津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「心の向きを変えよ」(マタイ3:1~12)
マタイ3:1-12、2010・12・05、待望節第2主日(典礼色―紫―聖餐式)
イザヤ書11:1-10、ローマの信徒への手紙15:4-13

マタイによる福音書3:1-12
 そのころ、洗礼者ヨハネが現れて、ユダヤの荒れ野で宣べ伝え、「悔い改めよ。天の国は近づいた」と言った。これは預言者イザヤによってこう言われている人である。
 「荒れ野で叫ぶ者の声がする。
 『主の道を整え、
  その道筋をまっすぐにせよ。』」
 ヨハネは、らくだの毛衣を着、腰に革の帯を締め、いなごと野蜜を食べ物としていた。そこで、エルサレムとユダヤ全土から、また、ヨルダン川沿いの地方一帯から、人々がヨハネのもとに来て、罪を告白し、ヨルダン川で彼から洗礼を受けた。
 ヨハネは、ファリサイ派やサドカイ派の人々が大勢、洗礼を受けに来たのを見て、こう言った。「蝮の子らよ、差し迫った神の怒りを免れると、だれが教えたのか。悔い改めにふさわしい実を結べ。『我々の父はアブラハムだ』などと思ってもみるな。言っておくが、神はこんな石からでも、アブラハムの子たちを造り出すことがおできになる。斧は既に木の根元に置かれている。良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。わたしは、悔い改めに導くために、あなたたちに水で洗礼を授けているが、わたしの後から来る方は、わたしよりも優れておられる。わたしは、その履物をお脱がせする値打ちもない。その方は、聖霊と火であなたたちに洗礼をお授けになる。そして、手に箕を持って、脱穀場を隅々まできれいにし、麦を集めて倉に入れ、殻をきえることのない火で焼き払われる。」


説教「心の向きを変えよ」(マタイ3:1-12)
 アドベントの第2主日を迎えました。本日のマタイ3:1-12は、洗礼者ヨハネの説教と洗礼、そして、ヨハネによってなされた来るべきお方の到来の預言の言葉から成っています。私たちは、主のご降誕の喜びを迎える前に、慎ましやかに、心静かに、主イエスの来臨を待つように、今日の日課、特に福音の日課が与えられています。
 マタイでは、主イエスのご降誕の出来事が、1、2章で述べられた後、突如として、本日の洗礼者ヨハネの到来の出来事が記されています。
「それらの日々において、洗礼者ヨハネが荒れ野にやって来る。そして彼は、こう語りつつ。『あなた方は悔い改めなさい、なぜならば、天の国が近づいたから』と。」
悔い改めるという言葉、悔い改めという言葉は、メタノイアという言葉であり、メタというのは変えるという意味であり、ノイアというのは、心という意味であります。心を入れ替える、どういうふうにかというと、神に心を向ける、神の方に立ち帰るということであり、悔い改めるというと、日本語の語感では後悔するというニュアンスがありますが、洗礼者ヨハネが叫んだ悔い改めよというのは、私たちの生活前部を神さまにゆだねるようにして、生き方をすっかり変えるという積極的な意味であります。
 洗礼者ヨハネは、マタイでは、この3章の始めに突然やって来るのであります。しかも、それは、荒れ野においてであり、ヨルダン川の岸辺でありました。荒れ野は、人も住めないような場所でありました。しかし、そのような索莫とした、石だけがごろごろしているような場所は、かえって、私たちに神を思い起こさせる場所であります。イスラエルの民が40年間も荒れ野を旅して、彼らは、彼らを導かれる神と対坐することができたのであります。
 私も、今から22年ほど前に、「出エジプトの旅」と題して、神学生の1年がたった時、春休みに15日間の聖地旅行、生まれて初めての海外旅行に参加しました。死海を下にするエン・ゲディというところに1泊したときのこと、私は死海のほうへと一人で夕方、もう夜に入っていましたが、降りて行きました。月が何と大きく見えたことでしょうか。私は、野獣などの出る恐れもあるということで、不安もありましたが、岩だらけの荒れ野に一人になって、何よりも、神さまと対坐しているという実感に圧倒されました。シナイ山にも上ましたが、出エジプトの民が神と対坐したことがうなづかれました。
 そのような場所に、洗礼者ヨハネも到来なさるのであります。彼は、昔の預言者エリヤのようにらくだの毛からできた服を着、腰に革の帯をしめていました。当時、人々は、メシア、救い主の来られる前に、エリヤが再来すると信じていました。ヨハネが自分を、再来のエリヤだと自任していたかどうかは、分かりませんが、彼は、いなごと野の蜂蜜を食物として、禁欲的な生活をしていました。
 そして、「彼に向かって、エルサレム、全ユダヤ、そして、ヨルダン川周辺の一帯が、罪を告白しながらやって来て、彼から悔い改めの洗礼を受けつつあった」のであります。
 彼は、預言者イザヤによって、こう言われているその人でありました。「荒れ野で呼ばわる声。主の道を整えよ、彼の小道をまっすぐにせよ」と。
 そして、一方でファリサイ派とサドカイ派の大勢が洗礼を受けにやって来るのを見て、「蝮の子らよ、神の怒りから逃れられるとだれが示したのか、私たちは父アブラハムを持っていると自分たち自身に言おうと考えるな。神は、この石ころからからでも、アブラハムの子たちを起こすことができるのだ」と宣言しました。そして、「既に斧が、木の根元に置かれている。悔い改めにふさわしい実をもたらさない木は切り倒され、火の中へ投げ込まれる」と言うのであります。
 私たちもまた、このアドベントの時、「私たちは救い主キリストを持っている」と、油断しないようにしたいものであります。
 心の向きを神に向け、生活全体を神に向けるようにと、この時、主のご降誕の前に、私たちもまた、洗礼者の言葉を通して警告されているのであります。
 ヨハネは、続けました。「私の後に、私よりも力あるお方がお出でになる。私はその方のサンダルを脱がすのにも、価しない者である。そして、私は、水において、悔い改めへと洗礼をあなた方に授けているが、その方は、聖霊と火において洗礼をお授けになる。そして、手にショベルをもって穀物等をふるい分け、穀物は倉へ、殻は、燃え尽きない火で燃やすであろう」と語ったのであります。
 私たちは、生前に行った行いに応じて、良いものと、悪いものとのいずれかを神の御楓受けることになるというのであります。
 私たちの毎日の信仰の旅路は多難な困難に満ちています。私は、家庭生活においても、育児や妻との関係や、いずれも危機に満ちていることを痛感させられます。
しかし、このような私たちの偽らざる生活の只中に、メシアが切迫してお出でになると洗礼者ヨハネは今も叫んでおられるのであります。
来るべきクリスマスには、心から主の御降誕を祝うことができるように、生活全体を改めて神の方へと心を向けて、今日から再び歩み出したいと思います。

人知ではとうてい測り知ることができない神の平安が、キリスト・イエスにあってあなた方の心と思いとを守るように。アーメン。
 




スポンサーサイト
2010/12/05(日) 10:30:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。