津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「終りの日までの試練と忍耐」(ルカ21:5~19)
ルカ21:5-19、2007・11・25、聖霊降臨後最終主日(典礼色―緑―)
イザヤ書52:1-6、コリントの信徒への手紙一15:54-58

ルカによる福音書21:5~19
 ある人たちが、神殿が見事な石と奉納物で飾られていることを話していると、イエスは言われた。「あなたがたはこれらの物に見とれているが、一つの石も崩されずに他の石の上に残ることのない日が来る。」
 そこで、彼らはイエスに尋ねた。「先生、では、そのことはいつ起こるのですか。また、そのことが起こるときには、どんな徴があるのですか。」イエスは言われた。「惑わされないように気をつけなさい。わたしの名を名乗る者が大勢現れ、『わたしがそれだ』とか、『時が近づいた』とか言うが、ついて行ってはならない。戦争とか暴動のことを聞いても、おびえてはならない。こういうことがまず起こるに決まっているが、世の終わりはすぐには来ないからである。」そして更に、言われた。「民は民に、国は国に敵対して立ち上がる。そして、大きな地震があり、方々に飢饉や疫病が起こり、恐ろしい現象や著しい徴が天に現れる。しかし、これらのことがすべて起こる前に、人々はあなたがたに手を下して迫害し、会堂や牢に引き渡し、わたしの名のために王や総督の前に引っ張って行く。それはあなたがたにとって証しをする機会となる。だから、前もって弁明の準備をするまいと、心に決めなさい。どんな反対者でも、対抗も反論もできないような言葉と知恵を、わたしがあなたがたに授けるからである。あなたがたは親、兄弟、親族、友人にまで裏切られる。中には殺される者もいる。また、わたしの名のために、あなたがたはすべての人に憎まれる。しかし、あなたがたの髪の毛の一本も決してなくならない。忍耐によって、あなたがたは命をかち取りなさい。」


説教「終末の日までの試練と忍耐」(ルカ1:5~19)
 
この一年間、私たちは教会暦の最後の本日の主日まで、主としてルカによる福音書を味わいながら歩んできました。本日のルカの記事をもって、三年サイクルのC年、主としてルカ福音書による一年間は終わり、次週からはアドベントを迎え、A年として、マタイによる福音書に戻ります。B年はいうまでもなく、マルコによる福音書であります。
さて、教会暦の一年の最終主日、聖霊降臨後最終主日にはA年、B年、C年いずれであれ、いつも終末を覚える個所が選ばれています。
 本日の個所はルカ21:5-19であります。その記事についてご一緒にしばらく考えてみたいと思います。
 本日の記事は、黙示的な終末にかかわることを、主イエスが語られる記事であります。その文脈を見ますと、21:5-7の導入があり、そして、主イエスの言葉が、21:8-11の偽メシアの出現や騒乱・異変、21:12-19の教会への迫害、そして、21:20―24のエルサレムの廃墟化、そして21:25-36の破局的出来事と主イエスの説諭・命令という構成になっています。
 主イエスの弟子たちは、終わりの日が近いのではないか、それなのにどうしてそれが遅れているのかと戸惑っていました。また、ルカが福音書を書いた時代、おそらく紀元後90年頃には弟子たちは終りの日が近づいていると待っていましたし、主イエスの再臨が既に起こったと考える者たちもありました。それに対して、エルサレムにおける彼の生涯の最期の1週間に言われた主イエスの言葉をここにルカはまとめているのであります。
 本日の記事に即して、もう一度、本日の記事の流れを思い起こしてみましょう。群衆のうちのある人々が、エルサレム神殿の見事な石や飾られている奉納物に見とれていると、主イエスは言います。それらの石が倒し落とされて、石の上に石が一つも残されない日々が来るであろうと。その神殿は、事実紀元後70年にローマ帝国によって壊滅され、一部の石と壁面をのぞいて跡形もない廃墟とされたのであります。大きな、横縦、350メートルと450メートルほどもあった神殿の本体が壊滅されるのであります。それは、終わりの日のしるしとして、主イエスは予期されているのであります。
 人々は先生、それらの出来事の起こる前にどんなしるしが起こりますかと主イエスに質問しました。主イエスは言われました。あなた方は、戦争や騒乱のうわさを聞くだろう、そして、私の名において偽メシアが現れて、私がそれであるとか、時が近づいたというが彼らの後についていってはならない、それらのことは起こることになっているが、終わりのときではないからであると言われました。現代でも時々、私はメシア、キリストの再来であるとうそぶく偽キリストが現れ、多くの人々が今も迷わされています。
さて、主は更に、彼ら群衆に向かって、そのとき語っておられました。民は民に、国は国に対して立ち上がるであろう、そして大地震が起こり、場所によっては飢餓や疫病がなり、天からは恐ろしい兆しやしるしがなろう。しかしそれらのことの前に、あるいは重なって、人々はあなた方に手をかけ、獄や会堂へと引っ張って行き、それは私の名のゆえにそうされるのである。しかしあなた方に、私が口と知恵、あるいは神のみ霊、聖霊を授けるので、前もって弁明し防御しようとしないがよいと言われます。
私の名のためにあなた方はすべての人から憎まれるものとなろう。しかし、あなた方の頭の髪の毛の一本も失われないであろう。あなた方は、忍耐によって、不屈に精神において、あなた方の魂を獲得しなさいと、言われたのであります。
本日の主イエスの言葉は、エルサレムの崩壊後、2000年近くたった今も真理であります。私たちは、主イエスの十字架のときから再臨のときまでが教会のときであり、私たちはこの世界にあってしばしば誘惑に陥りますが、それに屈従するのではなく、忍耐によって、キリストの復活による永遠の命を約束されているのですから、目覚めて、自分の生涯の終わりの日まで、本日の主の言葉に信頼して、たとえ死んでもなくならない魂・命を勝ち取りつつ、新たな1週間を歩みたいものであります。
 望みの神が、信仰から来るあらゆる喜びと平安とをあなたがたに満たし、聖霊の力によって、あなたがたを望みにあふれさせてくださるように。アーメン。 




スポンサーサイト
2007/11/25(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。