FC2ブログ
津田沼教会 牧師のメッセージ
「大きな信仰」(マタイ15:21~28)
マタイ15:21-28、2005・09・04、聖霊降臨後第16主日(緑)
イザヤ書56:1-8、ローマの信徒への手紙11:25-36

マタイによる福音書15:21~28
 イエスはそこをたち、ティルスとシドンの地方に行かれた。すると、この地に生まれたカナンの女が出て来て、「主よ、ダビデの子よ、わたしを憐れんでください。娘が悪霊にひどく苦しめられています」と叫んだ。しかし、イエスは何もお答えにならなかった。そこで、弟子たちが近寄って来て願った。「この女を追い払ってください。叫びながらついて来ますので。」イエスは「わたしは、イスラエルの家の失われた羊のところにしか遣わされていない」とお答えになった。しかし、女は来て、イエスの前にひれ伏し、「主よ、どうかお助けください」と言った。イエスが、「子供たちのパンを取って子犬にやってはいけない」とお答えになると、女は言った。「主よ、ごもっともです。しかし、子犬も主人の食卓から落ちるパン屑はいただくのです。」そこで、イエスはお答えになった。「婦人よ、あなたの信仰は立派だ。あなたの願いどおりになるように。」そのとき、娘の病気はいやされた。

2005年9月4日(日)主日礼拝、午前10時半~11時45分
説教「大きな信仰」(マタイ福音書15章21節~28節)聖餐式あり

同日午前9時半~10時15分
教会学校(こどものための礼拝と分級・おあそび)
聖書やさんびかは教会にあります。お母さん等の同伴も歓迎します。
礼拝の中で献金があります。お小遣いの中からいくらかでもお持たせください。
スポンサーサイト
2005/09/04(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)