津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「愚かな金持ちの譬え話」(ルカ12:13~21)
コヘレトの言葉2:18-26、コロサイの信徒への手紙3:5-17、ルカによる福音書12:13-21、
聖霊降臨後第11主日(典礼色―緑―)

ルカによる福音書12:13-21
 群衆の一人が言った。「先生、わたしにも遺産を分けてくれるように兄弟に言ってください。」イエスはその人に言われた。「だれがわたしを、あなたがたの裁判官や調停人に任命したのか。」そして、一同に言われた。「どんな貪欲にも注意を払い、用心しなさい。有り余るほど物を持っていても、人の命は財産によってどうすることもできないからである。」それから、イエスはたとえを話された。「ある金持ちの畑が豊作だった。金持ちは、『どうしよう。作物をしまっておく場所がない』と思い巡らしたが、やがて言った。『こうしよう。倉を壊して、もっと大きいのを建て、そこに穀物や財産をみなしまい、こう自分に言ってやるのだ。「さあ、これから先何年も生きて行くだけの蓄えができたぞ。ひと休みして、食べたり飲んだりして楽しめ」と。』しかし神は、『愚かな者よ、今夜、お前の命は取り上げられる。お前が用意した物は、いったいだれのものになるのか』と言われた。自分のために富を積んでも、神の前に豊かにならない者はこのとおりだ。」




説教「愚かな金持ちの譬え話」(ルカ12:13~21)

聖霊降臨後第11主日に与えられている福音は、ルカ12:13-21であります。群衆の中からある者が彼にこう言ったのであります。「先生、私の兄弟に相続分から私にも分け合うように言ってやってください。」
すると、主は、彼に言われたのであります。「だれが、私をあなた方に向かって判事や仲裁人に指名したのか。」で、彼は、彼らに向かって言われました。「あらゆるより多くを求める欲望、強欲から、あなた方は自分を守りなさい、またそれを避けなさい。なぜならば、彼のその命は、彼のその財産によっては、どれほど物を持っていようと、どうにもならないからである」と。そして、彼は、彼らに向かってこう語りつつ、譬えを話されたのであります。「ある金持ちの人の農場が多くの収穫をもたらした。」それで、彼は、自分自身の中で、こう言って思案していたのであります。「私はどうしようか。これらの私の果実、収穫を集める場所を私は持っていない。」そして、言ったのであります。「このことを私はしよう。この倉どもを取り壊して、もっと大きなのを建てよう。そしてそこにあらゆる私の小麦と財貨を集めよう。そして私の魂に私はこう言おう。『魂よ、お前は、多くの年へと蓄えられた多くの財貨を持っている。お前は休め、食べよ、飲め、宴会をして楽しめ』と。」
で、彼に御神は言われたのであります。「無知な者よ、今夜、あなたのその魂を彼ら、死の天使たちはあなたから要求する。で、あなたの用意した物どもは、だれのものになるであろうか。」
そして、この譬え話の最後に、主イエスは言われるのであります。「このように、自分のために蓄える者、そして神へと神の目において価値あるものに豊かでない者は存在しているのだ」と。
本日の主日の祈りにもありましたように、私たちに与えられているものは、命でも、財貨でもすべては神から預かっているものであります。本日の愚かな金持ちは、強欲な、自己中心にしか考えられない人物でありました。「私の財貨」とか、「私はどうしようか」とか、自分のことしか頭にないのであります。
そしてしかし、切迫した死の前にはどのように有り余る財産でもなすすべはないのであります。ルカは物質のこと、お金のことを軽視しているのではありません。ルカのイエスは、この世の財貨をいかに懸命に使い、役立てるかを教えようとしているのでありま
 私は、神学校に入るために上京して来て2年目は、武蔵野教会で教会生活を送りました。もう20年以上も前のことであります。そして武蔵野教会には、田坂さんというご夫婦がいらっしゃいました。その時は、その奥様とねんごろに話したことはありませんでしたが、後に、奥様は胃がんにかかって、それも体中にがんが転移していてもう余命1年と持たないことが明らかになりました。
奥さんは、病院の孤独には耐えきれず、在宅のホスピスを、ご主人も一番いいと判断して、川越厚という医師に相談して往診してもらい、看護師も、家政婦さんも頼んで、6週間でしたか、7週間でしたか、最後の時を過ごされたのであります。長男さんや二人の娘さんもいらして、最期が近い時期になっても奥さんの気力がしっかりしていて、やがて近く亡くなるということは考えられないほどの時もありました。
しかし、病状は、確実に死へと向かっていたのであります。川越医師は、家族に死の準備の必要を知らせ、奥様とご主人、子供さん3人のご家族は、迫って来たこの最期の時期を最も願っていた家族らしい結束の内にを過ごし、49歳の若さで天に召される時まで、貴重な最晩年の時を生きることができたのであります。
私たちも、本日の福音の記事を通して、平凡でもいいから、家族が和合し、支え合い、細やかでもいいから幸福な家庭生活を送りたいと改めて願うものであります。アーメン。

望みの神が、信仰から来るあらゆる喜びと平安とをあなたがたに満たし、聖霊の力によって、あなたがたを望みにあふれさせてくださるように。
スポンサーサイト
2010/08/08(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。