FC2ブログ
津田沼教会 牧師のメッセージ
「小さい者をつまずかせない」(マタイ18:1~14)
マタイ18:1-14、2005・09・18、聖霊降臨後第18主日(緑)
エレミヤ書15:15-21、ローマの信徒への手紙12:1-8

マタイによる福音書18:1~14

 そのとき、弟子たちがイエスのところに来て、「いったいだれが、天の国でいちばん偉いのでしょうか」と言った。そこで、イエスは、一人の子供を呼び寄せ、彼らの中に立たせて、言われた。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない。自分を低くして、この子供のようになる人が、天の国でいちばん偉いのだ。わたしの名のためにこのような一人の子供を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。」

 「しかし、わたしを信じるこれらの小さな者の一人をつまずかせる者は、大きな石臼を首に懸けられて、深い海に沈められる方がましである。世は人をつまずかせるから不幸だ。つまずきは避けられない。だが、つまずきをもたらす者は不幸である。もし片方の手か足があなたをつまずかせるなら、それを切って捨ててしまいなさい。両手両足がそろったまま永遠の火に投げ込まれるよりは、片手片足になっても命にあずかる方がよい。もし片方の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出して捨ててしまいなさい。両方の目がそろったまま火の地獄に投げ込まれるよりは、一つの目になっても命にあずかる方がよい。」

 「これらの小さな者を一人でも軽んじないように気をつけなさい。言っておくが、彼らの天使たちは天でいつもわたしの天の父の御顔を仰いでいるのである。あなたがたはどう思うか。ある人が羊を百匹持っていて、その一匹が迷い出たとすれば、九十九匹を山に残しておいて、迷い出た一匹を捜しに行かないだろうか。はっきり言っておくが、もし、それを見つけたら、迷わずにいた九十九匹より、その一匹のことを喜ぶだろう。そのように、これらの小さい者が一人でも滅びることは、あなたがたの天の父の御心ではない。」

2005年9月18日(日)主日礼拝 午前10時半~11時半
説教「小さい者をつまずかせない」(マタイ福音書18章1節~18節)

同日 午前9時半~10時15分、教会学校、
説教:渡辺賢次牧師「こどものようにならなければ、天の国に入れない」
特に小学生までのこどもの礼拝と分級(お遊びなど)
スポンサーサイト
2005/09/18(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)