津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「種蒔きのたとえ」(マタイ13:1-9)
マタイ13:1-9、2011・07・31、イザヤ書55:10-11、ローマの信徒への手紙8:18-25、聖霊降臨後第7主日(典礼色―緑―)

マタイによる福音書13:1-9
 その日、イエスは家を出て、湖のほとりに座っておられた。すると、大勢の群衆がそばに集まって来たので、イエスは舟に乗って腰を下ろされた。群衆は皆岸辺に立っていた。イエスはたとえを用いて彼らに多くのことを語られた。「種を蒔く人が種蒔きに出て行った。蒔いている間に、ある種は道端に落ち、鳥が来て食べてしまった。ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、そこは土が浅いのですぐ芽を出した。しかし、日が上ると焼けて、根がないために枯れてしまった。ほかの種は茨の間に落ち、茨が伸びてそれをふさいでしまった。ところが、ほかの種は、良い土地に落ち、実を結んで、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった。耳のある者は聞きなさい。」




説教「種蒔きのたとえ」(マタイ13:1-9)

今日は7月31日で、明日から8月に入りますが、本日の種蒔きのたとえは、これから始まります猛暑の時期に、また、お盆などを前にして、ふさわしい聖書の個所のように、思われます。マタイ13:1-9について、今一度、状況を思い起こしてみましょう。
主は、かの日において、家から出て行かれて、それは、ペトロの家であったかもしれませんが、そして、海に沿って、ガリラヤの湖のほとりに、座っておられたのであります。
そして、大勢の群衆どもが、集められたので、群衆に押しつぶされないために致し方なく、主は舟に乗り込まれ、そこに腰をかけられたのであります。一方、すべての群衆は、岸に沿って、立っていたのであります。
主は、「多くのことどもを、譬え、パラボレーにおいてお語りになりながら、しゃべっておられた」のであります。この譬えという言葉は、多くの意味を持っています。謎とか、格言とか、比較とかことわざをも意味します。ここでは、天の国、神の支配を譬えておられたのでありましょう。
主は言われます。「見よ、種蒔きが種を蒔きに出て行った。」ところで、当時のパレスチナでは、土地を耕してから種蒔きをする場合と、種蒔きをして後に、土を耕すやり方と両方行われていたようであります。ここでは、いろいろな場所に種どもが、蒔かれていきますので、種蒔きをした後に、土地を耕す方法がより考えやすいかもしれません。まず、「ある種どもは、道に沿って、落ちていったのでありますが、鳥どもがやって来てそれらを全部平らげてしまいました。」
二番目の種どもは、「土の深みを持たない石の多い土地、石地に落ちていった」のであります。そして、すぐに、芽を出しましたが、太陽がのぼると、根を深く持っていないので、枯らされてしまったのであります。
三番目の種どもは、「とげのある植物の中へと落ちていきました。しかし、その茨が上に伸びて、種どもを窒息させてしまいました。」
そして、最後、四番目の一群の種は良い地、「有益な土壌へと落ちていきました。そして、それらは実を与えていて、あるものは、100、あるものは60、また、あるものは、30をもたらしていた」と、主は、譬えで、語られ、最後に、耳のあるものは、聞くが良いとおっしゃられたのであります。
天の国、神の支配は、これを語られている主イエスとともに、やってきています。しかし、神の言葉を受け入れるか否かは、それを受け取る人々によって異なるのであります。全然、実を結ばないどころか、鳥に食い尽くされるものがあり、あるいは、石地で、太陽の熱によって、芽は出したものの枯渇してしまうものがあり、あるいは、茨によって、窒息させられて、実を結ぶに至らなかったものがあり、しかし、有益な良い地に蒔かれたものは、100倍、60倍、30倍の実を与えるということがおこります。私たちは、良い地として、100倍、60倍、30倍と豊な実を結ぶように、なぞめいた譬えで、本日は、示されているのであります。
私たちそれぞれが実を結ぶためには、毎日、み言葉に親しむ、あるいは、み言葉を食べるということが、求められているのであります。暑い夏が始まりますが、お盆など親しい方たちと親しく交わる場合も多いと思います。
そのような中で、神の種、神のみ言葉を、受け入れることができる、心の柔らかさをいつも、保持したいものであります。旅行や雑事で、聖書を読む暇もない時もありましょう。 
しかし、それと同時に、出合うすべての人々に、みことばの種蒔きをする主イエスと同等の栄誉と機会を私たちは与えられていることを、忘れないで、明日から始まる8月の暑い夏を元気に乗り切りたいものであります。まず、私たち自らが、み言葉を受容し、そこから、100倍、60倍、30倍のそれぞれにふさわしい実を結びたいものであります。

人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、キリスト・イエスにあってあなた方の心と思いとを守るように。アーメン。







スポンサーサイト
2011/07/31(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。