、皆の見ている前を出て行った。人々は皆驚き、「このようなことは、今まで見たことがない」と言って、神を賛美した。



説教「罪をゆるすお方」(マルコ2:1-12)

本日の福音はマルコ2:1-12であります。「ガリラヤの春」という、主イエスにとってある意味では順調な時期が、本日の部分以降かげりを見せ始めるのであります。本日の部分は、主イエスが、数日後、カファルナウムに再び戻って来られるという記事で始まっています。それは、ペトロの家での出来事であったかもしれません。
その家に、主イエスがいることが知られ、大勢がその家の戸口に向かってやって来て、隙間もないほどとなりました。その家の中で、主は福音を語っておられました。そこに、中風の患者、脳卒中のような、あるいは、半身不随で、手や足が麻痺したような患者を、4人の者たちが、担架のようなもの、あるいは、マットレスのようなものに、乗せてやってくるのであります。しかし、入口も人で一杯で、仕方なくどうにもならないところでありますが、途方もなく熱心な彼らは、家の脇の階段を通って屋根に上ります。平坦な、梁の間を枝や泥で固めた簡単な屋根であります。そして、彼らは、主イエスがおられる上の辺りを屋根を取り除き、泥を掘り出して、そこから、その人を、床ごとつりおろすのであります。
その彼らの信仰を見て、「子よ、あなたの罪どもは赦される」と主は語られるのであります。そこに、律法学者たちも座っていて、彼らは心の中で、彼は冒涜している。神のほかにだれが、人の罪どもを赦すことができようかと、心の中であれこれ熟考していたのであります。
主は、その霊でもって、彼らの考えていることを見抜いて、何をあなた方は、心の中で、熟考しているのか。人の子が罪を赦す権威を持っていることを知らないのか。「あなたの罪は赦される」ということと、「あなたの床から起き上がって、歩き回れ」ということと、どちらがたやすいかとお聞きになるのであります。あなたの罪どもは赦されるというほうが、難しいのではないでしょうか。それは、見えないからであります。しかし、主は、人の子が罪を赦す権威を持っていることをあなた方が知るためにといって、「あなたは起き上がりなさい、そして床を担いで、自分の家に帰りなさい」と語られたのであります。すると、彼はすぐに起き上がり、みんなの見ている前を床を持ち上げて出て行ったのであります。そこにいたすべての人々は、仰天し、「こんなことは、今まで一度も見たことがない」といって、神の栄光をたたえたのでありました。
私たちの罪をも、主は赦すことのできる神からの代理者・代表者なのであります。私たちも、罪赦されて今も主イエスを通して、心も体もいやされて、まったきものとされていることを感謝しながら、み言葉に、福音に耳を傾け、従って歩んでいきましょう。

人知では到底測り知ることのできない平安が、あなた方の心と思いとを、キリスト・イエスにあって、守るように。

スポンサーサイト
2012/02/12(日) 10:30:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。