津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「怒りのこぶしをおろして」(ミカ書4:1~5)
ミカ書4:1~5、2005・08・07、平和主日(赤)
エフェソの信徒への手紙2:13~18、ヨハネ福音書15:9~12

ミカ書4:1~5
終わりの日に
主の神殿の山は、山々の頭として堅く立ち
どの峰よりも高くそびえる。
もろもろの民は大河のようにそこに向かい
多くの国々が来て言う。
「主の山に登り、ヤコブの神の家に行こう。
主はわたしたちに道を示される。
わたしたちはその道を歩もう」と。
主の教えはシオンから
御言葉はエルサレムから出る。
主は多くの民の争いを裁き
はるか遠くまでも、強い国々を戒められる。
彼らは剣を打ち直して鋤とし
槍を打ち直して鎌とする。
国は国に向かって剣を上げず
もはや戦うことを学ばない。

人はそれぞれ自分のぶどうの木の下
いちじくの木の下に座り
脅かすものは何もないと
万軍の主の口が語られた。
どの民もおのおの、自分の神の名によって歩む。
我々は、とこしえに
我らの神、主の御名によって歩む。

2005年8月7日(日)礼拝午前10時30分~11時45分
説教「怒りのこぶしをおろして」中川俊介牧師
この日は日本福音ルーテル教会の、平和を覚えての礼拝です。

同日、教会学校礼拝、午前9時半~午前10時15分
教会学校は、主として幼少の子供から小学生までを対象とした礼拝と分級(遊びなど)
どこのお子様でも歓迎いたします。
スポンサーサイト
2005/08/07(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。