津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「独り子をも与えたもう神」(ヨハネ2:13~22)
ヨハネ3:13-21、2006・03・26、四旬節第4主日(紫)
民数記21:4-9、エフェソの信徒への手紙2:4-10

ヨハネによる福音書3:13~21

 「天から降って来た者、すなわち人の子のほかには、天に上った者はだれもいない。そして、モーセが荒れ野で蛇を上げたように、人の子も上げられねばならない。それは、信じる者が皆、人の子によって永遠の命を得るためである。
 神はその独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである。御子を信じる者は裁かれない。信じない者は既に裁かれている。神の独り子の名を信じていないからである。光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。それが、もう裁きになっている。悪を行う者は皆、光を憎み、その行いが明るみに出されるのを恐れて、光の方に来ないからである。しかし、真理を行う者は光の方に来る。その行いが神に導かれてなされたということが、明らかになるために。」


説教「独り子をも与えたもう神」(ヨハネ3:13~21)
四旬節第4主日を迎え、もう受難節も後半に入ってきました。本日与えられている福音は、先ほどお読みしましたように、ヨハネ福音書3:13-21までであります。私たちは、このところ数回にわたって、ヨハネ福音書の中から、福音の記事を与えられています。本日の個所は、いわゆるニコデモとの対話の中から発展したものであります。

本日は、特に前半の3:13から16節までを中心にして、なぜ、この時期にここの個所がふさわしいのかを、ご一緒にしばらく考えてみたいと思います。ニコデモは、新しく生まれ変わらねば、神の国に入ることはできないという主のお言葉を聞いて、年取った者が、どうやって、母の胎にはいって生まれ直すことができましょうか、と主イエスと対話をしていくます。

さて、本日の主イエスの言葉は、そこから発展して、このヨハネ福音書記者の属していた教会の信仰告白ともいえるような内容に進んでいくのであります。それは、主イエスの口を借りて、紀元1世紀末に書かれたヨハネ福音書の教会員の信仰告白ともいえるものとなっているのであります。

ところで、私たちには、旧約聖書が新約聖書とともになくてはならないものとして、新旧の聖書77巻与えられています。キリスト教は、この二つの、旧い約束と新しい約束からなっています。特に旧約聖書は、分厚く、分かりにくく、わたしたちの中にも、旧約聖書は入らないのではないかと考えるキリスト者もいることでしょう。必ずしも旧約聖書の全体が来るべきメシアを預言し、約束しているとは思われないような部分もかなりあるように一見思われます。

しかし、そうではないのです。旧約聖書を、キリストの到来を預言しているものとして読むことが、わたしたち、キリスト者の必要な読み方であります。そして、そのことをパウロの書簡や新約聖書のすべてが、指し示していることを注意しなければなりません。本日の福音の個所はそのことを示しているよい例であります。

今日の個所は、こう始まります。そして、天から降ってきた者、人の子以外に天に上った者はいない。そして、モーセが蛇をあげたように、人の子もあげられることになっている。これは、主イエスが十字架上にあげられねばならないことを示したものであり、ヨハネ福音書の教会の信者たちが主イエスの口を借りて、信仰を告白したものともいえましょう。

本来は、十字架上での主イエスの死は、わたしたちの罪からの身代金として、どこまでも低くなってくださったものと考えられたでありましょう。しかし、紀元後100年のころのヨハネ福音書の書かれた教会においては、主の十字架は苦しみ、受難、へりくだりであるにとどまらず、十字架そのものが神にとっての栄光であり、また、死の後、そこからさらに、三日後に死からよみがえり、ついには父の右に座す高くあげられることになるのであります。

神は、わたしたちこの世界に住む人間が神からはなれ、罪にそれてしまったのをそのままにしておくことができず、わたしたちの死と闇と滅びから救い出すために、その独り子を与えるほどに、この世を愛されたのであります。そして、わたしたちのために息子、その独り息子を敵の手に引渡し、裏切らせることを通して死につけ、十字架上にあげられて、復活させ父のもと、すなわちみ子がもといた場所、父の懐のもとに帰還させられるのであります。

そして、わたしたちは、み子、独り子を信じて、彼において永遠の命をえるか、滅びと罪の暗闇にとどまるか、二つに一つの道を選ぶしかないことを迫るのであります。イザヤ書53章などの主のしもべの預言は主の十字架と復活によって、命に生かされるよう、主イエスにおいて起こった出来事を通して実現したのであります。神の独り子が私たちに与えられたのであります。「与える」という言葉は、敵どもの手に引き渡される、あるいは、ユダを通して裏切られるという言葉と関連しているのであります。この時期、悔い改めの毎日を、今一度ここから始めたいと思います。
人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安があなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るように。アーメン。

スポンサーサイト
2006/03/26(日) 10:30:01| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。