津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「あなたの王が来られる」(マタイ21:1-11)
マタイ21:1-11、イザヤ書2:1-5、ローマの信徒への手紙13:11-14、2010・11・28、待降節第1主日(典礼色―紫―)

マタイによる福音書21:1-11
 一行がエルサレムに近づいてオリーブ山沿いのベトファゲに来たとき、イエスは二人の弟子を使いに出そうとして、言われた。「向こうの村へ行きなさい。するとすぐ、ろばがつないであり、一緒に子ろばのいるのが見つかる。それをほどいて、わたしのところへ引いて来なさい。もし、だれかが何か言ったら、『主がお入り用なのです』と言いなさい。すぐ渡してくれる。」それは、預言者を通して言われていたことが実現するためであった。
「シオンの娘に告げよ。
 『見よ、お前の王がお前のところにおいでになる、
  柔和な方で、ろばに乗り、
  荷を負うろばの子、子ろばに乗って。』」
 弟子たちは行って、イエスが命じられたとおりにし、ろばと子ろばを引いて来て、その上に服をかけると、イエスはそれにお乗りになった。大勢の群衆が自分の服を道に敷き、また、ほかの人々は木の枝を切って道に敷いた。そして群衆は、イエスの前を行く者も後に従う者も叫んだ。
 「ダビデの子にホサナ。
  主の名によって来られる方に、祝福があるように。
  いと高きところにホサナ。」
 イエスがエルサレムに入られると、都中の者が、「いったい、これはどういう人だ」と言って騒いだ。そこで群衆は、「この方は、ガリラヤのナザレから出た預言者イエスだ」と言った。


説教「あなたの王が来られる」(マタイ21:1-11)

今日からアドベント、待降節に入りました。緑の色で表わされてきた聖霊降臨後の一年の終りの時期を終えまして、王であるキリストの来臨を待つ一年の初めの色は紫で示されます。
本日からA年、マタイ福音書が主たる福音書となります。そして、ルーテル教会では、アドベントの第1主日と、受難週の始まります枝の主日に、本日と同じマタイ21:1-11が読まれます。ルーテル教会が最も大切にしている福音記事と言っても過言ではないでしょう。
今日の主日の祈りには、「キリストよ、力を奮って来てください。そして、罪の危険から私たちを守ってくださいと」の祈りがありました。私たちは、毎週、毎週、罪の危険に直面し、しばしば、罪に陥り、罪に負けてしまう存在であります。そのような私たちのところに、主キリストがお出でになられた、また、終末の時、再臨の時にお出でになられる、その予表と言いましょうか、それを実現された記事が本日の福音の記事であります。アドベントは、主の御降誕に備える時期ですが、クリスマスにおける主の御降誕は第1のアドベントであり、それに対して、再臨の主は第2のアドベントと言えるのであります。
私たちは、紫色であらわされますこの時期を、つつましく過ごすことが望まれるのであります。さて、マタイ21:1-11は、4つの福音書に同じように出てくる主イエスのエルサレム入城の出来事であります。
主は、エルサレムに近づかれたとき、ベトファゲの近くに来たときに、二人の弟子を遣わして言われます。向こうの村、多分、ベトファゲでありましょう、そこに行って、雌ろばとその子ろばを連れて来るように言われます。もしだれかが、何か言ったら、彼らの主が必要を持っていると言いなさい。そうすれば、その通りに行かせてくれると。そして、二人は出かけていき、その通りになり、主イエスのもとに、2匹のろばを連れて来て、上着をそれらの上にかけると、主はその2匹にまたがるようにして、乗られ、ある者たちは、上着を主イエスの進まれる前に敷き、別の者たちは、野から枝を切って来て、その行かれる前に敷きつめていたのであります。
これは、ゼカリヤ書に出てくる、シオンの娘よ、大いに喜べ、あなたの王がお出でになる。雌ろばの子、子ろばに乗って、という記事を主が成就させたのであります。
主は通常の王が乗る馬ではなく、ろばに乗って、柔和なお方として、お出でになられる。マタイは、しかも、あなたの王があなたのもとにお出でになると書いたのであります。
私たちの現実のありのままの生活のただ中に、脆くて、常に、罪に陥りやすい危険から守るまことの王として、やって来られるのであります。
前を行く群衆も、後に続く群衆も、エルサレム巡礼の主としてガリラヤからの群衆が中心だったでありましょう。彼らはこう叫びながら言うのであります。
ダビデの子にホサナ、主のみ名によって来られる方が祝福されますように。いと高きところに、ホサナ。ホサナとは、良く分からない言葉なのですが、主よ救ってください、あるいは、主に祝福が、または栄光がありますようにという巡礼のおりの詩編の叫び声であったでしょう。そして、主が、オリーブ山から、エルサレムの町に入ると都中の者が、この方はいったいどういうお方だと動揺させられるのであります。
昔、モーセが、ろばにのって妻子と共に、エジプトへと帰って行きました。人々、ガリラヤからの群衆は、この方は、ガリラヤのナザレから出た預言者イエスであると答えました。
主は、新しいモーセとして、お出でになられた、預言者であり、王であられるお方として、エルサレムに、そして、この世界に再び、お出でになられるのであります。モーセ以上に力ある預言者として、待たれていた新しいモーセとしてお出でになられたし、再臨の時にもこのような形でお出でになられるのであります。
私たちは、これから教会の暦の上での一年間を、罪の危険から守られ、主キリストが力を奮って、死を覚悟してエルサレムに、柔和な王としてお出でになられたことを、思い起こしながら、主を仰ぎ望みつつ歩んでまいりたいものであります。
一言祈ります。
父なる神さま。すぎた1年間、さまざまなことがありましたが、私たちを守り導いて下さったことを感謝します。新しく始まった1年も、あらゆる罪の危険から守り導いてください。2000年たった現在も、人類は闇の中を同じように歩んでいます。私たちは、本日エルサレムに入られた主イエスが、柔和な、モーセにはるかにまさる預言者、そして、まことの王として、力を奮って来てくださることを信じています。欠け多く、多くの罪にまみれている私たちを、み子の来臨において、助け、新しい一年間を無事に歩むことができますように。多くの過ちをあなたが赦し、み子の到来によって、新しい生涯を送らせてください。キリストによって祈ります。アーメン。
スポンサーサイト
2010/11/28(日) 10:30:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。