津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「見ないでも信じる信仰」(ヨハネ20:24-29)
ヨハネ20:24-29、使徒言行録2:36-47、ペトロの手紙一1:17-21、復活後第2主日(典礼色―白―)

ヨハネによる福音書20:24-29
 十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。そこで、ほかの弟子たちが、「わたしたちは主を見た」と言うと、トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」さて、八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じるのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」




説教「見ないでも信じる信仰」(ヨハネ20:24-29)

本日は先週に続くヨハネ福音書の記事が与えられています。安息日からの一日目、すなわち、週の初めの日、日曜日、主の復活の日、主日に、ユダヤ人たちを恐れて、戸に皆鍵をしていた弟子たちのもとに、復活の主はそれを潜り越えて、やって来られ、その真中にお立ちになって「シャローム」、平和があなた方にあるようにと仰って下さったのです。
私たちは主を見たと弟子たちが言ったとき、ディドモと言われるトマスは、私は、彼の両手を見、その釘跡に指を入れ、彼の脇の傷跡に手を投じなければ、決して信じないだろうと言い張りました。
そして、八日後のこと、弟子たちは、まだ、戸にすべて鍵をかけて、中に集まっていました。そして、今度はトマスも一緒でした。すると、主がやって来られ、戸を通り越して、真ん中にお立ちになり、平和があなた方にあるようにと、再び仰いました。当時のヨハネ福音書記者の時代には、主日ごとに集まって聖餐をいただくパン裂きが守られていたようです。礼拝に集まる会衆である私たちも、様々な不安や葛藤を経て、週ごとに集まってきます。そして、主によって「平和があなた方にあるように」と繰り返し言ってもらう必要があります。
さて、主イエスは、トマスに言われます。あなたの指を私の手の釘跡に入れなさい、そしてよく見なさい。そしてあなたの手を私の脇に投じなさい。そして信じない者にではなく信じる者になりなさいと言われました。ディドモと言われるトマスは、他の個所でも2回ほど出て来ますが、二重性の性格を持っていたらしく、頑固で、鈍いが、一旦信じたら、とことん忠実に信じ続けるといった性格の者であったようです。
トマスは、わが主、わが神と信仰告白をしました。実際に手でそのとき、触れたかどうかは記されていません。そこに、福音書記者の関心はなかったのです。主は言われます。私を見たから信じたのか。見ないで、信じる者は幸いである、祝福されていると。私たちは、週ごとに、主日に集まることに専念しましょう。
日曜日は、仕事があって礼拝に出席できないという方々も少なくないことでしょう。あるいは、介護についていて、あるいは高齢で礼拝にも行けない方もいるでしょう。そんな場合には、聖書を学び祈る会に出たり、礼拝テープを聞くことも有益ではないでしょうか。
私たちは、今では主の最初の弟子たちと違って、復活の体の主にもはや直接出会うことは不可能です。しかし、復活の主に、本日の記事のように、み言葉を通して、出会い、主から、平和があなた方にと言っていただくことができるのです。
昔、私は、司法試験を目指していましたが、勉強と、礼拝出席を両立させることはできませんでした。今、仕事でめいっぱいという方々はそれに専念すべきでしょうが、時が来たら、礼拝出席を第一とし、復活の主によって、平和があなた方にとあるようにと、週ごとに言っていただく生活を目指してほしいものであります。主は、今も、天の父の右に座して、聖霊を送ってくださり、私たちを教会に導こうとしておられます。トマスは、復活の体の主イエスを見て、わが主、わが神といって、主イエスこそ、人間になられたが、同時に神であられたことを信仰告白しました。そして、主は、私を見たので信じたのか。見ないで、信じゆだねた人たちは幸いであるとおっしゃいます。復活の体の主を、もはや、現代の私たちは、この目で見ることはできません。けれども、信仰の目を通して見、信じることはできるのです。アーメン。
 
人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るように。





スポンサーサイト
2011/05/08(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。