津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「仕える喜び」(マタイ20:17~28)
マタイ20:17-28、2005・02・20、四旬節第2主日(紫)
創世記12:1-8、ローマ4:1-12、

マタイ福音書20:17-28
 イエスはエルサレムへ上っていく途中、十二人の弟子だけを呼び寄せて言われた。「今、わたしたちはエルサレムへ上って行く。人の子は、祭司長たちや律法学者たちに引き渡される。彼らは死刑を宣告して、異邦人に引き渡す。人の子を侮辱し、鞭打ち、十字架につけるためである。そして、人の子は三日目に復活する。」

 そのとき、ゼベダイの息子たちの母が、その二人の息子と一緒にイエスのところに来て、ひれ伏し、何かを願おうとした。イエスが、「何が望みか」と言われると、彼女は言った。「王座にお着きになるとき、この二人の息子が、一人はあなたの右に、もう一人は左に座れるとおっしゃってください。」イエスはお答えになった。「あなたがたは、自分が何を願っているのか、分かっていない。このわたしが飲もうとしている杯を飲むことができるか。」二人が、「できます」と言うと、イエスは言われた。「確かに、あなたがたはわたしの杯を飲むことになる。しかし、わたしの右と左にだれが座るかは、わたしの決めることではない。それは、わたしの父によって定められた人々に許されるのだ。」ほかの十人の者はこれを聞いて、この二人の兄弟のことで腹を立てた。そこで、イエスは一同を呼び寄せて言われた。「あなたがたも知っているように、異邦人の間では支配者たちが民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。しかし、あなたがたの間では、そうであってはならない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、皆の僕になりなさい。人の子が、仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのと同じように。」

「仕える喜び」(マタイ20:17-28)
本日は四旬節第2主日であります。先週の主日の40日間の誘惑に遭われた主イエスの出来事に続いて、本日はマタイ20:17-28が与えられています。四旬節のこの主の日に、この箇所が与えられている意味について、しばらくご一緒に考えてみたいと思います。
さて、今日のこの福音の箇所は、エルサレムが間近に迫ってきている中での出来事であります。主は、本日の部分に入る前では、労働者が最後に、一時間だけ働いたものにも、朝から働いたものにも、それぞれ1デナリオンずつ与えたというある主人の譬え話が出てきます。そして主イエスは、「先の者が後になり、後の者が先になるであろう」という、神が人間に与える報いについて語っておられます。
本日の内容もそれに続く、報いの問題であるというふうに、考えることができるのではないでしょうか。そして、そこから主イエスが十字架におつきになることが、私たちにとって何を意味するのかを教えている内容ではないかと思います。
さて、本日の内容は、二つに分けられます。最初に、20:17-19が三度目の受難予告、そして、それに続く出来事と主の語られた教えである20:20-28までです。
主イエスはエルサレムへ上っていく時、12弟子たちだけを、「道において、呼び寄せて」言われました。「見よ、私たちはエルサレムへと上っている。そして人の子は、祭司長たちや律法学者たちに渡される、そして彼らは彼を死へと判決をくだすであろう。そして彼らは彼を異邦人たちに引渡すであろう、そして、彼らは侮辱し、鞭打ち、十字架に付けるであろう。そして三日目に彼は起き上がる、復活するであろう」と。どのような受難に遭うのか、この最後の予告では、以前のものよりもさらに明らかになっています。「異邦人の手にわたされ、十字架刑によって命を奪われ、しかし、三日目に復活する」と、弟子たちに前もって予告されたのであります。そして、以前の予告した場合のときのペトロと同じように、ここでも主イエスの受難の意味を弟子たちは理解せず、それとはまるで正反対な出来事が起こるのであります。
すなわち、その時、ゼベダイの子ら、ヤコブとヨハネの母が、彼らを連れて、主イエスのもとにやって来た後、ひざまずいて、こう何かを要求しながら語るのであります。「あなたのみ国において、わたしのこの二人の息子を一人はあなたの右に、もう一人は、あなたの左に座るようになるといってください。」主はお答えになっていわれます。「あなたがたは、何を望んでいるのかわかっていない。あなたがたは、私が飲もうとしている杯を飲むことができるか。」彼ら二人は、「わたしたちはできます」と答えます。これは、少し前のところで、「あなたがたは、私に従ってきたのだから、終わりのとき、イスラエルの12部族を治めることになる」と約束されたことに促されてのことであったでしょう。主は言われます。「あなたがたは、確かにわたしが飲む杯を飲むことになる。しかし、私の右、左に座ることは、私が与えることではなく、私の父によって用意されているものたちに与えられるのだ」と。み国でどのような報いに与かるかは、主イエスご自身もご存知ではなく、父なる神さまによってのみ備えられることになっていると、言われるのであります。
それに続いて、主は言われます。「異邦人たちの間では、支配者たちが彼らを支配し、大きい者たち、偉い者たちが彼らに権力をふるっている。しかし、あなたがたの間ではそうであってはならない、むしろ、あなたがたにおいては、大きくなりたい者は、あなたがたの奉仕者、ディアコノスになり、一番になりたい者は、あなたがたのしもべ、すなわち奴隷となりなさい」、と言われるのであります。教会にあっては、異邦人たちにおけるような権力を誇示して、人を支配したり、自分の思いのままに仕えさせるようなことがあってはならないのであります。奉仕する者、ディオコノスという言葉は、当時卑しく見下げられた存在を表す言葉でありましたが、主イエスは、教会において、大きい者、先である者になるとは、謙遜な、当時の人々からは嫌がられるような者になることだと、当時の人々の考えを打ち破り、それに新たな意味を与えられたのであります。
そして主は、マタイ20章28節で、最後にこう言われます。「それはちょうど、人の子が仕えられるために来たのではなく、仕えるために来たのであり、また、多くの人のために身代金として自分の命を与えるために来たのと同様である」、と。
ゼベダイの子らの母は、ちょうど、カナンの女が、自分の子どものためにひれ伏し懇願したのと似ていますし、旧約では、バテシバが、息子ソロモンのために王となれるよう、死の床にあるダビデに懇願した記事を思い起こさせます。
また、「二人を、主イエスの右と左に座るようになると言ってください」といったゼベダイの子らの母親の願いは、その後、主イエスの十字架の両脇に強盗たちの十字架が並んでいだことを思い起こさせます。また、本日の箇所に続く記事は、二人の盲人の目が開かれるという出来事であり、本日のヤコブとヨハネの二人に対応して書かれていることが、思い起こされるのであります。
10人の弟子たちは、ふたりのことで、怒りましたが、主イエスの求められる弟子たちとは、ご自分について来る、ご自分と同じような道を喜んで歩むものたちであります。
それは、イザヤ書53章に書かれているような苦難のしもべの道であります。弟子たちがそれぞれ、どのような報いに与かるのかは、主イエスご自身もお分かりではありませんでした。確かに、ゼベダイの子のうち、ヤコブは、早々と殉教の最期を遂げたことが使徒言行録5章に記されています。ヨハネのほうはどうなったか、その最期はつまびらかではありません。けれども、彼もまた、苦難・苦しみという苦い杯を飲み干したことは、確かであります。主イエスは、すべての人の身代金として、わたしたちの罪を贖い、そこから解放するためにご自分の命をわたしたちのために、与えてくださいました。そしてわたしたちも、主イエスに従って、仕えられるためではなく、仕えるために、キリストによって弟子とされている一人一人であります。そして、主はどのような報いがわたしたちに定められているかは、ご存知ではありませんでしたが、主に従う道を歩んでいく時、父によってすばらしい報いが与えられることを、今も保証していてくださいます。それに信頼して、家族に、隣人に、仕えていく道を喜びとして歩みたいものであります。
天の父なる神さま。私たちは、自分のほうが仕えられることを好む者でございます。けれどもあなたは、仕える道にこそ喜びがあると約束してくださいました。わたしども一人一人が、仕えあい、相手の向上と成長のために、助力を惜しまない奉仕者・ディアコノスとならせてください。キリストによって祈ります。アーメン。




スポンサーサイト
2005/02/20(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。