津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「ただ主に、よりすがって」(マルコ5:21~43)
マルコ5:21-43、2009・07・26、聖霊降臨後第8主日(典礼色―緑―)
哀歌3:22-33、コリントの信徒への手紙二8:1-15

マルコ5:21~43
 イエスが舟に乗って再び向こう岸に渡られると、大勢の群衆がそばに集まって来た。イエスは湖のほとりにおられた。会堂長の一人でヤイロという名の人が来て、イエスを見ると足もとにひれ伏して、しきりに願った。「わたしの幼い娘が死にそうです。どうか、おいでになって手を置いてやってください。そうすれば、娘は助かり、生きるでしょう。」そこで、イエスはヤイロと一緒に出かけて行かれた。
 大勢の群衆も、イエスに従い、押し迫って来た。さて、ここに十二年間も出血の止まらない女がいた。多くの医者にかかって、ひどく苦しめられ、全財産を使い果たしても何の役にも立たず、ますます悪くなるだけであった。イエスのことを聞いて、群衆の中に紛れ込み、後ろからイエスの服に触れた。「この方の服にでも触れればいやしていただける」と思ったからである。すると、すぐ出血が全く止まって病気がいやされたことを体に感じた。イエスは、自分の内から力が出て行ったことに気づいて、群衆の中で振り返り、「わたしの服に触れたのはだれか」と言われた。そこで、弟子たちは言った。「群衆があなたに押し迫っているのがお分かりでしょう。それなのに、『だれがわたしに触れたのか』とおっしゃるのですか。」しかし、イエスは、触れた者を見つけようと、辺りを見回しておられた。女は自分の身に起こったことを知って恐ろしくなり、震えながら進み出てひれ伏し、すべてをありのまま話した。イエスは言われた。「娘よ、あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。もうその病気にかからず、元気に暮らしなさい。」
 イエスがまだ話しておられるときに、会堂長の家から人々が来て言った。「お嬢さんは亡くなりました。もう、先生を煩わすには及ばないでしょう。」イエスはその話をそばで聞いて、「恐れることはない。ただ信じなさい」と会堂長に言われた。そして、ペトロ、ヤコブ、またヤコブの兄弟ヨハネのほかは、だれもついて来ることをお許しにならなかった。一行は会堂長の家に着いた。イエスは人々が大声で泣きわめいて騒いでいるのを見て、家の中に入り、人々に言われた。「なぜ、泣き騒ぐのか。子供は死んだのではない。眠っているのだ。」人々はイエスをあざ笑った。しかし、イエスは皆を外に出し、子供の両親と三人の弟子だけを連れて、子供のいる所へ入って行かれた。そして、子供の手を取って、「タリタ・クム」と言われた。これは、「少女よ、わたしはあなたに言う。起きなさい」という意味である。少女はすぐに起き上がって、歩きだした。もう十二歳になっていたからである。それを見るや、人々は驚きのあまり我を忘れた。イエスはこのことをだれにも知らせないようにと厳しく命じ、また、食べ物を少女に与えるようにと言われた。



説教「ただ、主によりすがって」(マルコ5:21~43)

先週は、風も湖も従わせる主イエスの自然に対する奇跡の記事でありました。本日は、それに対して、人間の病気を治癒し、また、死からも人間を回復するという主イエスがなさった奇跡の出来事が、マルコ5:21-43の記事を通して与えられています。本日の記事をもう一度思い起こしてみましょう。
主は、再び弟子たちと向こう岸、ここではおそらく、カファルナウムかティベリアスのようなガリラヤ湖の西側に戻って来られたのであります。そして、大勢の群衆が彼に向かって集まったのであります。主イエスは、湖のほとりにおられました。本日の出来事は、「ガリラヤの春」として最も主イエスが華々しい奇跡を行われる記事といえる出来事でありましょう。
さて、そこに会堂長の一人、ヤイロという名の人がやって来て主に懇願し、主の足元にひれ伏すのであります。会堂長でありますから、人々の信望もあつく、高貴な人であったでありましょう。ヤイロと言う名は、輝かすとか啓示するというような意味であったかもしれません。しかし、そんな彼が主イエスの足もとにやって来てひれ伏すのであります。 
私たちの毎週の礼拝も、主のみ前にひれ伏すことであると言えましょう。そして、彼は、主に嘆願して言うのであります。私の小さい娘が危篤の床にあります。私の家にやって来て私の娘に両手を置いてやってください。そうすれば、娘は救われ、生きるでしょう、と。
主は、何の言葉も発されていませんが、ヤイロと共にヤイロの家に向かいます。弟子たちも、群衆もついてきていました。
ところが、そこに、12年間も血の流出に苦しんだ女の人がいました。彼女は、主イエスのことを聞きつけてやって来ます。彼女は、多くの医者たちによって苦しめられ、全財産を費やしましたが、効果はなく、それどころか、悪化するばかりでした。彼女は、主の衣服にさわれば、癒されると信じて、群衆にまじり、後ろから、主の服に触れたのです。するとすぐに、血の源がかわき、癒されたことを感じました。
主は、自分の中から力が出て行ったことを知られ、「私の服に触ったのはだれか」と群衆を見回しておられた。弟子たちは、群衆がこんなに押し付けているのに、だれが触ったかと言われるのですかといさめました。
その女の人は、震えおののき、主にすべての真実を告げます。すると、主は、「娘よ、あなたの信仰があなたを救った。平和の中へと出て行きなさい。もう病気にかからないで、元気で暮らしなさい」とその女の人に励ましの言葉を投げかけられたのです。
そして、まだ、主が話している時に、会堂長の家の者たちが来て、お嬢さんは亡くなりました。もう、先生を煩わす必要はないでしょうと語りました。主はそれを耳にして、「恐れるな、ただ信じなさい」と励まし、彼と、ペトロ、ヤコブ、ヨハネだけを連れて、ヤイロの家に着きました。そこで、彼は動揺と泣く者たちと、大いに嘆き叫んでいる者たちを見ます。そして、主は言われます。「なぜ、動揺し、泣いているのか。その子は死んだのではない、眠っているのである」と。彼らはあざ笑いましたが、主は彼らを追い払い、その子の両親と自分の供の者たちだけを連れて、その子の部屋に入りました。そして、その子の手を取って、「タリタ、クム」と言われました。すると、その子は起き上がり、周りを歩き回っていました。
彼らは大いに驚き、我を忘れるほどでした。主はこのことを誰にも知られないようにしなさいと命じられました。そして、食べ物を与えるように命じたというのであります。私たちも、人生の長い間には、病気をし、また、年を取って行くにつれて、持病が出てきて衰えを感じます。そしてやがては、寿命が来て、そして、最後は誰も死を避けることはできないのであります。
しかし、主は私たちのうめき、苦しみを、十分にご存じであり、それ以上に、私たちが罪の縄目から解かれることを求めておられます。私たちは毎日、平凡な日常生活の中でも、倦怠や、言葉と行いと思いによる罪を犯して生きています。主は、そこから、ただ主にすがって歩み、罪から解かれた生活をするように招いておられます。癒された女の人のように、また、ヤイロのように、私たちは、日々をただ主に信頼して、主のみ前にひれ伏す生活を日々、与えられたいものであります。アーメン。
 
望みの神が、信仰からくるあらゆる喜びと平安とをあなたがたに満たし、聖霊の力によって、あなたがたを望みにあふれさせてくださるように。





スポンサーサイト
2009/07/26(日) 10:30:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。