津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「人をつまずかせないということ」(マタイ18:1~14)
マタイ18:1-14、2008・09・21、聖霊降臨後第19主日
エレミヤ書15:15-21、ローマの信徒への手紙12:9-18

マタイによる福音書18:1-14
 そのとき、弟子たちがイエスのところに来て、「いったいだれが、天の国でいちばん偉いのでしょうか」と言った。そこで、イエスは一人の子供を呼び寄せ、彼らの中に立たせて、言われた。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない。自分を低くして、この子供のようになる人が、天の国でいちばん偉いのだ。わたしの名のためにこのような一人の子供を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。」

 「しかし、わたしを信じるこれらの小さな者の一人をつまずかせる者は、大きな石臼を首に懸けられて、深い海に沈められる方がましである。世は人をつまずかせるから不幸だ。つまずきは避けられない。だが、つまずきをもたらす者は不幸である。もし片方の手か足があなたをつまずかせるなら、それを切って捨ててしまいなさい。両手両足がそろったまま永遠の火に投げ込まれるよりは、片手片足になっても命にあずかる方がよい。もし片方の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出して捨ててしまいなさい。両方の目がそろったまま火の地獄に投げ込まれるよりは、一つの目になっても命にあずかる方がよい。」

 「これらの小さな者を一人でも軽んじないように気をつけなさい。言っておくが、彼らの天使たちは天でいつもわたしの天の父の御顔を仰いでいるのである。あなたがたはどう思うか。ある人が羊を百匹持っていて、その一匹が迷い出たとすれば、九十九匹を山に残しておいて、迷い出た一匹を捜しに行かないだろうか。はっきり言っておくが、もしそれを見つけたら、迷わずにいた九十九匹より、その一匹のことを喜ぶだろう。そのように、これらの小さな者が一人でも滅びることは、あなたがたの天の父の御心ではない。」





説教「人をつまずかせないということ」(マタイ18:1-14)
 
私たちは、本日、主イエスが弟子たちに向かって語られた一連のお言葉を与えられています。ルカにも、このペリコペーのうちの一部の並行個所がありますが、ルカでは、論敵に対して語られた言葉となっています。しかし、マタイでは、それは、弟子たちに対して語られた言葉であり、すなわち、私たちを戒め、励まし、勧めをするお言葉となっています。
 マタイ福音書は、特に教会向けに語られた福音書であり、そして、弟子たちは、主イエスの言葉を理解し、み言葉を咀嚼することのできる弟子たちとして描かれています。従って、マタイは現代の読者である私たちをも、12弟子たちと同じく、主イエスの言葉の真意を理解できる存在として考えています。
 さて、本日の記事は、弟子たちのうちで誰が一番偉いか、という問題と、罪への誘惑、すなわち、私たちが兄弟を躓かせるという危険性と、そして、迷い出た1匹の羊が探し出されることについての私たちの天の父の喜びという三つの内容・部分から成り立っています。
 そして、この3つの部分に共通しているのは、主イエスを信じる小さな子供や、小さな存在、例えば、求道中の者たちや、信じて間もない信者や、心の貧しい者たち、更には、信仰歴には関係のないすべての信徒同士が、お互いにつまずかせることのないように、すなわち、主イエスを信じていることから、離れさせ、棄教させ、背教させることがないように常に気をつけるようにという主題であります。
 最初の段落では、いきなり、「その時、弟子たちがやって来て、主イエスに尋ねる」のであります。「さて、誰が天の国ではより偉大なのでしょうか」と。主イエスは、それに対して、子供を歓迎して呼び寄せ、彼らの真ん中に立たせて、言われます。「よく言っておくが、あなた方は翻って、この子供のようにならなければ、天の国へは決して入らないであろう」と。天の国とは、何も死後の天国だけを指すのではなく、現在においても神のご支配に与れないということであります。なぜでしょうか。子供といっても成長段階があり、10歳くらいになると嘘をつくことも覚えるのですが、子供は大人のように自力を誇ることがないのであります。私たち大人は、自慢したり、地位の上下で悩んだり、喜んだりするのでありますが、子供は、自分が非力であることを知っており、その点で大人よりも謙虚なのであります。そして、主は、「私のために、このような子供の一人を受け入れる者は、私を受け入れるのである」と言われるのであります。
 さて、第二の段落は、「私へと信じているこれらの小さい者の一人を躓かせる者は、大きな石臼を喉の周りにひっかけて海の深みに沈められるほうがよいであろう」と非常に厳しいことを言われます。躓かせる、あるいは、躓きということばが、何度も出てきますが、これは、英語のスキャンダルという言葉のもとになっている言葉であります。せっかく信じていた主イエスを、信じないことへともたらし、不信仰という罪に陥れるということであります。主イエスを信じている小さい人とは、求道中の人や、信じて間もない人や、飢えている人や、牢に入れられている人や病気の人や、金持ちのもとにいた貧しいラザロのような人も入るでありましょう。実はもっと言えば、私たち、教会のメンバーみんなが、主イエスへと信じている小さい者の一人同士に過ぎないかも知れません。
 言い換えれば、躓かせるとは、すべての主イエスを信じている者を、信じなくする罪へと陥らせることでありましょう。主は、それに対して、非常に厳しく戒められるのであります。「もし、あなたの手や足や目があなたを躓かせるようであれば、それらを切って投げ捨てよ、両手両足、両目をもって永遠の火へと、地獄の火へと投げ込まれるよりも、からだの一部が不自由になって命に入るほうがあなたには益である」とまで言われています。
 この主のお言葉を考える時、だれが、この言葉に耐えられるでしょうか。私どもは、罪にまみれた存在であり、私どもを見て、主イエスを信じている人が躓かない、不信仰へと陥らないと断言できる人がいるでしょうか。それは、厳格に言えば、本日の主日の祈りにありますように、「すべての人のため苦難の道を歩まれた」み子のほかにはだれもいないのではないでしょうか。
 しかし、そのような私たちの弱さについて、主はよく御存知でありました。「この世界は災いである、躓きがあるがゆえに、すなわち、罪への陥れがあるから。それは避けられない。しかし、その人を通して躓きが来るその人は災いである」、と主は言われました。私たちの世界は、誘惑に満ちています。あらゆるサタンの勢力が、主イエスを救い主、神の子と信じる信仰から引き離そうとしています。そして、私たちは、実際日ごとに、心と思いと行いとによって罪を犯すのですが、しかし、最後まで父のご意志に従順に歩まれた十字架と復活の主によって、私たちは人を躓かせるという罪を克服することができると主は戒め、かつ励まされるのであります。
 そして、三番目の譬えを主は語られます。「あなた方にはどう思えるか。100匹の羊が与えられた人がいてそのうちの1匹が迷い出たら、99匹を山に残して捜しに行かないか。そして、その1匹を探し当てたなら、迷い込まなかった99匹の上によりも、その1匹の上に彼は喜ぶであろう。そのように、これらの小さな者たちの一人が滅びることは、あなた方の天の父にとって、その御意志ではない、喜びではない」と、主は言われます。
 私たちは、私たちの天の父によって、また、その遣わされたみ子によって滅びから見出され、救い出された一人一人であります。そして、それが、天の父のこれ以上にない喜びであると主は断言し、約束なさり、私たちを慰め、励ましてくださるのであります。天の父のみ子への信仰から、いと小さき者たちを、離れさせることのないように、私たち教会員同士お互いに注意したいものであります。私たち主イエスの弟子たちは、十字架の死に至るまで天の父のご意志に従順であられたみ子を知らされている者であります。私たちもみ子の従順の道を歩み、謙虚に歩み、これからの1週間も力を与えられていきたいと思います。 
祈ります。天の父なる神さま。私どもの現実の状態を完全に知られたならば、私どもは、兄弟を躓かせざるを得ないような罪多き存在です。しかし、あなたは、み子を通して苦難に満ちた十字架の道を辿らしめ、私たちもその道を歩むように示してくださいました。私たち教会員の一人一人をあなたが導いてください。そして、お互いが欠点や重荷を負う存在であることを認め、赦し合い、励まし合う関係へと導いてください。信仰には段階がありますが、地上の生を終える時まで、私たちの信仰は常に不安定で非常に小さく、脆いものです。あなたのみ言葉と導きなしには、兄弟姉妹を躓かせないことはできません。どうか、憐れみ、助けてください。アーメン。

私たちの神は、御自分の栄光の富に応じて、キリスト・イエスによって、あなたがたに必要なものをすべて満たしてくださいます。 
スポンサーサイト
2008/09/21(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。