津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「神賛美の時」(ルカ2:1~20)
ルカ2:1-20、2008・12・24、降誕祭
イザヤ書9:1-6、テトスへの手紙2:11-14

ルカによる福音書2:1~20
 そのころ、皇帝アウグストゥスから全領土の住民に、登録をせよとの勅令が出た。これは、キリニウスがシリア州の総督であったときに行われた最初の住民登録である。人々は皆、登録するためにおのおの自分の町へ旅立った。ヨセフもダビデの家に属し、その血筋であったので、ガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。身ごもっていた、いいなずけのマリアと一緒に登録するためである。ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。

 その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、彼を賛美して言った。
 「いと高きところには栄光、神にあれ、
  地には平和、御心に適う人にあれ。」
 天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。




説教「神賛美の時」(ルカ2:1~20)
 
皆さま、クリスマスおめでとうございます。12月25日が正式にはクリスマス、主のご降誕日でありますが、私たちは、毎年、24日をその前夜としてクリスマスイブ礼拝を守るのであります。
 皆さま、どのようなクリスマスをお迎えのことでしょうか。楽しく、順調に迎えている方もおられることでしょうし、中には、大変な思いをしながら、この礼拝に臨まれている方もおられるでしょう。クリスマスとは、私たちに救い主が与えられた出来事を思い起こす礼拝であります。
旧約聖書は「初めに、神は天地を創造された」との創世記から始まるのですが、この創世記のことを、英語ではジェネシスと言います。それは、起源、すなわち、救いの起源、源という意味であります。そして、新約聖書でも、マタイは、イエス・キリストの誕生の次第とはじめに出てきますが、これも、ジェネシスと言うのであります。
 クリスマスとは、私たちが、どこから来て、今どこに立ち、そして、これから先どこに行こうとしているのかを、考える時であります。それで、私たちは、毎年、この12月24日のイブ礼拝では、イザヤ書、テトスへの手紙の本日の個所と共に、ルカ福音書2:1~20が与えられ、毎年毎年、ここから説教されるのであります。
 しばらく、ご一緒に、ルカ福音書2:1~20から、考えてみたいと思います。まず、最初に、そのころ、皇帝アウグスツスから、全住民に登録をするようにと命令・勅令が出て行ったと、本日の記事は始まっています。そして、それは、シリアの総督がキリニウスであったときの最初の住民登録であったと出てきます。ルカは、歴史に忠実で詳しい福音書記者でありますが、主イエスがお生まれになった紀元前4年から7年くらい前のその時代にそのような大規模な地中海世界の住民登録がなされたという確かな記録は残っていません。
 ですから、キリニウスが、シリアで勢力を得て、次第に総督のような地位を得ていた頃の住民登録がかなり長い年数にわたってなされていたのかもしれません。歴史家の目を持っていたルカにとっては、その正確な年代よりも、この人口調査というローマ帝国の権力をも用いて、神は、救いの計画を実現されたということが、ルカの言いたいところであったのでしょう。ルカ福音書2:1~20には、実に簡単明瞭に、主イエスのご誕生のときのいきさつがまとめられています。
 この登録のため、すべての者たちが、自分の町へと進んでいました。そして、ヨセフもダビデの家と家族の出だったので、ナザレから、ユダヤのベツレヘムへと上りましたが、登録するために、婚約していたマリアと一緒だったが、彼女は身ごもっていて、ベツレヘムに来た時、月が満ちて、男の子の初子を産み、飼い葉桶の中に、布切れでその乳飲み子を動きにくいように締めて、寝かせた。なぜならば、彼らには、寄宿舎に場所がなかったからであると記されていあす。
洗礼者ヨハネは、山里中で話題になるような奇跡と共に生まれたときに祝福されましたが、主イエスは、誰にも目を留められないような形で、洞窟か何かの家畜小屋でうぶごえをあげたのであります。
 そして、その地域で、羊飼いの野と言われるところがあり、羊飼いたちが羊の世話をしながら、寝ずの番をしていました。すると、突然み使いがそばに立ち、主の栄光が彼らを照らしたのであります。彼らは大きな怖れを恐れさせられたと原文では書かれています。すると、み使いは言います。「恐れさせられるな。見よ、今日あなた方のために救い主が生まれた、この方はこの民すべての喜びになる。この方こそ、ダビデの町における主、メシア(キリスト)である。そして、これが、あなた方へのしるしである。すなわち、あなた方は、飼い葉桶に寝かされている乳飲み子を見出すであろう。」
すると、たちまち、天のおびただしい軍勢が起こり、賛美しながら、こう語って現われたのであります。「栄光がいと高きところにおいて、神に。そして、地上では平和がご好意の人間たちにあるように」と。
 救い主の誕生が最初に知らされたのは、貧しい、見放された羊飼いたちにでありました。私たちの新共同訳聖書では「平和がみ心にかなう人にあるように」と訳されていますが、少し曖昧であります。「み心に適う人」と言うと何か立派な、正しい行いをする人、徳のある生活をする人というようなニュアンスがあります。しかし、これは、「神のご好意に与る人間たちに」すなわち、全人類に平和があるようにということであります。そして、平和というのも、外見的な平和ではなく、いろいろな諸勢力のバランスの中にあって人間が完全な状態になるように、といった意味であります。そういう意味を込めて、貧しい者、体の不自由な人、目が不自由な人にも平和が与えられるようにと、天使たちは合唱したのであります。
 天使たちが去って行った時、羊飼いたちは、お互いにこう話し合っていました。「さあ、ベツレヘムまで行こう。そして、主が知らせてくれた事・言葉を見ようではないか」と。そして、彼らは急いで行って、そのしるし、ヨセフとマリアと布にくるまれたその乳飲み子を探し当てたのであります。それは、見栄えのしない、平凡な、みすぼらしい光景でありました。その光景を見た彼らは人々に主が知らせてくれた事・言葉どもを知らせました。結果は、聞いていた人々はみな驚いたとだけ記されています。で、一方、マリアは、その心の中であれこれと考え、それらの出来事や言葉を、心に宝のように積んでいたのであります。
 そして、羊飼いたちは、引き返したのであります、すべて、彼らが語られた通りに見聞きしたことで神をあがめ、賛美しながら。
 主イエス・キリストは、カルバリの十字架上で最もみじめな死を遂げますが、お生まれになったときから、低く生まれ、私たちの罪のために十字架を背負ってお生まれになったのであります。その知らせを聞いて神を賛美しながら帰って行った羊飼いたちのように、私たちも、たとえどのように、落ち込み、順調でないときにも、この救い主イエスが、本日の飼い葉桶と共に、私たちを導いてくださることを信じて、新しい一年を過ごしてまいりましょう。

人知では到底はかり知ることのできない平安が、キリスト・イエスにあってあなた方を守るように。アーメン。
スポンサーサイト
2008/12/24(水) 19:00:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。