津田沼教会 牧師のメッセージ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「朽ちない食べ物」(マタイ14:13~21)
マタイ14:13-21、2005・08・21、聖霊降臨後第14主日(緑)
イザヤ書55:1-5、ローマの信徒への手紙9:1-5

マタイによる福音書14:13~21
 イエスはこれを聞くと、舟に乗ってそこを去り、ひとり人里離れた所に退かれた。しかし、群衆はそのことを聞き、方々の町から歩いて後を追った。イエスは舟から上がり、大勢の群衆を見て深く憐れみ、その中の病人をいやされた。夕暮れになったので、弟子たちがイエスのそばに来て言った。「ここは人里離れた所で、もう時間もたちました。群衆を解散させてください。そうすれば、自分で村へ食べ物を買いに行くでしょう。」イエスは言われた。「行かせることはない。あなたがたが彼らに食べる物を与えなさい。」弟子たちは言った。「ここにはパン五つと魚二匹しかありません。」イエスは、「それをここに持って来なさい」と言い、群衆には草の上に座るようにお命じになった。そして、五つのパンと二匹の魚を取り、天を仰いで賛美の祈りを唱え、パンを裂いて弟子たちにお渡しになった。弟子たちはそのパンを群衆に与えた。すべての人が食べて満腹した。そして、残ったパンの屑を集めると、十二の籠いっぱいになった。食べた人は、女と子供を別にして、男が五千人ほどであった。

説教「朽ちない食べ物」(マタイ14:13~21)
 
聖霊降臨後第14主日に与えられているの福音の記事はマタイ14:13-21であります。いわゆる5000人への給食の出来事であり、四つの福音書は、いずれもこの重大な奇跡の出来事を記しています。マタイ福音書の記事に従って、本日の出来事の意味についてしばらくご一緒に考えてみたいと思います。
 マタイ福音書では、洗礼者ヨハネがヘロデ・アンチパスによって処刑されたという報告を聞いて、主は、ひそかに、船に乗ってさびしい場所、人里はなれた場所へと退却なさいます。それは、ヘロデの管轄区外のガリラヤ湖の北東、ベッサイダの近くであったかもしれません。しかし、それを知った群衆たちは、町々から、陸路で、彼についていったのであります。そして、主は船から出られると、群衆たちのことで深く憐れまれます。これは、もとの文ではおなかがうずくという特別な言葉で、私たち人間には使わない、主イエスと神にしか用いられない字が使ってあります。神の私たちへの憐れみの深さを考えさせられる言葉です。それは、マルコにはあるように、「飼い主を持たない羊のような」有様の人間たちに対して使われているのであります。 そして、主は彼らの中の病人たちを癒されたとあります。
やがて、夕方、夕食のころになったとき、弟子たちが主イエスのもとに来て言います。「この場所は、人里離れた場所です。群衆どもを、解散させてください。時は過ぎました。そうなされば、彼らは、村々へと出て行って自分たちで食物を買うことでしょう。」
 主はそれに対して言われます。「彼らは出て行く必要を持っていない。あなた方自身が彼らに食べることを与えなさい。」弟子たちは、答えます。「私たちはパン五つと魚二匹しか持っていません。」
マタイで出てくる弟子たちは、マルコとは違って、無理解な弟子たちではありません。ただ、ここでは、信仰において彼らは足りなかっただけであります。主イエスは、群衆を座らせ、天を仰ぎ、感謝し、父なる神をほめたたえ、すなわち「賛美の祈りを唱え」そのパンを裂き、弟子たちに与えました。そして弟子たちが、群衆どもに与えたのであります。  
彼らはみんな食べ、満腹したのでありました。そして、彼ら、すなわち弟子たちは、 残ったパンくずで満ちた12の籠を取り上げたのでありました。そして、食べた者は、女と子供のほかに、男およそ5000人であったというのです。
 困窮した女の人を、旧約に出てくる預言者のエリヤやエリシャが、尽きない瓶の粉や油の壷で満たして助けた話しが思い起こされます。また、列王記下4:42-44では、主として貧しいものの食物であった大麦パン20個などで、エリシャが100人を満ちたらせ、食べ残りがあったという記事は、本日のマタイの記事とよく似ています。
 けれども、本日の出来事と、マタイ26:26以下の聖餐の設定は、それら以上によく似ています。マタイは、本日の出来事を、終末のときに迎えるメシアの大宴会に私たちも与かりうることを思い起こしながら、聖餐設定の出来事と対比させながら、この記事を書いたのであります。マルコよりもはるかに簡略で、そのために無駄な不必要な事柄は省略されています。
 主イエスには群衆への憐れみは、確かにあったでしょう。しかし、物質的な満足はそれだけのものでしかありません。ここに記されている出来事は、朽ちることのない永遠の命をこの聖餐の設定に類似の出来事によって、主はすべての人に差し出しておられるのではないでしょうか。聖餐式のときには、パンとぶどう酒であります。ここでは、パンと魚であります。けれども、主がご自身の体を、多くの人々のために、すなわち、すべての人々のために与えられるのであります。ゆくゆくはもちろん、主は十字架の死を通して、罪のあがないとして、ご自身を差し出されるのであります。主イエスが差し出されるそのパンは、朽ちることのない、いつまでも、私たちを生かし、罪から解き放つ、永遠の命へのまことのパンであります。弟子たちは、聖餐の設定後に、また、主のなきあと、本日の出来事を鮮明に思い出し、そして主が与えられたこの奇跡の出来事を語り継いでいったのであります。
 人間のうちには、決して救いの契機はありません。神にのみ、また、その独り子主イエスの死を通してのみ、わたしたちは、罪から解かれ、まことの謙遜を得ることができるのであります。
祈りましょう。
 繰り返し、多くの罪を犯す私たちでございます。しかし、あなたは、私たちに朽ちることのないパンを、主イエスによって、与えてくださいました。私たちがどんなことがあっても生涯それに望みをおき、常に、主イエスのお言葉となさった御働きに信頼していくことができますように。感謝して、キリストのみ名によって祈ります。アーメン


スポンサーサイト
2005/08/21(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
「朽ちない食べ物」(マタイ14:13~21)
マタイ14:13-21、2005・08・21、聖霊降臨後第14主日(緑)
イザヤ書55:1-5、ローマの信徒への手紙9:1-5

マタイによる福音書14:13~21
 イエスはこれを聞くと、舟に乗ってそこを去り、ひとり人里離れた所に退かれた。しかし、群衆はそのことを聞き、方々の町から歩いて後を追った。イエスは舟から上がり、大勢の群衆を見て深く憐れみ、その中の病人をいやされた。夕暮れになったので、弟子たちがイエスのそばに来て言った。「ここは人里離れた所で、もう時間もたちました。群衆を解散させてください。そうすれば、自分で村へ食べ物を買いに行くでしょう。」イエスは言われた。「行かせることはない。あなたがたが彼らに食べる物を与えなさい。」弟子たちは言った。「ここにはパン五つと魚二匹しかありません。」イエスは、「それをここに持って来なさい」と言い、群衆には草の上に座るようにお命じになった。そして、五つのパンと二匹の魚を取り、天を仰いで賛美の祈りを唱え、パンを裂いて弟子たちにお渡しになった。弟子たちはそのパンを群衆に与えた。すべての人が食べて満腹した。そして、残ったパンの屑を集めると、十二の籠いっぱいになった。食べた人は、女と子供を別にして、男が五千人ほどであった。

2005年8月21日(日)午前10時半~11時半礼拝
説教「朽ちない食べ物」
聖書や礼拝で使う式文や讃美歌は教会においてありますので、特に持参する必要はあいません

教会学校同日8月21日(日)午前9時半~10時15分
子供のための礼拝、お母さんやご父兄の同伴も歓迎します。お小遣いのなかから、いくらでも、献金をお持たせください。
2005/08/21(日) 10:30:00| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。