津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「キリストが洗礼をお受けになる」(ルカ3:15~22)
ルカ3:15-22、2007・01・14、主の洗礼日(典礼色―白―)
イザヤ書42:1-7、使徒言行録10:34-38

ルカによる福音書3:15~22
 民衆はメシアを待ち望んでいて、ヨハネについて、もしかしたら彼がメシアではないかと、皆心の中で考えていた。そこで、ヨハネは皆に向かって言った。「わたしはあなたたちに水で洗礼を授けるが、わたしよりも優れた方が来られる。わたしは、その方の履物のひもを解く値打ちもない。その方は、聖霊と火であなたたちに洗礼をお授けになる。そして、手に箕を持って、脱穀場を隅々まできれいにし、麦を集めて倉にいれ、殻を消えることのない火で焼き払われる。」ヨハネは、ほかにもさまざまな勧めをして、民衆に福音を告げ知らせた。ところで、領主ヘロデは、自分の兄弟の妻ヘロディアとのことについて、また、自分の行ったあらゆる悪事について、ヨハネに責められたので、ヨハネを牢に閉じ込めた。こうしてヘロデは、それまでの悪事にもう一つの悪事を加えた。

 民衆が皆洗礼を受け、イエスも洗礼を受けて祈っておられると、天が開け、聖霊が鳩のように目に見える姿でイエスの上に降って来た。すると、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という声が、天から聞こえた。



説教「キリストが洗礼をお受けになる」(ルカ3:15~22)
 
顕現節に入りまして、第二の主日である本日は、主の洗礼日の礼拝であります。ルカ福音書3章の15節から22節までが、本日の福音として与えられています。群衆が、荒れ野とヨルダン川一帯に、呼ばわる者の声として現れた洗礼者ヨハネのもとにぞくぞくと集まって来ます。その群集は、本日の部分では、民衆、ラオスという言葉に変わっています。これは、神の民に、すべての人がなるようにと招かれていることを表しています。世界中のすべての人が洗礼を受け、メシアのもとで救われた民になるように招かれていることを、ルカはその考えの中に入れているのであります。
 民衆は、期待して、彼らのその心の中で、あれこれと思い巡らし、もしかしたら、ヨハネがメシアではないかと考えていたのであります。その生前に人々に及ぼした影響力からすれば、洗礼者ヨハネのほうが、主イエスよりも大きかったのではないかとも考えられます。しかし、福音書記者たちは、一致して、主イエスこそ、はるかにまさる待たれていたメシア、キリストであることを証言しているのであります。そして、ルカも洗礼者ヨハネの口を通して、すべての者に向けてこう言わせます。「私は、水であなたがたに洗礼を授けているが、私よりもはるかに力ある方がお出でになっている。私はその方の履物の紐を解くのにも値しない。その方は、彼の手に箕をもって、脱穀場をきれいにし、麦は倉に、入れ、籾殻は燃え尽きない火で焼き払われるであろう。そして、聖霊と火においてあなたがたに洗礼を授けられるであろう。」
世界中の人が、よき麦の穀物であるか、あるいは、役に立たない籾殻として、焼き払われるか、私たちは、そのいずれかに峻別されると、ヨハネは警告を発しています。そして、ヨハネが授ける悔い改めの洗礼ではなくて、主イエスによってもたらされる聖霊と火における洗礼を指し示したのであります。私たちは、洗礼によって、試練や苦しみがなくなるのではなく、みもとに召されるまで、聖霊と火で信仰が練り清められる者となることが、洗礼者ヨハネによって示され、約束されているのであります。
 すべての人が洗礼を受けに来た後、主イエスも、洗礼を受けられ、祈っていると、天が開かれ、聖霊が鳩のような形で、肉体的な形を取って、下ってき、天から声がなるということが起こります。そして、「あなたは、私の息子、愛する者、あなたにおいて、私は大いに喜んでいる」という声が起こりました。
罪のない主イエスがどうして洗礼を受けられたのでしょうか。それは、主イエスの洗礼を通して、神と人との交わりが回復されるためでありました。そして、洗礼者ヨハネは、すべての民衆にそのための用意をさせ、主イエスがメシアであることを証言し、その方がお出でになられるとき、聖霊がくだることを人々に知らせるために来たメシアの先駆者であります。
別の個所で、「女の中から生まれでた預言者たちの中でヨハネよりも偉大な者はいなかった。しかし、神の国におけるどのような小さい者も、ヨハネよりは偉大である」と主は言われます。私たちが受けている、また、求道者にとっては受けようとしているこのまことの洗礼がどんなに大きな恵みであり、力であるかを改めて噛み締めたいと思うものであります。
祈りましょう。
天の父なる神よ。あなたは、主イエスの受洗のとき、聖霊をくだし、み子に喜びを表されました。私たちにも、父と子と聖霊のみ名による洗礼の大きな喜びを今一度思い起こさせてください。キリストによって祈ります。アーメン。








スポンサーサイト
2007/01/14(日) 10:30:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。