津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「すべての人のディアコノス(奉仕者)に」(マルコ9:30~37)
マルコ9:30-37、2009・09・27、聖霊降臨後第17主日(典礼色―緑―)
エレミヤ書11:18-20、ヤコブの手紙4:1-10

マルコによる福音書9:30~37
一行はそこを去って、ガリラヤを通って行った。しかし、イエスは人に気づかれるのを好まれなかった。それは弟子たちに、「人の子は、人々の手に引き渡され、殺される。殺されて三日の後に復活する」と言っておられたからである。弟子たちはこの言葉が分からなかったが、怖くて尋ねられなかった。

一行はカファルナウムに来た。家に着いてから、イエスは弟子たちに、「途中で何を議論していたのか」とお尋ねになった。彼らは黙っていた。途中でだれがいちばん偉いかと議論し合っていたからである。イエスが座り、十二人を呼び寄せて言われた。「いちばん先になりたい者は、すべての人の後になり、すべての人に仕える者になりなさい。」そして、一人の子供の手を取って彼らの真ん中に立たせ、抱き上げて言われた。「わたしの名のためにこのような子供の一人を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。わたしを受け入れる者は、わたしではなくて、わたしをお遣わしになった方を受け入れるのである。」





説教「すべての人へのディアコノス(奉仕者)に」(マルコ9:30~37)

本日の福音は、マルコ9:30-37であります。先週の福音、マルコ8:27-38が、第1の受難予告を含んでいたのに対して、本日の福音は、第2の受難予告を含んでいます。先週の記事であったフィリポ・カイザリアでのペトロの信仰告白と受難予告の後、主イエスは、主の変貌の山に登り、そこから、下って、汚れた霊につかれた子を癒すという奇跡をなさいました。
本日の記事は、そしてそこから、出て、彼らは、かのガリラヤを通って行きつつあったと始まります。で、イエスは、誰かがそれを知ることを欲しないでおられた、なぜならば彼は教えておられ、彼らにこう語っておられたからであるとあります。すなわち、人の子は、人間どもの手に渡される、そして彼らは彼を殺すだろう、そして、殺された後、三日目に、彼は起き上がるであろう、と言われ、二度目の死と復活の予告をなさっておられます。
神によって、人の子は、人間どもの手に渡されることになっていることを、再度予告していますが、三つの予告のうちでは、これがむしろ、オリジナルではないかとも言われます。主は、12弟子たちに、そのことを教えるために、ガリラヤを進んで行かれるとき、誰かに知られることを望まれなかったのであります。
ところが、弟子たちは、その言葉が分からないでいた、そして、彼に質問することを恐れていたというのであります。
マルコの描く弟子像がここに示されています。すなわち、弟子の無理解というテーマであります。そして、そのことが、後段のエピソードによって、さらに、浮き彫りにされるのであります。すなわち、彼らはカファルナウムにやって来ます。
主イエスはある家に入り、彼らに質問なさいます。ペトロの家であったかもしれません。道において、あなた方は何を論じ合っていたのかと。彼らは黙っていたとあります。なぜならば、彼らは誰が一番大きいか、偉大かと論じ合っていたからであります。主イエスがエルサレムでの死に向かって進んで行くと教えておられたときに、彼らは、何のことか分からず、それどころか、だれが、一番偉いかという野心的なことについて論じあっていたのであります。
主イエスは、座られて、12人を呼び寄せてお語りになるとあります。だれでも、一番であることを欲する者は、最後の者にならねばならない、なるであろう。
そして、すべての者への奉仕者、すなわちディアコノスにならねばならないと言われるのであります。ディアコニア、奉仕し仕えるという言葉はここから来ているのであります。私たちは、すべての人に仕える者になることができるでしょうか。主イエスは、仕えられるためではなく、仕えるために、そして、すべての人の身代金として命をお与えになるために、お出でになられた方であります。
本日の主日の祈りにありましたように、主は、父なる神のみ心に、最後まで従順でありました。私たちは、仕える喜びを知らされていますが、すべての人に仕えるということは、ほとんど不可能に近いことであります。しかし、主イエスのお言葉を聞き続け、1年深まるごとに、さらに10年たち、20年たって、長い信仰生活を送る内にようやく主イエスの言葉は、理解していけるものではないでしょうか。
この連休中、神学校100年記念の時期でもありましたが、皆さん、どのような体験をなさったでしょう。私も、アメリカからの宣教師夫人が来られたので、母教会の当時の青年会の者たち、5、6名がある喫茶店でその夫人を囲んで落ち合いました。そして、青年時代から、始めは、宣教師や牧師方との出会いを通して、主イエスのお言葉が、十分には分からなかったのを、少しずつ、分かるようにされたことを、想起させられ、今つながっている教会や状況はそれぞれ違っても、同じ主イエスへの信仰を守ることが出来ている幸いを共々に感謝したことでした。
 さて、主は、さらに、ある子供を受け取り、真ん中に立たせてから、抱きよせて言われるのであります。私の名のために、このような子の一人を受け入れる者は、私を受け入れるのであり、私を受け入れる者は、私をではなく、私を遣わした方を受け入れるのであると。子供は、一人では生きていくことはできない存在ですが、親に、そして、神に全信頼をおいて生きている存在であります。主はそのような子供を祝福なさり、そのような者を受け入れる者は、私を遣わした父を受け入れる者であるとエルサレムに向かう途上で、死に向かって進みながらも、子供を抱いて祝福なさる心の柔らかさを持っておられるのであります。私たちも主にならい、どこまでも、神のご意志への従順さと謙虚さをもって、み後に従っていきたいものであります。アーメン。

人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るように。
スポンサーサイト
2009/09/27(日) 10:30:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。