FC2ブログ
津田沼教会 牧師のメッセージ
「罪を覆い隠すことを許さない愛」(マタイ18:15-20)
マタイ18:15-20、2011・09・25、エゼキエル書33:7-9、ローマの信徒への手紙12:19-13:10、聖霊降臨後第15主日(典礼色―緑―)

マタイによる福音書18:15-20
 「兄弟があなたに対して罪を犯したなら、行って二人だけのところで忠告しなさい。言うことを聞き入れたら、兄弟を得たことになる。聞き入れなければ、ほかに一人か二人、一緒に連れて行きなさい。すべてのことが、二人または三人の証人の口によって確定されるようになるためである。それでも聞き入れなければ、教会に申し出なさい。教会の言うことも聞き入れないなら、その人を異邦人か徴税人と同様に見なしなさい。
 はっきり言っておく。あなたがたが地上でつなぐことは、天上でもつながれ、あなたがたが地上で解くことは、天上でも解かれる。また、はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなたがたのうちの二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる。二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」




説教「罪を覆い隠すことを許さない愛」(マタイ18:15-20)

私たちは、本日の福音において、教会の規律、懲戒についての主のみ言葉を与えられています。先週は終わりの部分で、迷い出た羊の譬えが言及されていましたが、本日は、それに続いて、過ちを犯した者を、どう取り扱うかが問題となっています。
もし、あなたの兄弟があなたに罪を犯したなら、あなたは、まず、彼のところに行って、彼とだけのところで、それを指摘しなさいというのであります。「彼があなたに罪を犯したなら」と私たちの新共同訳聖書は書かれていますが、「彼が罪を犯したなら」と一般的に書かれている写本もあります。ルカ福音書の記事が影響して「あなたに対して」が後代になって書き加えられたとも、考えられます。
しかし、私の兄弟・姉妹が、私に罪を犯したならばとあるほうが、より鮮明に、この事態を切実さをもって、私たちは考えさせられるでありましょう。私も牧師になって17年ほどになりますが、この人からは、逃げ出したいと思わされる兄弟にも出会ったことがあります。いろいろと連絡してきて、こちらが、迷惑する兄弟がいました。兄弟をいさめるのが殆ど不可能なような場合もあるものです。私は、交流は避けた方がよいと判断しまして、この兄弟の場合には、返事のメールも書かず、放っておいているのであります。
しかし、カール・バルトという神学者は、著書の中で、たとえどんな事情があるにしろ、どんな兄弟をも、心から赦して、愛さなければならないと書いています。これは、現実的には、実際にはそれは、不可能に近いあり方でありまして、私は先程の兄弟の場合には避けて、交際を絶っているのであります。
しかし、主イエスは、本日のみ言葉において、まず、自分に、ある兄弟が、罪を犯した場合、彼のところに行って、まず、プライベートに、その罪を指摘しなさい。そして、もし、彼が聞き入れたら、彼を獲得したことになるというのであります。これは、旧約聖書のレビ記19:17にのっとっているものであります。
すなわち「心の中で兄弟を憎んではならない。同胞を率直に戒めなさい。そうすれば、彼の罪を負うことはない」と記されているのであります。本日の第一の朗読、エゼキエル書33:7-9にも同様の思想がうかがえます。他人の罪を知って、指摘もせず、見ないふりをするならば、その責任を私は、あなたに問うと主なる神は言われるのであります。
本日の説教題を「罪を覆い隠すことを許さない愛」としておきましたが、兄弟が私に対して犯した罪を覆い隠すことを許さないのが、真の愛であり、主なる神のみ心であると、主イエスは、言われるのであります。
そして、しかし、第二に、兄弟があなたのアドバイスに聞き従わなかった場合には、さらに一人ないし二人の者を連れて行って、兄弟を説得するようにと主は言われるのであります。
それでも、彼が聞かない場合には、三番目に、教会に申し出なさいと主は言われます。少し前に、主イエスは、マタイ15章で、あなたペトロという岩の上に私の教会を建てようと主はおっしゃいましたが、現実的な意味では、教会は、主イエスの復活後に誕生したものであります。ですから、本日のみ言葉は、マタイの教会が、生まれて後に、教会の信徒の規律や、懲戒が必要になっていた時代の中で、おそらく主イエスの復活後の言葉として記されていったのかもしれません。そして、主イエスは、教会に言っても、彼が聞き流すようであったなら、彼を異邦人か、徴税人のように見なしなさいと言われるのであります。 
主イエスは、信仰のある異邦人や徴税人、罪人の友として交わられましたが、一般の異邦人は、マタイの教会にあっても、主なる神を知らない者たちでしたし、一般の徴税人たちも、聖書、旧約聖書の教えからの背教の人たちでした。
主イエスは、これらの忠告に続けて、はっきり言っておくが、あなた方が地上でしばるものは、天上でも縛られているであろうし、あなた方が、地上で解くものはなんでも、天上でも解かれてあるであろうと言われます。
そして、再び、はっきり言っておくが、地上であなた方のうちの二人が求めるすべてのことについて協調するなら(シンフォニーという語源)、彼らに天におられる私の父から、そのことは、彼らに対して成るであろうと、言われ、また、なぜならば、あなた方のうちの二人か三人が私の名へと集められるところでは、そこで、彼らの真ん中に私も居るのであると言われるのであります。
私たちは、教会の中で、自分たちも罪人の集まりでありますが、罪を覆い隠すことを許さない愛を、父なる神と主イエスとともに、お互いに協調しながら、追い求めていく教会、すなわち、「外から呼び集められた会衆、群れ」として、主イエスに真ん中に立っていただきながら、すべての事柄において、愛を追い求めていく群れとされたいものであります。
アーメン。
スポンサーサイト
2011/09/25(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)