津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「子ろばに乗って来られる王」(ルカ19:28~40)
ルカ19:28-40、2009・11・29、待降節第一主日(典礼色―紫―)
エレミヤ書33:14-16、テサロニケの信徒への手紙二3:6-13

ルカによる福音書19:28~40
イエスはこのように話してから、先に立って進み、エルサレムに上って行かれた。そして、「オリーブ畑」と呼ばれる山のふもとにあるベトファゲとベタニアに近づいたとき、二人の弟子を使いに出そうとして、言われた。「向こうの村へ行きなさい。そこに入ると、まだだれも乗ったことのない子ろばのつないであるのが見つかる。それをほどいて、引いて来なさい。もし、だれかが、『なぜほどくのか』と尋ねたら、『主がお入り用なのです』と言いなさい。」使いに出された者たちが出かけて行くと、言われたとおりであった。ろばの子をほどいていると、その持ち主たちが、「なぜ、子ろばをほどくのか」と言った。そして、子ろばをイエスのところに引いて来て、その上に自分の服をかけ、イエスをお乗せした。イエスが進んで行かれると、人々は自分の服を道に敷いた。
イエスがオリーブ山の下り坂にさしかかられたとき、弟子の群れはこぞって、自分の見たあらゆる奇跡のことで喜び、声高らかに神を賛美し始めた。
「主の名によって来られる方、王に、
 祝福があるように。
 天には平和、
 いと高きところには栄光。」
すると、ファリサイ派のある人々が、群衆の中からイエスに向かって、「先生、お弟子たちを叱ってください」と言った。イエスはお答えになった。「言っておくが、もしこの人たちが黙れば、石が叫び出す。」


説教「子ろばに乗って来られる王」(ルカ19:28~40)

本日から、アドベント、待降節に入りました。一年の教会暦の始まりであり、11月30日に一番近い日曜日が、待降節第1主日であり、このアドベントは、クリスマス前の約4週間がそれにあたり、今年は12月20日が、待降節第4主日にあたり、その日をクリスマス主日としても、守ります。
そして、この今年度の教会暦の新しい一年間は、ルカによる福音書が主たる福音書となります。そして、この一年の教会暦の初めに、与えられます福音は、エルサレム入城と言われる部分であります。ルカ19:28-40が与えられています。毎年、共観福音書と呼ばれますマタイ、マルコ、そして、ルカの福音書の中から、この出来事が読まれます。ヨハネによる福音書にも、それにあたる記事があります。非常に大切な出来事として、4つの福音書に記されており、アドベントの第1主日と、復活祭前の枝の主日、受難週の初めの主日にもここが、再び読まれるのであります。ルーテル教会では、ことのほか、このエルサレム入城と呼ばれている出来事が、大切にされ、一年に二度も読まれるのであります。
本日の主日の祈りでは、主よ、力を奮って来て下さい、そして罪の危険から、私たちを救ってくださいと祈られています。私たちの罪のために十字架に向かわれる受難週に入るときにここが再び読まれる意味合いとは違って、再臨、第2のアドベントへの期待が、第1のアドベント、クリスマスの出来事と共に思い起こされるように、この個所が教会暦の初めに与えられているのであります。
ルカ福音書は、他の福音書、特に、マタイ、マルコと比較してみますと、微妙に、付加、あるいは省略されています。本日のルカ19:28-40について、内容をご一緒にしばらく考えてみましょう。
そして、これらのことを言われた後に、彼は、先頭に立って、エルサレムへと上りながら、進んでおられたと、本日の記事は始まっています。それは、ムナの譬え話のことであります。ある人が、王の位を受けるために、10人のしもべに、1ムナ、すなわち100ドラクメずつ与えて旅に出たのであります。ところが、国民は彼を憎んでいたので、彼のところに王になってほしくないと使者を送って言わせたのであります。さて、彼は王の位を受けて、戻って来て、1ムナずつ与えておいたしもべを呼びだして、10ムナを稼いだ者、5ムナを稼いだ者と袋の中に隠しておいて、1ムナをそのまま見せた者に対して、その主人が、叱り、10ムナ既に稼いでいた者に渡したということを、主は譬えで話されたのであります。彼が王として帰って来ることを欲しなかった国民とは、主イエスが王として来られるのを拒んだエルサレムの指導者たちを表しているのであります。
この譬え話をなさったあと、主は、エルサレムへと上られ、先頭に立って進んで行かれるのであります。この「進む」という言葉は、死に向かって進むという意味も含んでいる「ポーレウオー」という単語であります。
そして、起こったことには、主は、ベトファゲへと、そして、ベタニアへと、オリーブの園と呼ばれる山に向かって、近づいたとき、こうお語りになりながら、弟子のうちの二人を遣わしたのであります。「向こうの村へ出て行きなさい。そうすると、まだだれも乗ったことのない子ろばがつながれているのを、あなたがたは見出すであろう。それを解いて、連れて来なさい。もし誰かがあなたがたに尋ねたとする。すなわち、『何であなたがたは、解くのか』と。そのときには、あなたがたはこのように言いなさい。『彼の主が、必要を持っている』と。」
そして、彼らが出ていくと、ちょうど彼が彼らに言われた通りに彼らは見出した。彼らがその子ろばを解いていると、その主人たちが、「何であなたがたはほどくのか」と彼らに向かって言います。彼らは言います。「彼の主が必要を持っているのです」と。そして彼らは、それをイエスに向かって連れてきます。そして、彼らの上着をその上に広げ、彼らはかのイエスをお乗せしたのです。彼が進んで行かれるとき、人々はその道に彼らの服を敷いたのであります。そして、既に彼が、オリーブ山の下り坂に向かって、近づいたとき、大勢の弟子たちはこぞって、喜びながら、彼らが見た彼の奇跡のことで大声で、神をほめたたえ始めたのであります。
彼らはこう語りました。「来られている方は祝福されますように、主の名における王は。天には平和が、また、栄光がいと高き所にあるように」と。主イエスがお生まれになったときは、「地には平和が、いと高きところでは栄光が」と天使たちは歌いましたが、ここでは、「天において平和」がと弟子たちは語るのであります。主は拒まれる王として来られたのであります。群衆の中から、ファリサイ派の者たちが、彼に向って言います。「先生、あなたの弟子たちを咎めてください」と。すると、主は言われました。「この者たちが黙れば、石どもが叫び出すであろう」と。これは、ハバクク書2:11の言葉に基づいているでしょう。「まことに、石は石垣から叫び、梁は建物からそれに答えている。」これは、イスラエル、あるいは、エルサレムの裁きについての託宣の言葉であります。エルサレムとその邪悪な祭司たちの降参、降伏についての預言として考えられる言葉であります。本日の福音は、この言葉で終っています。
ここの記事は、エルサレム入城とよく言われますが、本日の記事自体は、エルサレムに入る前で終っています。そして、主は、勝利者として、お出でになられたのではなく、エルサレムの指導者たちによって、拒まれる王として、お出でになられたのであります。しかし、以前には、主イエスのメシアとしての本質は、隠され、明らかにされることを禁じられていましたが、ここでは、それは、拒まれる王として、今や明らかにされているのであります。
主イエスは、再び、再臨の時には、子ろばに乗って来られる王としてお出でになられ、その時にこそは、人々を選り分ける方として、力を奮って来て下さるでありましょう。私たちは、クリスマスをも待ち望みつつ、罪の危険から救って下さる主が来て下さることを願い求めましょう。
一言祈ります。天の父なる神さま。私たちが、罪の危険から守られ、あなたが再びお出でになるときに、1ムナで10ムナを稼ぐ僕として、主のみ業に励む者として、見出されますように。このアドベントの時期を皆が慎ましく過ごさせて下さい。アーメン。

わたしたちの神は、御自分の栄光の富に応じて、キリスト・イエスによって、あなたがたに必要なものをすべて満たしてくださいます。
スポンサーサイト
2009/11/29(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。