津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「主イエスの出発による聖霊の到来」(ヨハネ16:4b~11)
ヨハネ16:4b-11、2007・05・27、聖霊降臨祭(典礼色―赤―)
創世記11:1-9、使徒言行録2:1-21
 
ヨハネによる福音書16:4b~21
 「初めからこれらのことを言わなかったのは、わたしがあなたがたと一緒にいたからである。今わたしは、わたしがお遣わしになった方のもとに行こうとしているが、あなたがたはだれも、『どこに行くのか』と尋ねない。むしろ、わたしがこれらのことを話したので、あなたがたの心は悲しみで満たされている。しかし、実を言うと、わたしが去っていくのは、あなたがたのためになる。わたしが去って行かなければ、弁護者はあなたがたのところに来ないからである。わたしが行けば、弁護者をあなたがたのところに送る。その方が来れば、罪について、義について、また、裁きについて、世の誤りを明らかにする。罪についてとは、彼らがわたしを信じないこと、義についてとは、わたしが父のもとに行き、あなたがたがもはやわたしを見なくなること、また、裁きについてとは、この世の支配者が断罪されることである。



説教「主イエスの出発と聖霊の到来」(ヨハネ16:4b~11)

 本日はペンテコステの主日を迎えています。クリスマス、そして、復活祭(イースター)と共に、この聖霊降臨祭は、キリスト教の三大祝日になっています。今日の聖書の朗読は、旧約聖書は、創世記のバベルの塔の出来事が読まれ、人々が神のようになろうとして天にまで届くほどの高い塔を建て始めたので、彼らの言葉を混乱させて、お互いに言葉が通じ合わなくされたことが読まれました。また、使徒言行録からは、主の復活から50日目に五旬祭の時に赤い舌のような形をした聖霊が祈っていた弟子たちのそれぞれの頭の上にくだり、地中海世界から戻っていたユダヤ人たちに、それぞれの生まれ故郷の言葉で弟子たちが神の言葉を預言し、また、ペトロが大胆に神の救いの実現を、旧約聖書から説教する場面が読まれました。そして、本日の福音は、ヨハネ16:4b-11が与えられています。この教会が誕生したといわれる祝いの日に、この福音が与えられている意味についてご一緒にしばらく考えてみましょう。
 主は、それらのことをあなた方に言わなかったのは、あなた方とずっと共にいたからであると本日のお言葉を始めています。主イエスが共にいてくださる間は、弟子たちは、何も心配する必要はありませんでした。しかし、主イエスが出発するという時が間近に迫っています。主は言われます。私は、私を送ってくださった方のもとへ出て行こうとしているのにあなた方はだれも「どこに行かれるのですか」と問う者もなく、かえって、悲しみがあなた方の心を満たしている。しかし、私が去っていくのは、あなた方の益になる、なぜならば、私が去っていかない限り、弁護者、パラクレートスと言いますが、その方は来ないからである。私が進んでいくなら、私は、彼をあなた方に向かって送ろう、と言われるのであります。パラクレートスというのは、そばで呼ぶというパラクレオーから来ている言葉で、弁護士やあるいは検察官というような意味もあり、法廷で代わって代弁する者といった意味もありますが、もっと親しい存在として、親切な助け手、慰め主、助け主と訳されることもあります。イエスが父のもとへ返ると、自分に代わって主イエスの言葉と働きを延長する方として来られる聖霊のことであり、それは、教会を通して、教会のメンバーを通して働かれるのであります。
 そして、主は、彼パラクレートスはこの世界をあばく、明るみに出すと言われるのであります。何についてかといえば、罪について、義について、裁きについて指摘し、暴露するというのであります。そしてその内容についてこう言われます。罪についてとは、彼らが私へと信じないことである、あるいは、これは、彼らが私へと信じないからであるとも訳せます。罪とは何か悪いことをするとかいうことではなくて、主イエスを信じないでいること、その拒否、不信仰そのものが罪なのであります。これは、イエスの当時のユダヤ人が信じなかったことのみでなく、今も信じないでいる人々について、イエスへの不信仰こそが罪であると言われるのであります。それから、主は続けられます。義についてとは、私が父のもとに出て行き、あなたたちがもはや私を見ないことである、あるいは見ないからであるとも訳せます。主イエスは死に至るまで、十字架の死に至るまで父のご意志に最後まで従順でありました、そして、弟子たちはもはや、主が死に、天に上げられて、見なくなるのでありますが、このことによって、神の義が、あるいは主イエスの正しさが実現するのであります。そして、さらに最後に言われます。裁きについてとは、まさにこの世界の長、支配者、すなわちサタンが既に裁かれていることであり、あるいは裁かれているからであると言われるのであります。弁護者、聖霊は、このような働きを、教会を通して今も、主イエスに代わってなされているのであります。
 私たちは、この弁護者について知らされています。ですから、悲しみが、私たちが主イエスを見ないことによって、私たちの心を満たすのではなく、どんな困難な時にあっても、困窮の時にあっても、それにうちひしがれることなく、弁護者によって励まされ、力づけられて、使徒たちと同じように私たちも、主イエスのお言葉とお働きとを宣べ伝えることができるのであります。私たちの身の回りにおられる日本人の多くの方々は、主イエスのことを救い主だということを知らされていません。習志野の市民の方々について言えば、昨日は市役所で、健康診断を受けてきましたが、市役所の職員の方々も、市民の方々もたいていは良心的であり、聖書の神さまを知らなくても、み心に適った生活をすればそれでもいいのではないかとも思いました。しかし、私たちの出会うあらゆる人々に、この神の救いの計画を知らせ、二度と来ない人生を、主イエスと共に、また、神と共に、また教会を通して、今も働いている弁護者、聖霊とともに歩む人生のすばらしさを、共々に、すべての人たちに伝えたいものであります。なぜならば、神から離れた、神を信仰しないこの世界はやはりそのままでは、罪に満ちているからであります。祈りましょう。
 父なる神さま。
 本日は、ペンテコステの礼拝を与えられ、有難うございます。今日は、主イエスが約束された弁護者が弟子たちに与えられ、教会が出発した日を覚えています。聖霊が今も力強く働いて、私たちの教会を導いてくださっています。人々を主イエスの言葉と働きへと招くことができるようにこの津田沼教会をも顧みてください。特に私たちの家族と友人たちを導いてください。この祝いの日を感謝し、聖霊が共におられる聖餐をも祝福してください。キリストによって祈ります。

望みの神が、信仰から来るあらゆる喜びと平安とをあなたがたに満たし、聖霊の力によって、あなたがたを望みにあふれさせてくださるように。アーメン。

スポンサーサイト
2007/05/27(日) 19:26:10| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。