津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「私は道、真理、命である」(ヨハネ14:1~14)
ヨハネ14:1-14、復活後第4主日(白)
使徒言行録17:1-15、ペトロの手紙一2:4-10

ヨハネ福音書14章1節~14節
 「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる。わたしがどこへ行くのか、その道をあなたがたは知っている。」トマスが言った。「主よ、どこへ行かれるのか、わたしたちには分かりません。どうして、その道を知ることができるでしょうか。」イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。」フィリポが「主よ、わたしたちに御父をお示しください。そうすれば満足できます」と言うと、イエスは言われた。「フィリポ、こんなに長い間一緒にいるのに、わたしが分かっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのだ。なぜ、『わたしたちに御父をお示しください』と言うのか。わたしが父の内におり、父がわたしの内におられることを、信じないのか。わたしがあなたがたに言う言葉は、自分から話しているのではない。わたしの内におられる父が、その業を行っておられるのである。わたしが父の内におり、父がわたしの内におられると、わたしが言うのを信じなさい。もしそれを信じないなら、業そのものによって信じなさい。はっきり言っておく。わたしを信じる者は、わたしが行う業を行い、また、もっと大きな業を行うようになる。わたしが父のもとへ行くからである。わたしの名によって願うことは、何でもかなえてあげよう。こうして、父は子によって栄光をお受けになる。わたしの名によって何かを願うならば、わたしがかなえてあげよう。」


説教「私は道であり、真理であり、命である」(ヨハネ14:1-14)
 本日は復活後第4主日であります。先週は、ヨハネ福音書10章の1節以降から、「私は羊の門である」という言葉が読まれました。私たちは真実な主のみ声を聞き分けると教えられたのでありました。
本日は、「私は道であり、真理であり、命である」という本日の箇所の中に深まれています主のみ言葉をそのまま説教題にしました。復活節に本日の箇所ヨハネ福音書14章1節から14節が与えられている意味についてご一緒に考えましょう。これは、告別説教と呼ばれる部分の最初の箇所であります。主イエスが捕らえられる直前に弟子たちに前もってこれらの言葉を語ることにより、弟子たちがその後、すなわち、主の捕縛と十字架刑の後に、そして主のぐ復活の出来事の後に、弟子たちが立ち直り、励まされるために残した言葉であります。「あなたがたの心を揺り動かされないように」と、主はまず言われました。これは、水が激しくかきまぜられるといった意味の言葉であります。
本日の箇所は、あくまでも、弟子たちが信仰をなくさないようにとの励ましのお言葉であります。そして、「あなた方は神を信じなさい、また、私を信じなさい」と言われます。「私の父の家には、多くの住居がある。もしなければ、私はあなた方に、場所を用意しに行くといっただろうか。そこに行って後、場所を用意したら、またあなた方のところにやって来る」と言われます。
それは、再臨のときのことでしょうか。それとも、復活後に弟子たちに姿を現すことを言っておられたのでしょうか。主は、「私がどこへ行くかあなた方はその道を知っている」と言われました。すると、トマスが「私たちはあなたが行くところ、その道を知りません。どうして、知ることができましょうか」と質問しました。疑い深い、あるいは、真理を理解するのが遅い、ディドモと呼ばれた、双子あるいは二重性を意味したトマスらしい質問です。
それに対して主は言われます、「私は道であり、真理であり、命である」と。そして「わたしによらないでは、だれも、父のもとにやってくることはできない」と。私こそ、父なる神への真理と永遠の命への唯一の道であると言われるのであります。フィリポが今度は願い出ます。告別説教とは弟子たちとの最後の対話でもあるのです。「私たちに父を見せてください。そうすれば満足します」と。主は、「フィリポ、あなたは私とこんなに長くいるのに、私のことがわからないのか。私を見たものは父を見たのである」と言われます。そして、「私は父においており、父はわたしにおいておられる」と言います。さらに「あなたがたが私の言う言葉を信じないのなら、むしろ、わたしにおいてなされている業(わざ)を信じなさい」と言われます。そして「あなたがたは、わたしのわざをおこない、わたしのわざよりももっと偉大な業をあなたがたはなすであろう」と約束なさいいました。父のもとに、主が出発され、父とともに、わたしたちの働きにおいて、主がともにいてくださるからであります。このことはまた、み子を信じないこの世界をさばくことにもなると、主は語っておられるのであります。「あなたがたは、わたしの名において、何でも要求しなさい」と言われます。そしてあなた方が要求したそのことを、主ご自身がするであろうと、おっしゃってくださいます。私たちは、この世界にあって、目に見える迫害は今はなくても、しかしそれと同じように大きな困難やいろいろな障害にこの世界にあってはぶつかるように、神様によって定められています。けれども、主は、本日のみ言葉をもって、ご自分が、弟子たちを後に残し、またそれ以後の私たち信者を後に残すにあたって、私たちを守り、励ますために、本日のお言葉を残し、与えててくださいました。そして、父のもとに主は出発なさり、復活とともに、再臨の日に至るまで、私たちを力づけていてくださいます。主イエスこそ神に至る唯一の道であり、救いの目標であります。この世界において強く生きながら、この救いの出来事を、周囲の人々にも是非知らせていきたいものであります。人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。


 

スポンサーサイト
2005/04/24(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。