津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「鈍くされていた弟子たちの心」(マルコ6:45-52)
マルコ6:45-52、2006・08・27
聖霊降臨後第12主日(緑)
ゼファニア書3:18-20、エフェソの信徒への手紙4:1-16

マルコによる福音書6:45~52
 それからすぐ、イエスは弟子たちを強いて舟に乗せ、向こう岸のベトサイダへ先に行かせ、その間に御自分は群衆を解散させられた。群衆と別れてから、祈るために山へ行かれた。夕方になると、舟は湖の真ん中に出ていたが、イエスだけは陸地におられた。ところが、逆風のために弟子たちが漕ぎ悩んでいるのを見て、夜が明けるころ、湖の上を歩いて弟子たちのところに行き、そばを通り過ぎようとされた。弟子たちは、イエスが湖上を歩いているのを見て、幽霊だと思い、大声で叫んだ。皆はイエスを見ておびえたのである。しかし、イエスはすぐ彼らと話し始めて、「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない」と言われた。イエスが舟に乗り込まれると、風は静まり、弟子たちは心の中で非常に驚いた。パンの出来事を理解せず、心が鈍くなっていたからである。



説教「鈍くされていた弟子たちの心」(マルコ6:45~52)

本日与えられています福音の個所は、マルコ福音書6:45-52であります。これは大人の男だけでも五千人ものパンを、奇跡を通して主イエスが与え、一同が満腹したという大きな出来事の直後の記事であります。本日のこの記事をもう一度思い起こしてみましょう。 
主イエスは、直ちに、強いて、12弟子たちを先に向こう岸のベトサイダへと舟で送り出します。そして、御自身は、群衆を解散なさります。そして、群衆に別れを告げると、山へと、山といっても日本のような木の生い茂った山というよりも丘陵地というようなところでありましょうが、そこへ、祈るために出かけて行きます。主イエスは、大事な場面でしばしば祈られる方でありました。本日の場面も非常に大事な場面であることが、それによって示唆されています。
そして、弟子たちは、遅くなったとき、海の真ん中において居り、主イエスは陸の上に居られたと出てきます。五千人にパンを分けたときも、遅くなっていたというので、海の真ん中に弟子たちが出たのは、暗くなる前だったとも思われますが、前後関係はよく分かりません。そして遅くなり、彼らは、向かい風で、進むのに苦しんでいました。主イエスは、それを、暗いのにどうやって御覧になることができたのか、不思議ですが、夜明け前に、すなわち第四の時、午前3時ころかと思われますが、海の上を歩き回りながら、彼らに向かってお出でになります。そして、更に不思議なことには、彼らのそばを通り過ぎようとされます。 彼らは、彼が海の上を歩き回るのをみて、幽霊、幻影だと考えて叫び声をあげます。なぜならば、みんなは彼を見てうろたえていたからであるといいます。しかし、主は、すぐに彼らに話しかけられ、お語りになります。「しっかりしなさい。私である。恐れるな」と。そして、彼が彼らに向かって舟に上がられると、風は和らぎ、彼らは心の中でひどくこの上もなく、我を忘れるほど驚いていました。なぜならば、彼らはあのパンどものことに対して洞察を得ることがなく、その心は、鈍くされていたからであるというのであります。
さて、本日の出来事は、少し前に読まれました、嵐の中で主イエスが船尾で枕をして寝ていたという出来事を思い起こさせます。しかし、あの場合は、弟子たちの生死にかかわる大嵐であります。今回は、それに比べると、弟子たちが死に直面しているというほどの場合では必ずしもありません。
ここでは、主イエスは、御自分がどういう者であるかを弟子たちに示そうとされたのであります。しかし、まだ弟子たちの心は鈍くされていて、主がどのようなお方であるかの洞察を得ること、すぐ前に起こったパンの出来事の真の意味を理解することができないでいたのであります。
本日の奇跡について、私たちはどうでありましょうか。海の上を主イエスが歩き回られたということは、私たちの理性では、とうてい信じることができません。また、先週の五つのパンと二匹の魚で五千人の食事を給することができた出来事もそうであります。しかし、私たちの心の飢えを真に満たし、新しい命を生きることができるようにしてくださるのは、旧約聖書において待たれていた救い主メシア、すなわち主イエス以外にはおられません。
そして、神は海の上を、波の上を踏み砕き、死を征服する方だと約束されていました。弟子たちは、主イエスが待ちに待たれた救い主であることを、なかなか理解できませんでした。私たちの理性でもそうであります。主は、弟子たちの舟のそばを通り過ぎようとされました。それは、モーセがシナイ山で主なる神に出会ったとき、神を見ないようにさせられ、神が通過して行ったことを思い起こさせます。主イエスは神の栄光を表そうとして、弟子たちのそばを通り過ごそうとされたのです。
さて、私たちは、ここでも、弟子たちの乗っていた小舟が、現在の私たちの教会を表していることを知ることができます。時が去り、遅くなって、向かい風に悩まされ、進みあぐねているときにも、また、疲れ切って、絶望に囚われているときにも、主は私たちの現状をすべて、ご存知であり、それを知って私たちのもとにお出でになられ、共にいてくださる方であります。
私たちの信仰生活も、必ずしも順調に進むわけではありません。また、入信についても、いろいろな形で信仰に入られる方がおられます。どなたも時、既に遅しということはありません。私たちの信仰の祖ともいわれますアブラハムがウルの地を出発して、約束の地を目指したのは、75歳のときでありました。私たちは、「元気を出せ。私である。恐れるな」という主イエスの、そして神の語りかけを、今も受けています。今日からの1週間が、私たちの生涯にとってそれぞれ新しい一歩、新しい1週間となりますように。
祈りましょう。
天の父なる神さま。
主イエスは、私たちの生も死もすべてをご存知でご支配なさっています。私たちに、それぞれ与えられた生涯を、本当に生きてきて良かったと言えるような生涯へと導いてください。湖の上を主イエスが歩かれたという奇跡を、またその意味を、捉えさせてください。鈍い信仰生活から、しっかりした、めざめた心で生きる信仰生活へと導いてください。主のみ名によって祈ります。アーメン。
望みの神が、信仰から来るあらゆる喜びと平安とをあなたがたに満たし、聖霊の力によって、あなたがたを望みにあふれさせてくださるように。



スポンサーサイト
2006/08/27(日) 10:30:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。