津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「恵みのつくえに集いて」(マルコ7:24~30)
マルコ7:24-30、2009・09・06、聖霊降臨後第14主日(典礼色―緑―聖餐式あり)
イザヤ書35:1-3、ヤコブの手紙1:2-18

マルコによる福音書7:24~30
 イエスはそこを立ち去って、ティルスの地方に行かれた。ある家に入り、だれにも知られたくないと思っておられたが、人々に気づかれてしまった。汚れた霊に取りつかれた幼い娘を持つ女が、すぐにイエスのことを聞きつけ、来てその足もとにひれ伏した。女はギリシア人でシリア・フェニキアの生まれであったが、娘から悪霊を追い出してくださいと頼んだ。イエスは言われた。「まず、子供たちに十分食べさせなければならない。子供たちのパンを取って、小犬にやってはいけない。」ところが、女は答えて言った。「主よ、しかし、食卓の下の小犬も、子供のパン屑はいただきます。」そこで、イエスは言われた。「それほど言うなら、よろしい。家に帰りなさい。悪霊はあなたの娘からもう出てしまった。」女が家に帰ってみると、その子は床の上に寝ており、悪霊は出てしまっていた。


説教「恵みのつくえに集いて」(マルコ7:24~30)

 いよいよ、9月に入りました。私たちが、今年の教会暦を3年サイクルのB年として、親しんで来ましたマルコ福音書も、既に本日で聖霊降臨後第14主日となり、もう後半に入っています。今日は、幸いにも、このあと、聖餐式が待っています。それにふさわしい福音の個所、マルコ7:24-30が与えられているのは、神さまの導きであるかのようにすら思います。マタイ15章にも、本日の出来事の並行個所がありますが、本日は、マルコの記事に沿って、その出来事をもう一度思い起こしてみましょう。
主は、そこから立ち上がり、ティロスへとやって来られるのであります。弟子たちもついて来たでしょうが、マルコは、主イエスのみについて記しています。ゲネサレトの地を去って、先週の福音の個所で、ユダヤ人や弟子たちと律法について議論したり、説明したあとに、主は、国境の地へ、さらには、フェニキアのティロスにまで、おいでになり、家に入り、誰にも知られたくないと願っておられましたが、主イエスの評判は異国の地にまで伝わっており、隠れ通していることが出来ないのであります。
そして、ある女の人、お母さんが、うわさを聞きつけてやって来て、主の足元にひれ伏し、悪霊に取り付かれた小さい娘から、悪霊を追い出してくれるように、主に嘆願するのであります。
それに対して、主は、まず、子供たちに十分食べさせねばならない。子供たちのパンを取って、子犬に投げてやるのはよろしくないと答えられるのであります。この言葉は、普段の主イエスの様子とはずいぶん違っており、今までも聖書の学者たちを困惑させてきたものであります。
ユダヤ人キリスト教徒と異邦人キリスト教徒との分け隔てがあって、マルコ福音記者が、主イエスの言葉としてここに編集した言葉なのかもしれません。しかし、この厳しい主イエスの答えに対して、このシリア・フェニキアのギリシャ人女性、あるいは、単なる異邦人であった女性は、答えるのであります。「主よ、先生さま、そして、小犬たちは、机の下で、子供たちから落ちるパン屑を食べるのです」と。
犬という言い方は、ユダヤ人たちが異邦人たちを軽蔑して使う言葉で、外をうろつく野良犬を指しています。しかし、主はここで、家の小犬たちと呼んで、厳しさを和らげられておられます。
すると主は、この異邦人女性を大いに喜ばれ、その言葉のゆえに、出て行きなさい。あなたの娘から、悪霊はもう出てしまったと言われます。そして、母親が家へと帰ってみると少女はベッドに向かって横たわっており、悪霊は既に出てしまっていたのであります。
先週の個所は、この部分の前の記事7:1~15でした。律法から解放された福音の時代が主イエスの到来と共に始まり、ユダヤ人も異邦人たちも、律法の垣根が越えられ、新しい主イエスによってもたらされた救いの時代が既にここに成就しているのであります。
私たち日本人もかつてのユダヤ人たちから見れば、異邦人であります。そして、この本日の女性は、そのような私たちをも表しています。また、私たちは、自分の功績や立派な行いによって、主イエスの体とパンである聖餐に与るのではありません。本日の女性と同じように、主のお言葉を信じ、忍耐強く待って神の贈り物として与えられた、主イエスの体と血、すなわち、パンとぶどう酒に与ることが出来るのであります。そして、旧約も預言していたように、すべての国民が、国籍や皮膚の色にもよらずに、この約束されていた恵みに与り、「恵みのつくえに集う」ことが実現しているのであります。この喜びを、本日は聖餐式に共に与りながら、家庭に帰り、社会に戻り、共に生活し、また、出会いますすべての肉親や友人や行きかう人に伝えてまいりましょう。
祈ります。
 父なる神よ。この1週間を守られましたことを感謝します。これから、秋の伝道の時期を迎えます。どうか、一人でも多くの人が、福音を知り、神から一方的に与えられた主イエスによる救いを告げ広め、また、証ししていくことができますように。キリストによって祈ります。
 
私たちのうちに働く御力によって、私たちが求めたり、、思ったりすることすべてを、はるかに超えてかなえることのおできになる方に、教会により、また、キリスト・イエスによって、栄光が世々限りなくありますように、アーメン。


スポンサーサイト
2009/09/06(日) 10:30:02| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。