津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「天の国に入るために」(マライ5:21~37)
マタイ5:21-37、2005・05・29、聖霊降臨後第2主日、
申命記30:15-20、コリントの信徒への手紙一 2:6-13

マタイ福音書5章21節~37節
「あなたがたも聞いているとおり、昔の人は『殺すな。人を殺した者は裁きを受ける』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける。兄弟に『ばか』と言う者は、最高法院に引き渡され、『愚か者』と言う者は、火の地獄に投げ込まれる。だから、あなたが祭壇に供え物を献げようとし、兄弟が自分に反感を持っているのをそこで思い出したなら、その供え物を祭壇の前に置き、まず行って兄弟と仲直りをし、それから帰って来て、供え物を献げなさい。あなたを訴える人と一緒に道を行く場合、途中で早く和解しなさい。さもないと、その人はあなたを裁判官に引き渡し、裁判官は下役に引き渡し、あなたは牢に投げ込まれるにちがいない。はっきり言っておく。最後の一クァドランスを返すまで、決してそこから出ることはできない。」

 「あなたがたも聞いているとおり、『姦淫するな』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、既に心の中でその女を犯したのである。もし、右の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出して捨ててしまいなさい。体の一部がなくなっても、全身が地獄に投げ込まれない方がましである。もし、右の手があなたをつまずかせるなら、切り取って捨ててしまいなさい。体の一部がなくなっても、全身が地獄に落ちない方がましである。」

 「『妻を離縁する者は、離縁状を渡せ』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。不法な結婚でもないのに妻を離縁する者はだれでも、その女に姦通の罪を犯させることになる。離縁された女を妻にする者も、姦通の罪を犯すことになる。」

 「また、あなたがたも聞いているとおり、昔の人は、『偽りの誓いを立てるな。主に対して誓ったことは、必ず果たせ』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。一切誓いを立ててはならない。天にかけて誓ってはならない。そこは神の玉座である。地にかけて誓ってはならない。そこは神の足台である。エルサレムにかけて誓ってはならない。そこは大王の都である。また、あなたの頭にかけて誓ってはならない。髪の毛一本すら、あなたは白くも黒くもできないからである。あなたがたは、『然り、然り』『否、否』と言いなさい。それ以上のことは、悪い者から出るのである。」




説教「天の国に入るために」(マタイ5:21~37)
 
先週から、私たちは、聖霊降臨後第2主日以降に入り、緑の色で表されます一年の教会暦の後半を歩み始めています。緑は、ノアの箱舟から放たれた鳩が、陸地を見つけて、オリーブの葉を咥えて帰って来たことに示されているように、神にある希望を表しています。時、折りしも、新緑のまぶしい季節でもあります。
 私たちは、先週から、再びマタイに戻り、主の山上の説教から、先週は、「あなた方は地の塩であり、世の光である」との力強い主の言葉を聞き始めたのであります。そして、本日は、同じ山上の説教からマタイ5:21-37が与えられています。これは、幾つかの主の語られたお言葉を、編集したものでありましょう。
 私たちの常用しています新共同訳聖書は、丁寧に小見出しをつけ、間隔もおいてあって非常に読みやすくなっています。
 本日の言葉も、その幾つかの内容に従って、まず、怒ってはならないと小見出しがついており、さらに、姦淫について、そして、離縁すなわち離婚についてとあり、最後は、誓うことなかれ、という内容として要約されているのであります。それらを、順に追いながら、本日の主のお言葉をご一緒に味わっていきたいと思います。
 まず、怒ってはならないとの主のお言葉であります。あなた方は聞いている、すなわち、昔の人々に、「あなたは、殺してはならない」と言われているのを、と始まります。これは、ギリシャ語の原文では「あなたは、殺さないであろう」と書かれているのでありまして、あなたは、殺すことはないと、神が約束してくださっているとも読めるのであります。
 しかし、そのモーセが授かった十戒の一つに対して、「しかし、私はあなた方に語る、だれでも、その兄弟に対して、怒る者はすべて、法廷に対して責任があるであろう」とまず、主は語り始められるのであります。この「しかし、私は言っておく」と主は語り始められれているのですが、これは、私は旧約の命令を無効にすると言われているということでは決してありません。「デ」という接続詞ですが、これは、日本語の「で」にちょうど当たるものであります。「で、さらに私は旧約の言葉を強め・徹底して言っておこう」と主は言われるのであります。本日の「しかし、私は言っておく」というのはすべて、そういう意味であります。旧約聖書を不要にするために、破棄するために、主はお出でになられたのではありません。旧約を成就し、さらにそれを行き渡らせるために、メシアとして私は来たのであると言われるのです。 主は続けられます。だれでも、その兄弟に対して、「あほう、ぼんくら頭」と言う者は、最高法院に対して責任を持つであろう、また、その兄弟に対して、「愚か者」と言うものは、火のゲーナへと、火の地獄へと責任を問われようとその神の前における責任は激しくなる怒りのその言葉に応じて高められるのであります。私たちは、兄弟に、とありますから、特に、教会において、兄弟姉妹であるはずなのに、侮辱されたり、誤解されたりするときに、相手をなかなか赦せないのであります。しかし、神の前で、兄弟を怒るときには、人を殺すのと同じように、いや、それ以上に責任は重いと、主は赦しを促されるのであります。 次の、祭壇の前で、ある兄弟が自分に対して何か持っているのを思い起こしたなら、ささげ物をおいて、まず、その兄弟のところに行って、和解をしてから、ささげものをするように、主は言われます。また、あなたの裁判での敵対者、あなたを訴えるものと、共に道にある者は、まずはとにかく、彼に好感をもたれるようにあれと、忠告なさいます。これらは、相手が逆に私たちに対して怒っているときにどうすべきかということでありましょう。 そして、相手と仲直りしていないと、あなたは、裁判官に渡され、その補佐に渡され、獄へと投じられて、最後の1カドランス、2レプトン、200円くらいでありましょうか、その最後のものまで払い戻さないと、そこから出られないだろうといわれるのであります。 
さて、次は、姦淫についてであります。「あなたは姦淫しないだろう、姦淫してはいけない」といわれている。で、さらに、私は言おう、人妻に向かって性欲を向けて見る者は、既にその心の中で姦淫を犯したのであると言われます。性欲それ自体がよくないとか、禁欲せよということではありません。さらに、主は言われます。あなたの右の目があなたを罪に陥れるなら、それをえぐりなさい、そして、投じなさい。体の一部が失われても、体全体が失われないほうがあなたにどんなに有益なことか。また、あなたの右、力のあるほうの手があなたを罪に陥らせるのなら、それを切って投じなさい、あなたの体の一部が失われても、あなたの体全体がゲーナへと、地獄へと行かないほうがあなたにはるかに益であると言われるのです。他人の家庭をふみにじり、秩序をこわすことが問題なのであります。 さらに、離縁について、離婚について言われます。「あなたは、妻を離婚するときには、離婚証明書を相手に与えなさい」とあなた方は聞いている。
で、さらに、その言葉に対して、私は言っておこう、「不法な結婚でもないのに」、これは、「不貞という理由もなしに」離婚してはならないとも読めます。ゆえなく、離婚することは認められない。なぜならば、神は人を男と女とにおつくりになった。それゆえ、人は父母を離れて、妻と一体となるという言葉がまったき成就を持つためであります。
 最後に、主は「あなたは誓いを破ってはならない、偽り誓ってはならない」と昔の人に言われたことをあなた方は聞いているが、で、さらに私は、あなたがたに一切誓うなと言っておくといわれます。 天をさして誓うな、地において誓うな、そこは、神の王座であり、神の足置き台であるから。また、エルサレムへと、エルサレムに向いて誓うな、さらに、あなたの頭において誓うな、あなた方は髪の毛1本をも白くも黒くもすることはすることは出来ないからだと言われます。そして、あなた方の言葉は、「はい」に対して「はい」、「いいえ」に対して「いいえ」であれ、それら以上に出ることは悪から、あるいは、サタンから出てくるのであると言われます。これは、法廷での宣誓や、大統領就任式における宣誓のようなものまで、否定するということではもちろんありません。私たちの言葉とふるまい、一つ一つが誠実になされるなら、あえて、仰々しくむやみに誓う必要性もなくなると主イエスは知っておられるからであります。
私たちは、本日主によって挙げられている旧約の命令や勧告の言葉を、主イエスのお言葉を通して、さらに、究極的な・徹底したものにすることが出来るのであります。
祈りましょう。天の父なる神さま。私たちを旧約の義にまさる義へと主イエスのお言葉を通して深めさせてください。私たちは、弱く、罪に陥りやすいものでありますが、み子の十字架を通してのお言葉によって、今日からまた新しい生き方を出来ますように。キリストによって祈ります。アーメン。
スポンサーサイト
2008/06/01(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。